競技場の片隅から

秩父宮杯第62回関東大学アイスホッケー選手権(4月26日 中央大学 4 - 3 東洋大学 ダイドードリンコアイスアリーナ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨季リーグ王者の中央大学を相手に、東洋大学は善戦したがあと一歩及ばなかった。

 新チームで初めて臨む大会となる春の選手権、東洋大学は初戦の対立教大学戦を14-1で圧勝、二戦目の対法政大学戦をゲームウイニングショットの末2-1で勝ち上がり、中央大学と対戦する準決勝を迎えた。東洋は第1ピリオドに先制ゴールを許し、第2ピリオド2分29秒にも追加点を挙げられて2点を追う展開となる。4分1秒、FW梅野宏愛のゴールが決まり、その後再三にわたるGK脇本侑也の好守もあって、1点差を追うかたちで第3ピリオドを迎えた。第3ピリオド開始早々の1分27秒、東洋のFW人里茂樹が同点ゴールを決め、ガッツポーズを見せる。しかし直後の3分32秒に再び勝ち越され、更に8分32秒に4点目のゴールを決められてまた二点差とされた。東洋は12分31秒、パワープレーで、試合を通していい動きを見せていたDF堀内暢が得点して食い下がるが、1点差を詰められず、決勝進出はならなかった。

 「選手は本当によくやってくれたと思いますけど、その中でももうひとつ中央を超えられなかったところがあるのかなと」
試合後、東洋大学コーチの内山朋彦氏はそう言った。
「向こうの方が基本的には層が厚いですけど、これぐらいの試合が出来るのは選手の自信になりますし…負けて悔しいですけど、これからにつながると思います」
―前回に続き競った試合でした
「選手が本当に自信つけてるのも分かりますし、前回は勝って勢いもつきましたし…でもやっぱり、もう1ステップ上のものをやっていかないとこういう大事な試合で勝てないということが分かったので。早稲田と闘う三位決定戦がありますから、そこでまた出せればいいかなと」
―具体的に良くしたいところは
「個々のもう一頑張り、じゃないですけど…メンタル的な部分が大きいと思いますが、そういうところを氷上で普通に出せるようになってくれば、優勝までからんでこられるのかなと思います」

 「今持ってる力の全部に近いところは今日の試合で出したと思うんですけど、勝つにはもう二点必要なので…やっぱり、まだまだ実力が足りないんだと思います」
善戦した試合後にも、東洋大学の鈴木貴人監督の表情に満足そうな様子はなかった。
―具体的に足りないところは
「うちのミスからの失点もありましたし…ミス自体を責めるということではなく、質の高い練習を日々繰り返して、ここにもう一回立たないと。もちろんミスの起こるスポーツですけど、(ミスしない)その確率をもっともっと高めていかないといけない」
―手応えはあったのでは
「やはり負けということで、手応えとかいうことではなく、足りないものをもっともっと追求していかないといけないと思います」
―強豪の中央大学に対して、対策はしていたのか
「もちろん、中央がどういうセットプレーをしてくるだとかそういう細かいところは指示はしましたけど、基本はやはり自分たちのプレーに集中して出し切るように話はしていました」
―GKはいい出来でしたね
「まだ一試合ありますが、このトーナメントは今のところ本当にキーパーに助けられているので…もう少しプレーヤーが自分たちをプッシュして、次はキーパー助けられるようにプレーしなきゃいけないんじゃないかと思います」
鈴木監督は、三位決定戦の重要性に触れた。
「選手には、次の試合が今シーズンの明暗を分ける試合だと思ってくれていい、という話をしました。やはり負けを受け入れるのはホッケー選手として難しいですけど、どんな状況でも前に進まないといけないし…昨季がリーグ戦4位ということで、なかなかショートカットしてすぐに優勝というのはそんなに簡単なことじゃない。次のゲームは精神的にも体力的にもきつい中でどれだけのプレーが出来るかというのは、今日と同じくらい今季を左右する試合だと思っているので…まずは一つでも上の順位にいけるように、いい準備して闘いたいと思います」

 29日に行われた三位決定戦、東洋は早稲田をゲームウイニングショットの末破り、順位を昨季リーグよりひとつ上の三位とし、選手権を終えている。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
アイスホッケー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

IceGUARD.【プロスノーボーダー 細野大輔】

2013-2014シーズンを振り返り、2014-2015シーズンを考えてみる【俺は本当はデブじゃない】

豊橋カップにフリーブレイズジュニアが出場!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:1670615

(07月02日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss