競技場の片隅から

正統派の「白鳥の湖」、浅田真央

このエントリーをはてなブックマークに追加

 浅田真央は、「白鳥の湖」に真正面から取り組んでいる。

 フィギュアスケートのジャパンオープン2012(さいたまスーパーアリーナ)で、初披露となった浅田のフリー「白鳥の湖」は、美しく、可愛らしく、明るく、そして強い。今まで浅田が積み上げてきた全ての魅力が味わえるプログラムである。個人的に、タチアナ・タラソワの振り付けは浅田を輝かせると感じてきたが、今季のフリーについても期待は裏切られなかった。

 8月のアイスショーでニコライ・モロゾフによる「白鳥の湖」をテーマにした三つのプログラムを融合した演目を観たせいか、浅田の「白鳥の湖」は正統派である印象が強かった。真っ直ぐでシンプルな滑りと姿勢が魅力である浅田らしいプログラムだが、その中に彼女が経験を積んで磨いてきた様々な個性が全て詰まっている。そしてその最後を締めくくるコレオグラフィック・シークエンスは、「鐘」の胸に迫るような最後のステップを思い起こさせた。今季から新しく加わった要素であるコレオグラフィック・シークエンスについて、浅田は会見で語った。
「今回のコレオグラフィック・シークエンスは、まだ(初めにプログラムを)作ったときに入れていなくて、もう一度(ロシアに)行って作り直したので、すごく曲も合わなかったりとかいろいろ試行錯誤したんですけど…最後の本当に盛り上がるところで、リンクの端から端まで目一杯使って、滑りと曲と振り付けが合っていると思うので、力強く滑れたらいいなというふうに思っています」

 「今シーズンは、トリプルアクセルはいつもの半分以下の練習に抑えているんですけど、こっちに来てから一回すごく綺麗に跳べたので…今シーズンはどうしようかなって考えていたんですけど、後半の方には入れていけたらいい」
会見で、今回は回避したトリプルアクセルについて問われた浅田はそう答えた。出来る要素から確実に行ってプログラムを完成させていき、シーズン後半に切り札であるトリプルアクセルを入れていくという道筋が、今季こそ最後に大きな収穫をもたらすことを願う。ジャパンオープンでの滑りは、その期待を膨らませるものだった。

 演技だけではなく、笑顔が絶えない表情からも、浅田が今季をいい形でスタートしたことが伝わってきた。バレエだけでなくフィギュアスケートの世界でも名演技を生み続けてきた「白鳥の湖」が、浅田を飛躍させる予感がする。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

正統派の「白鳥の湖」、浅田真央

こちらの方こそぶしつけな投稿でしたが、丁寧な返信ありがとうございます。

>浅田選手には、「オーソドックス」な白鳥の湖が似合っていると感じますし、素晴らしいプログラムだと感じています。ですが、「オーソドックス」こそが価値が高いと思っている訳ではありません。高橋大輔選手がヒップホップを氷上で再現した「白鳥の湖」は、歴史に残るプログラムだと思っております。<

充分すぎる回答です。

現行ルールの採点に対する各種の不満から来るヒステリックとも思える反応が再燃して欲しくないという気持ちで、今回あえて言葉の選択に関してぶしつけな質問をさせていただきました。

シンクロや新体操や体操、飛び込みなど採点競技はその評価がジャッジによっても極端に分かれる事は良くあるので、何が価値が高いかというのは簡単に決められない部分が多くあります。

それが、採点競技の面白さだと思います。

今後も楽しみに読ませてもらいます。

正統派の「白鳥の湖」、浅田真央

barutantomozouさん、コメントを下さいましてありがとうございました。

フィギュアスケートに限らず、シンクロなど芸術スポーツではバレエに題材をとった演目は多いです。私は個人的に、バレエの曲を使っていても独自の演出がされている演目に魅力を感じます。ある年の世界水泳選手権・シンクロのフリーコンビネーションで、バレエを水上で再現したような中国の「白鳥の湖」が評判になりましたが、私は個人的にはロックの曲で泳いだスペインの演目の方に魅了されました。

浅田選手には、「オーソドックス」な白鳥の湖が似合っていると感じますし、素晴らしいプログラムだと感じています。ですが、「オーソドックス」こそが価値が高いと思っている訳ではありません。高橋大輔選手がヒップホップを氷上で再現した「白鳥の湖」は、歴史に残るプログラムだと思っております。

お答えになっていますでしょうか。

ありがとうございました。今後とも、何卒よろしくお願い致します。

正統派の「白鳥の湖」、浅田真央

連投すみません。

書き落としていたので、言葉として言い換えるなら、オーソドックスのほかにスタンダードとか模範的とかが考えられるかとは思います。

正統派の「白鳥の湖」、浅田真央

ご回答ありがとうございます。

オーソドックスという言葉の方が私にはあっているように思えます。

正統派という言葉は正当につながり、得てして言外の意味として、「高く評価されるべきもの」という誤った感覚を生みがちだと思うのであえて質問させていただきました。

私の浅田選手に対する見方はブログで時折記事にしていますので、「変なやつ」と興味を抱きになられたならお立ち寄りください。

こんな記事も読みたい

スケート部・関東アイスホッケーリーグ戦 対法大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

進化へのチャレンジ【銀盤の舞—フィギュアスケートエトセトラ—】

dramaful【クロスカントリースキー レンティング陽】

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:1670602

(06月30日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss