競技場の片隅から

ソチの喝采、浅田真央

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「白鳥の湖」を滑り終え、浅田真央はソチで喝采を聞いた。

 大一番で力を出し切れるのがトップアスリートだと考えるが、浅田にはやはりその力がある。優勝したグランプリファイナル・フリーで、女子の試合では珍しいほど転倒の続く展開の中、浅田は「白鳥の湖」を美しくまとめた。

 演技開始のときにはやや固く見えた表情が、ジャンプが決まる度少しずつ柔らかくなり、最後のステップでは華やかな笑みとなる。技巧を凝らした圧巻のステップにロシアの観衆も魅了されたことは、テレビ画面を通しても伝わってきた。

 ショート・フリーとも安定して危なげなく見えた今大会の浅田だが、腰痛の影響もあり、見えないところで苦心があったようである。ただ、浅田にとって佐藤信夫コーチが弱さを見せられる、頼れる存在となっていることは、甘えるのが上手には見えない彼女にとってとてもいいことのように思える。

 ソチ五輪会場でのグランプリファイナルを制したことには、大きな意味がある。根本からスケートをやり直す苦しい道程が確実に五輪へ続いていることを、浅田真央は確信したのではないだろうか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アレクシ・パンテュローSL初優勝 バルディゼールSL【アルペンスキー撮影記】

白金カップ クラシカル【クロスカントリースキー レンティング陽】

【スケルトン】ヨーロッパカップ3戦・4戦【ホシノドリームズプロジェクト】

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:54
  • 累計のページビュー:1670028

(05月02日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss