競技場の片隅から

月別アーカイブ :2009年07月

惨敗という現実

惨敗という言葉を使わざるを得ない。ローマ大会は、シンクロ日本代表にとり初めてひとつもメダルを獲得できなかった世界選手権となってしまった。 最後の種目、チーム・フリールーティン決勝をテレビ観戦する。厳しい状況の中力を出し切った若い日本代表は健気で応援せずにはいられなかった。日本の演技に大きな破綻はなかったが、迫力には欠けていた。日本の上位に入った国に較べると、演技が小さかった印象がある。体が小さ......続きを読む»

期待の若手デュエット、6位という結末

「自分たちの演技が子どもに見えてしまったと思う」 乾友紀子は世界水泳選手権(ローマ)のデュエット・フリールーティン決勝の演技後そうコメントしたそうだが、テレビでもその言葉と同じ印象を受けたと言わざるを得ない。 乾・酒井麻里子が泳いだのは、北京五輪で原田早穂・鈴木絵美子が演じて銅メダルを獲得したプログラムであり、技術・体力・芸術、全ての面において高度なものだ。モダンな「日本らしさ」を表現するこ......続きを読む»

ソリスト足立、ローマでのほろ苦いデビュー

テクニカルルーティン(以下TR)予選から始まり、ソリストとしては世界水泳選手権(ローマ)で四回目の登場となったフリールーティン(以下FR)決勝で、足立夢実はようやく自分らしい演技が出来たように見えた。それと同時に、世界のトップ選手との差もはっきりしたといえるだろう。 テレビ画面で見るだけで暑さが伝わってくるような強烈な日差しの下、プラットホームに歩み出てきた足立はいい表情をしていた。演技自体も......続きを読む»

日本の魅力は何か

スペインの奔放さ、中国の華麗さを楽しみつつ、日本の魅力は何だろうと考えざるを得なかった。 世界水泳選手権(ローマ)、シンクロのフリーコンビネーション決勝をテレビ観戦する。フリーコンビネーションはシンクロの中で最もエンターテイメント性の高い種目であり、各国がそれぞれの特徴を生かした演技で楽しませてくれた。しかしあくまでもメダルを競う競技である以上、観客を沸かせるための工夫はすなわち勝つための戦略......続きを読む»

ローマでの厳しい戦い

なかなか書きづらいのが正直なところだが、現実はしっかりと見つめなくてはいけない。 ローマで行われている世界水泳選手権で、シンクロ日本代表は未だメダルをひとつもとれていない。今まではこんなことはなかった、と思うと同時に、日本がメダルをとるのが当然という意識があったことにも気づく。 金子正子前シンクロ委員長に日本シンクロの歩んできた道程について伺った経験から、常に壮絶な努力があってこそのメダ......続きを読む»

新生日本代表、苦難の船出

 予想はしていたが、やはりローマは新生日本代表にとり厳しい舞台となったようだ。  世界水泳選手権(ローマ)・シンクロは、チームテクニカルルーティン(以下TR)から幕を開けた。正確な技術と同調性を誇ってきた日本が得意だったはずのTRだが、今回はメダルに届かなかった。素人の私がテレビの画面で見る限りでは、要素のなかではっきりと同調性を欠いたのが分かったのは 「ノバ-1回ツイスト-コンティニアススピ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1670164

(05月08日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss