競技場の片隅から

孤高の挑戦、浅田真央

このエントリーをはてなブックマークに追加

浅田真央のトリプルアクセルへの挑戦は、孤高そのものだ。

今季の浅田は、試合によってはトリプルアクセルを封印することを自ら選び、外の要素も磨きつつ、シーズン最後の世界選手権で大技を入れることを目指すという道筋を辿ってきた。それは着実な足取りに見えたし、トリプルアクセルは四大陸選手権では採点上成功と見なされなかったものの完成に近づいているように思われたが、世界選手権では不発に終わってしまった。

男子における四回転と浅田にとってのトリプルアクセルを考え合わせた場合、男子は世界で頂点を目指すレベルにあれば四回転は必須といえるところまできているのである意味話は簡単だ。失敗するかもしれなくても、彼らにとって跳ばないという選択肢は少しずつなくなりつつあるといえるだろう。しかし、浅田以外の女子が最高難度の技として挑んでいるのは三回転-三回転であり、現時点では実質トリプルアクセルは浅田だけが持っている技になっている。

女子においては、トリプルアクセルの世界には浅田しかいない。跳ぶも跳ばないも決めるのは究極のところでは浅田に任される。それは余人には想像できない孤独な世界に思える。

試合によっては、今季の浅田は納得ずくでトリプルアクセルを外してきた。三回転-三回転も練習しているという。だが、大人の選択ができるようになったとしても、浅田の心の中にトリプルアクセルが自分の演技の完成形に欠かせないものとしてある限り、根本的なところは何も変わっていないようにも思える。

世界選手権の女子シングルでは、破綻が少ないまとまった演技が評価された印象を持つ。個人的にはその採点基準は正しいと思うと同時に、トリプルアクセルにこだわり続ける浅田の姿勢を美しいと思わずにはいられない。

勝手な希望を述べさせて頂くならば、三回転-三回転も確実に身に着け、余裕を持ってトリプルアクセルに挑み成功させれば、浅田の演技後の表情は輝かしいものになるだろうし、ソチ五輪での金メダルという究極の目標にも近づくだろう。だが、あくまでもトリプルアクセルに対する姿勢の決定権は浅田にしかない。浅田の真摯な姿勢が結果によって報いられることを願うばかりだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

孤高の挑戦、浅田真央

皆様ありがとうございました。

「meemee」さん、はじめまして。コメントを下さりありがとうございました。
浅田選手と佐藤コーチは、ソチ五輪を見据えた上で、世界選手権でトリプルアクセルを入れることを選択したのだと思います。浅田選手が三回転-三回転とトリプルアクセルを併せて演技に組み込むことは、ソチ五輪までの時間を考えれば可能なのではないかと、個人的には感じております。
今後とも、何卒よろしくお願い致します。

「ぴあにか」さん、はじめまして。コメントを下さりありがとうございました。
私はフランスに行って取材しているわけではないので、その時点で本来ならいわゆるメディアとしてものを言う立場にはないことをお断りしておきます。フィギュアスケートの(特に海外の)試合を取材することは私の状況では難しいのですが、それでも好きなので駄文を書かせて頂いているという立場です。
とお断りした上で、浅田選手がトリプルアクセルに挑戦していることは大変価値のあることだと、あえて書かせて頂きます。四回転にこだわるのを止めた安藤選手の決断も、アスリートとして正しかったと思います。ですが、浅田選手のトリプルアクセルに関しては、試合で成功する可能性が大いにあります。佐藤コーチがいくら浅田選手の意志を尊重しているといっても、ある程度成功する見通しがない限り跳ぶことはさせないはずです。
浅田選手がトリプルアクセルに挑戦し続けることが今後どういう結果に繋がるのか素人の私には分かりませんが、浅田選手の意志がある限り挑戦を止めるべきではないというのが、個人的な意見です。
ありがとうございました。今後とも、何卒よろしくお願い致します。

孤高の挑戦、浅田真央

たいへん共感できる意見に感動さえ覚えます。

なぜ、日本のメディアは、スケ連がこういうことを言えないのでしょう?
あまりにも当たり前なことだと思います。
それが言えない。真逆のことしか言えない。
彼女の本質を見せようとしないマスコミにはうんざりしています。

彼女のこだわりこそがアスリート魂だと思います。
3Aにこだわるといっても、それだけにかまけて他を疎かにしているわけでも、
他の選手に劣るわけでもないのだから、
しかも、彼女にしかできないことだからこそ、彼女がやるんです。
やる、やらないの選択は彼女のものだと思います。

久しぶりに、読んでてすっきりしました。

孤高の挑戦、浅田真央

激しく同意いたします。
過去新体操の競技においてもあるロシアの選手が「他の人にはできないことができる・・」ということが大きく評価され、オリンピックでの評価も金メダルだったことがありました。
美しさでは正直他の選手より上とは言えない演技だったと思います。

でも世界でトップに立つということはそういうことだと理解します。
浅田選手の演技にはもちろん誰もまねのできない美しさもありますが・・
トリプルアクセルの入った演技で完成系を見せてくれることを心から祈っています。
浅田選手の心に描く最高を必ず実現してくれると信じています。

こんな記事も読みたい

リード姉弟、国別対抗で待ってるよ【山本尚子のスポーツ・ウォッチング】

野沢プロ戦☆【放浪美【雪】日記 ~スノーボーダー松谷美幸の雪山放浪日記~】

世界フィギュアスケート選手権BSフジ放映予定【モノクロ。@スポーツナビ】

ブロガープロフィール

profile-iconsatoko

  • 昨日のページビュー:54
  • 累計のページビュー:1670028

(05月02日現在)

関連サイト:SATOKO’s arena

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 正統派の「白鳥の湖」、浅田真央
  2. 浅田真央、唯一無二のステップ
  3. ニコライ・モロゾフの鋭さ
  4. ソチの喝采、浅田真央
  5. 挑戦する「白鳥」、浅田真央
  6. 浅田真央、総決算のフリー
  7. 完璧なプログラムへ、浅田真央
  8. カロリーナ・コストナー、女王の新境地
  9. 浅田真央の「光」
  10. 孤高の挑戦、浅田真央

月別アーカイブ

2017
04
2016
08
03
02
2015
12
08
07
06
04
02
2014
12
11
10
09
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss