競技場の片隅から

挑戦する「白鳥」、浅田真央

このエントリーをはてなブックマークに追加

 僅差で優勝したNHK杯、フリー「白鳥の湖」を滑り終えた浅田真央の表情には、テレビの画面からでもはっきりと感じとれる悔しさが溢れていた。最後のステップは期待通りの素晴らしさだったが、三回転ジャンプが二回転、あるいは一回転になるミスが目立った出来に、浅田が満足するはずがない。

 今季の浅田のショートは、素顔がかいま見える可愛らしさがとても魅力的だ。報道によれば一時はスケートから離れようとさえ思った浅田に、振り付け師のローリー・ニコルが贈ったプレゼントともいえるプログラムだろう。対してタチアナ・タラソワの振り付けたフリー「白鳥の湖」は、プログラムの最後に長く難しいステップが組み込まれた、厳しいプログラムだ。しかし、タラソワのプログラムは常に浅田に新しい世界を開き、挑戦する浅田の姿に私たちはアスリートの魂を観てきた。

 ショートとフリーで、持っている全ての魅力を見せてくれる今季の浅田。挑戦するプログラム「白鳥の湖」が完成したとき、今まで見たことのない浅田真央を、また私たちは目にするはずだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

FIS race Rovaniemi sprint【クロスカントリースキー レンティング陽】

NHK杯フィギュアスケート第2日&トイレ問題その後【山本尚子のスポーツ・ウォッチング】

一時帰国【アルペンスキー サンミリオン...長谷川絵美...zum traumen】

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:1670615

(07月02日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss