競技場の片隅から

月別アーカイブ :2010年02月

浅田真央は「鐘」を戦い抜いた

浅田真央は、五輪の舞台で「鐘」を滑り切った。 キム・ヨナが完璧な演技を終え、驚異的な高得点をたたき出した直後、浅田は張り詰めた表情でリンクに入った。浅田がこだわり続けたトリプルアクセルは二回とも見事に着氷する。ただ、異様な雰囲気の中で最大の目標だった二つのトリプルアクセルを跳んだ時点で、浅田は心身ともに消耗していたのかもしれない。手足を振り上げるポーズをとった後に入る連続ジャンプで乱れ、その後......続きを読む»

「鐘」の舞台は整った

浅田真央は、五輪という初めての舞台で華麗に舞った。 浅田自身「鍵となる」と認識していた苦手のショートプログラムで、浅田はトリプルアクセルを見事に決めた。ジャンプさえ決まれば、今季愛らしく華やかに生まれ変わった「仮面舞踏会」は浅田の魅力を充分に伝えるプログラムだ。心から浮かぶ微笑がスパイラルを更に美しく見せ、終盤のステップではバンクーバーの観客による手拍子に背中を押されて、演技を終えた浅田は小躍......続きを読む»

高橋大輔、転倒して得たメダルの意味

四回転を試みた高橋大輔の転倒は、見事だった。 バンクーバー五輪のフィギュアスケート男子シングル・フリーは、各選手の緊張が伝わってくるような試合だった。完璧といっていい出来栄えのショートプログラムで三位につけた高橋は、フリーで四回転に挑むことを公言していた。プログラム「道」の冒頭、報道によれば練習でも決して成功率が高くなかった四回転に果敢に挑んだ高橋は、豪快に転んだ。 恥ずかしい話だが、全......続きを読む»

カナダが愛するアイスホッケー

「アメリカ人や世界中の人々に説明するならば、ホッケーはエドモントンやカナダの人々にとって、オリンピックが年中続くようなものだ」(ウェイン・グレツキー) バンクーバー五輪の開会式で最終点火者となったのは、やはりアイスホッケーの英雄・グレツキー氏だった。カナダにおけるグレツキー氏の存在は、日本における長嶋茂雄氏のようなものだと思う。それはつまり、日本における野球がカナダにおけるアイスホッケーにあた......続きを読む»

アジアリーグアイスホッケー2009-2010 (2月7日 フリーブレイズ 6 - 5 アイスバックス ダイドードリンコアイスアリーナ)

バックスの今季最後の試合は、シーズンを象徴するような善戦した末の惜敗だった。 東京周辺のホッケーファンが集まり、立ち見も出ている東伏見のアリーナで、今季のレギュラーリーグ最後の試合が行われた。アイスバックスとフリーブレイズはどちらもプレーオフ進出を逃しており、両チームにとっては5位か6位かが決まる大事な試合になった。 前日フリーブレイズに敗れ、第3ピリオド終了までに勝ちを決めないと5位に......続きを読む»

そして「鐘」はバンクーバーへ

「鐘」はバンクーバー五輪に間に合ったようである。 四大陸選手権で、浅田真央は初めて完成形の「鐘」を見せてくれた。二回のトリプルアクセルが決まったことで、浅田は自信を持ってプログラム全体を滑ることが出来たようである。今季序盤には曲と浅田の滑りがしっくりしない部分もあったように思うが、四大陸での浅田はむしろ重厚な「鐘」を引っ張っていた。最後のステップの力強さは、浅田の五輪にかける気迫そのものだろう......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:13
  • 累計のページビュー:1670466

(06月10日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss