競技場の片隅から

月別アーカイブ :2010年05月

勝負の分かれ目、ブルーライン

決勝点を生み出したのは、ブルーラインでの踏ん張りだった。 ブラックホークスとフライヤーズが勝ち上がって始まったNHL・スタンレーカップファイナル第1戦は、ブラックホークスの地元シカゴで行われた。点の取り合いとなった初戦は、6-5でブラックホークスが制した。第3ピリオドの決勝点を挙げたのは故障明けのコペツキーで、角度のないところからの素晴らしいゴールだったが、印象に残ったのはゴールを生み出したブ......続きを読む»

クロスビー、敗れる

「何故出足でつまずいたのか、分からない」 シドニー・クロスビーが沈痛な表情で語る。スーパースターは、ホームリンクであるメロン・アリーナでの最後の試合を、勝利で飾ることが出来なかった。 クロスビー率いるピッツバーグ・ペンギンズが、イースタンカンファレンス準決勝・第7戦でモントリオール・カナディアンズに敗れ、姿を消した。ペンギンズは終始歯車がかみ合わない戦いぶりだったが、最後はクロスビーが何とか......続きを読む»

浅田真央の「原点」、ローリー・ニコル

来季は、浅田真央の二つの顔が観られそうである。 浅田真央の新プログラムの振り付けを、ショートプログラムはタチアナ・タラソワ、フリーはローリー・ニコルが手がけることが報道された。浅田は次のように語っている。 「ここ2シーズン、ずっと力強い曲だったので今度はスローの曲をメインで滑ってみたい。ローリーには昔作ってもらっていたので懐かしいし、すごく楽しみ」 ローリー・ニコルは、シニアに上がって......続きを読む»

スペインの圧倒的な芸術性

音と音の合間をも使いこなす豊かな感性が、会場を支配した。 5日まで東京辰巳国際水泳場で行われていたシンクロナイズドスイミングのジャパンオープンに、強豪スペインも個人種目のみ参加していた。スペインは、世界トップクラスのソリストだったエマ・メングアルの後継者として、デュエットのパートナーを務めていたアンドレア・フエンテスを育てることにしたようである。 メングアルの強烈な個性と女性ならではの美......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:8
  • 累計のページビュー:1670609

(07月01日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss