競技場の片隅から

月別アーカイブ :2008年09月

アジアリーグアイスホッケー2008-2009 開幕戦(9月20日 SEIBU 8 - 0 バックス DyDoドリンコアイスアリーナ)

 久しぶりにアイスホッケーを取材させて頂いた。正直なところ緊張したが、関係者や選手の皆様にはまだ覚えていて頂けたようでほっとした。    結果としてはSEIBUプリンスラビッツがHC日光アイスバックスを圧倒したが、試合後の記者会見でSEIBUの若林クリス監督は、バックスについて「チームとしてどういうホッケーをやるのか確立してきたら、敵として嫌なチーム」と評した。翌日、バックスのホーム・日光に場所......続きを読む»

バトル引退に思う

 フィギュアスケート・男子シングル世界チャンピオン、ジェフリー・バトル(カナダ)の引退は、大変残念だ。  今年三月の世界選手権・男子シングルフリーで、最終滑走者として登場したバトルは、完璧な滑りを見せた。男子シングルでは世界を制するために必須とも言われている四回転を入れず、彼ならではの美しいスケーティングと品のある身のこなしを武器に世界一の座を手に入れたのだ。  その後の記者会見では、「......続きを読む»

ロシアチームの完璧なシンクロ

 九月に入り、空も高くなってきたが、北京五輪を振り返ることをお許し頂きたい。  アテネ五輪までは、ロシアは日本にとって最強のライバルだった。しかしそのアテネで、音楽が中断するアクシデントにも動じず華やかなフリールーティン(以下FR)「カーニバル」を演じ切ったロシアチームを見て、私は降参してしまった。タチアナ・ポクロフスカヤコーチの創るロシアチームのルーティンを、実は国際大会の度楽しみにしている......続きを読む»

「日本らしさ」とは

 「日本らしさ」とは何だろう。  岩代太郎氏による、北京五輪シンクロ日本代表がルーティンで使用した曲がおさめられたCDを聞きながら、ふとそんな疑問が浮かんできた。  日本代表は、井村雅代氏がヘッドコーチを務めていたときはその強烈なカリスマ性の下、分かりやすく伝統的な日本らしさを強調するルーティンを見せてきた。いかにもはっきりとしていたその方向性が、井村氏がヘッドコーチを勇退したこともあり......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:35
  • 累計のページビュー:1670062

(05月03日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss