競技場の片隅から

月別アーカイブ :2009年10月

浅田真央の苦闘に思う

気持ちの問題ではないか。 フリープログラム「鐘」の途中で浅田にかすかな落胆が見えたとき、そう感じざるを得なかった。 「鐘」は、完成すれば素晴らしいプログラムであることを、個人的には疑っていない。しかし、ロシア杯での浅田を見て、想像以上に彼女が苦しい戦いを強いられていることを実感した。 表面的には、最大の問題はトリプルアクセルの失敗にある。だが、トリプルアクセルを失敗しても、その後気持ち......続きを読む»

「鐘」はバンクーバーで完成するか

未完の、しかしジャパンオープンのときよりも明らかに完成に近づいた「鐘」を、フランスで浅田真央は見せた。 グランプリシリーズ初戦・フランス大会での浅田真央は、結果だけを見れば好敵手キム・ヨナに大差をつけられての二位に終わった。しかし個人的には、フリープログラム「鐘」が名プログラムとなる予感は、ジャパンオープンのときよりも更に濃厚に感じられた。トリプルアクセルは一回だけの成功だったが、その一回は素......続きを読む»

アジアリーグアイスホッケー2009-2010 (10月4日 アイスバックス 5 - 0 ドラゴン 日光霧降アイスアリーナ)

元西武の選手を加えたアイスバックスは、良いシーズンのスタートを切った。 遅ればせながら、開幕したアジアリーグアイスホッケーを今季初めて取材する。開場時間が迫った日光霧降アイスアリーナの前には、長い列が出来ている。日光のファンの、アイスバックスへの期待がうかがえるようだ。 試合は大量点を挙げての見事な完封勝ちで、地元の観客を十分に満足させる内容だった。廃部になった西武から移籍したGK・菊地......続きを読む»

「鐘」は名プログラムとなるか

浅田真央の滑る「鐘」が名プログラムとなるかどうかは、二回のトリプルアクセルが成功するか否かにかかっている。 3日、さいたまスーパーアリーナの観客席から、今季初披露となる浅田のフリープログラムを見る。昨季のフリー「仮面舞踏会」と同様、最初の数分は二回のトリプルアクセルという浅田にしか出来ない離れ技のためにあるといえる構成だ。会場中が息を詰めた一回目、着地が決まらず転倒。二回目はいわゆる「パンク」......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:1670602

(06月30日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss