競技場の片隅から

日本チーム、テクニカルルーティンでメダル獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

デュエットに続き、チーム・テクニカルルーティンでも日本は表彰台に上がった。

予選では4位だった日本は、決勝で順位を上げてメダルを掴んだ。デュエット・テクニカルルーティンで銅メダルを獲得したことで逆転の予感はあったが、本当はシンクロで予選の順位を覆すのはかなり難しいことだ。追い風を自らの力で吹かしたこの世界選手権を境に、日本は再び表彰台の常連国となるだろう。

圧倒的な完成度を誇るロシアは別格としても、演技中の足・目から溢れる気迫、またメダルを奪還した喜びに浸る姿で、日本は今大会で最も印象深いチームになるのではないだろうか。確かな技術を発揮するテクニカルルーティンで強さを見せつけていた本来の姿に、日本シンクロが戻りつつある。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
シンクロナイズドスイミング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

世界水泳2015 井村コーチが、日本を2つ目の銅メダルに導く! 高いチーム力で3位表彰台!【0 to zeroのhorizon】

8年ぶりの表彰台、日本シンクロ復活へ【競技場の片隅から】

井村コーチが復帰のシンクロ、2007年以来のメダル獲得に選手の乾、三井も涙【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:6
  • 累計のページビュー:1671529

(10月08日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss