ときどきキックアウト

ママさんファイター・NORIKOのボクシングライセンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

拙著『殴る女たち』にも登場していただいた
4本のベルトを持つママさんキックボクサー・
NORIKO選手が
ボクシングライセンスを取得されました。

NORIKO選手は、23歳のときに
シュートボクシングのリングでデビュー。
25歳で結婚、26歳でご出産された後も
リングへ戻り、41歳となる現在まで
現役で戦い続けてらっしゃいます。

ムエタイやキックで4本のベルトを持っていることからも
その実力は明らかなNORIKO選手。
持ち前のパンチ力を買われ、女子ボクシング・チャンピオンクラスの
選手たちのスパーリングパートナーを務めていくうちに
自分でもボクシングの実力を試したいと思うようになったのは
自然なことだと思います。

ですが、ボクシングのライセンスを持たず、また
プロテストの受験資格である32歳も
プロライセンスの年齢制限である37歳も
過ぎているNORIKO選手には
JBC(ジャパンボクシングコミッション)の規定から
日本でボクシングの試合をする道は、事実上
閉じられていました。

実力がありながら試合機会を
得られずにいたNORIKO選手は、
試合を求めて海外へ。
2010年7月には、タイのボクシング王者である
ティーラポン・パンミニッと戦っています。
結果は判定負けでしたが、
中身は、NORIKO選手の勝ちといっていい
内容だった、と
その試合をたまたま観ていたタイの食堂の
おばちゃんはコメントしています。

しかしそれにくさらずに
白井具志堅ジムで練習を重ねていたNORIKO選手へ
昨年5月、後楽園ホールで行われた
『ボクシングの日』プロトライアルマッチの
出場という大きなチャンスが訪れた。

NORIKO選手はその試合において
B級ライセンスを持つ
カイ・ジョンソン選手に2分3R、判定で勝利。

自分の実力をはっきりした場で
示したことで、
閉じられていたドアを開けてみせた。

選手として、働く女子として、
そしてお母さんとしてもお忙しいNORIKO選手に
電話でお話を聞いてみました。

「日本の偉い人たちが認めてくれたというのは、
 素直に、ほんとに嬉しいです。
 その一方で、認めてもらったからには
 責任もともなってくるなぁと思いましたね」

これまでのNORIKO選手は
フリーの選手として、いわば拳ひとつで
世界各国で自分の実力を示して
こられたわけですが、
今後は、ボクシングC級ライセンスを持つ
日本の女子ボクサーとして
いいかえてみればその枠組みの中で
実力をみせていくことになったわけで。

実力を認めてもらった、特例として
かんたんに負けてしまうわけにも
いかないし、またそれは
せっかく切り開いた自分の道を
自分で狭めてしまうことにもなる。

試合をするチャンスができた反面、
「けっこうなプレッシャー」も
感じていらっしゃるそうです。

だけど

「毎日練習してるんで、
 若い頃より、実力が
 下がっているわけはない」

といいきれる、NORIKO選手の強さ。

風邪をひいて練習を休むと

「弱くなるんじゃないかと心配になる」

と、ごく当たり前のようにおっしゃる
「選手」としての心構えや志の高さ。

そうしたものがなかったら、そもそも
ライセンスが出されることもなかったろうし
戦い続け、練習を続けてこられることも
なかったろうと思います。

そのことをご本人に言ってもNORIKO選手は

「そうですか?
 毎日毎日、そんなことばっかり考えてますよ」

と、笑うだけでは
あるのですが。

積み重ねた毎日の先に、ふいに次の景色が開ける。
あらたなスタートの先に、どんな戦いが待っているのか。

そしてNORIKO選手の快挙といえるこの
あらたなスタートを知って
心の中に眠っていた闘志を
もう一度、拳に込めて握り直してくれる人が
ひとりでも現れてくれるといいな
と、わたしは思います。

余談ですが、NORIKO選手の息子さんは
ただいま高校受験の真っ最中だそうで、
彼も受験の成功という"ライセンス”を
自分の手で、つかみ取ってくれるといいな、と
勝手に祈っています。

そこにもまた、挑む人がいる。

sasakey-299972.jpg

(写真はNORIKO選手のブログからお借りしました)

フリーライター佐々木亜希がときどき更新するブログ
「ときどきキックアウト」は
殴る女たちと戦う人たちをときどき応援しています。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
女子格闘技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

SMASH解散/TAJIRI選手とオーナーにズレが生じたようです【プロレスインフォネット】

32歳の相撲原体験。中篇【幕下相撲の知られざる世界】

京子と響子では全然違う!井上京子は女子プロ界の怪物・最強・天才と言ったところか…12・8 T-1二見激情【極上の“T-1二見激情”見参】

ブロガープロフィール

profile-iconsasakey

佐々木亜希(ささき・あき)
1975年8月5日生まれ。『PRIDE.10』を見たことがきっかけでプロレスと格闘技にハマリ、2002年2月、OLから『kamipro』の携帯サイト構築を司る電気部へ転職。2007年6月からフリーライターとしてプロレス・格闘技を中心に活動しています。趣味は寄り道、特技は迷子になること。日常記は「日刊佐々木亜希(仮)[[http://sasakey.seesaa.net/|http://sasakey.seesaa.net/]]」でほそぼそ更新中です。
感想などお待ちしています。メールはsasakey☆hotmail.comまで御願いします(☆を@に変えて送信してください)。
  • 昨日のページビュー:6
  • 累計のページビュー:729598

(08月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 女子格闘技漫画『鉄風』5巻と5.26ジュエルス大阪大会
  2. ピーター・アーツの言葉
  3. バトラーツの解散
  4. 我龍真吾の逮捕……
  5. ママさんファイター・NORIKOのボクシングライセンス
  6. 浪口修の引退
  7. アルトゥール・キシェンコと城戸康裕
  8. “藤原ジムの修行僧”前田尚紀の引退
  9. フジテレビで女子格闘家のドキュメント『殴りあう女たち』放送
  10. 長州力が語った総合格闘技

月別アーカイブ

2012
11
05
02
01
2011
12
11
10
09
06
04
03
2010
12
11
10
09
05
02
01
2009
12
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss