競技場の片隅から

「日本らしさ」で掴んだ銅メダル

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本らしい、固い足で掴んだメダルだ。

世界選手権・シンクロのチームフリーで、日本が銅メダルを獲得した。デュエットのフリーでメダルを逃した日本が、行き来する勝負の流れを気力で引き戻した印象だ。勝負の決め手となったのは、日本の伝統である固い足のように思う。高いリフトと長い手足を駆使した華やかな演技を見せるウクライナを、根性が入った日本の強い足がねじ伏せ、僅差の勝利をもぎとった。

しびれるような勝負となった大一番を勝ち抜けて、日本はリオ五輪にメダル候補として挑む。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
シンクロナイズドスイミング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

井村雅代HCが凄いのは妥協なき厳しさだけではない【スポーツ えっせい】

日本チーム、テクニカルルーティンでメダル獲得【競技場の片隅から】

世界水泳2015 井村コーチが、日本を2つ目の銅メダルに導く! 高いチーム力で3位表彰台!【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:10
  • 累計のページビュー:1671858

(11月25日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss