競技場の片隅から

ありがとう、アモディオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

フローラン・アモディオの最後の滑りはとても素晴らしく、そして彼らしかった。

欧州選手権をテレビで見る。この試合を最後に引退することを表明しているアモディオが、フリーに臨む表情は鋭かった。近年はジャンプに苦しんでいたアモディオだが、四回転を含む全てのジャンプで着氷。そして何より、彼にしか出来ないステップが圧巻だった。小柄な体を目いっぱいに使い、「俺は俺だ」と語っているようなリズムを刻む小気味の良い滑り。

フェンス際で喜びを爆発させていたコーチのニコライ・モロゾフは、強烈な個性を持つ点でアモディオと似通っている。この二人にしか作り出せない世界が間違いなくあって、アモディオが最後の試合をモロゾフコーチと共に戦ったのはとても良いことだったように思える。有終の美を飾ったアモディオのフリーは、モロゾフとの共同作品だ。

それぞれのスケーターにはそれぞれの滑りがある。それを体現してくれていたアモディオが競技の世界からいなくなることが、本当に淋しい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ありがとう、アモディオ

y-love様、コメント下さり嬉しいです。ありがとうございます。
最近はブログ更新がなかなか出来ない状態で、お恥ずかしい限りです。

そうですね、アモディオは本当に「楽しませてくれる」選手でしたね。
それと同時に、今回の演技では
プログラムをクリーンに滑りたい、という強い思いが
演技の前後も含めて伝わってきて、彼がアスリートとして
真摯にフィギュアスケートに取り組んでいたことを感じました。

また、このフリーはアモディオのルーツをテーマにしたものということで
それを堂々と演じた彼への会場の温かいスタンディングオベーションも含め
フィギュアスケートの素晴らしさを改めて感じました。
本当にいいものを見せて頂いたという気が致します。

ありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

ありがとう、アモディオ

ご無沙汰しています、久々のコメントです。

アモディオ選手、引退なんですね…。
ニコライに師事してから、表現面等いい感じで頭角を表してきたと思ったのですが、ジャンプに苦しんでいたようでしたね。(最初は、大輔に出来なかったことをアモディオで表現しようとしているのかしら?と、やや大輔っぽさを感じたこともありましたが、それは最初だけでした。)

ジャンプが決まると飛距離もある選手ですし、表現力もある選手なので、楽しみな選手の一人だったのですが、寂しい限りです。

ジャッジへの評価を大切にするプログラム構成も大事ではあると思うのですが、アモディオのようにそれ以外の「楽しませてくれる」部分と言えばいいのでしょうか、観客へのアピールも大事にしていた選手だという印象が私にはありまして、時に濃いかもしれなかった彼の個性も、私にはとても魅力的に映っていました。
町田樹といい、アモディオといい、こういった個性派スケーター、私は大好きです。
もっと、増えてきて欲しいと思います。

こんな記事も読みたい

ヤンスルがラップ W-CUPチョンソンDHトレーニングラン 平昌ピョンチャンオリンピックテストイベント【アルペンスキー撮影記】

チョンソン着 W-CUPチョンソン 平昌(ピョンチャン)オリンピックテストイベント【アルペンスキー撮影記】

ロシア選手権2016女子フリー結果 優勝はメドベデワ【フィギュアスケートを楽しく観たいから】

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:1670434

(06月07日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss