競技場の片隅から

月別アーカイブ :2010年03月

浅田真央は「鐘」を超えていく

「鐘」を滑り終え、腕を振り下ろした浅田真央の動作に、長く厳しかった五輪シーズンを思った。 涙で悔やんだ五輪でのミスを、世界選手権では絶対に繰り返さない。そんな強い気持ちが感じられる、浅田の最後の「鐘」だった。採点上は二つめのトリプルアクセルは回転不足とされたものの、観る者にほぼ完璧と感じさせる「鐘」を、浅田は今季最後の試合で見せてくれた。キャリア最大のスランプを乗り越え、それまでの持ち味と全く......続きを読む»

巻き返せるか、クレインズ

二戦連続の惜敗から、クレインズは巻き返せるか。 アジアリーグアイスホッケーのプレーオフは大詰めを迎えている。レギュラーリーグ3位の日本製紙クレインズは、セミファイナルで2位の王子を退けてファイナルに進出した。レギュラーリーグ1位のハルラのホーム・韓国で幕を開けたファイナルは、第1・2戦とも延長の末ハルラが勝った。 昨季、最後のシーズンを優勝で終えるという西武の夢を、ファイナルで打ち砕いた......続きを読む»

「ホッケーの『神』」、鈴木貴人

日本ではマイナーなアイスホッケーというスポーツに対する情熱が、鈴木貴人を支えている。 「逆境からの挑戦~アイスホッケー 鈴木貴人~」(「スポーツ大陸」、NHK)を見る。常に日本のアイスホッケープレーヤーとして一番の高みを走ってきた鈴木が、昨季まで所属していた西武の廃部後、新たな出発の場として選んだ日光アイスバックスでの最初のシーズンを追った秀作だった。 コクドで有力新人として華やかにデビ......続きを読む»

真のスーパースターとなったクロスビー

スターになるべくして生まれた、と思わせるアスリートが希にいるが、シドニー・クロスビーは間違いなくその一人だろう。 ペンギンズのキャプテンとしてスタンレーカップを獲得した翌シーズン、地元のカナダでの五輪に22歳で出場するという巡り合わせからして、まず幸運だと言っていい。しかし、いやが上にも高まる期待の中、その状況を「幸運」だと前向きに受け止めるのは実は難しいことなのではないだろうか。 「もちろ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:9
  • 累計のページビュー:1670641

(07月07日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss