一般市民のサッカー観戦記

間違っても、大きなリスクを負って、UAEと戦ってはならない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年ロシアw杯、アジア最終予選の後半戦が始まる。 後半戦のポイントは二つ。下位2チームに確実に勝つこと(とりこぼさない)と 日本以外の上位3チームから最低でも勝ち点5以上を得ること(1勝2分け以上)。 どちらかと言うと、前者のポイントの方が心配でならない。 サッカーのリーグ戦や他のプロ競技(プロ野球など)でも良く見られることではあるが 優勝争いをしているチームの雌雄を決するのは、当該チーム同士の「直接対決」より、 下位チームからの「とりこぼし」に依ることの方が多いように思う。 確実に勝たなければいけないという気負いがチームの歯車を狂わせることは古今東西 に渉って、頻繁に散見できる。

そういう文脈上から今回のUAE、タイ戦を考えてみると、勝利が必要なのはタイ戦である。 UAE戦に関しては、「最低でも引き分け」という戦い方で構わない。 また、今回のUAE戦は「負けない」と言う、戦い方の方がベターな選択だろう。 なぜならば、「負けない」という観点からの戦略、戦術の組立はハリルホジッチの得意な分野であろうし、 現時点で勝ち点の少ないUAEの方が、日本戦に求める勝ち点の比重は重いのでリスクを負わなければならないのは、 どちらかと言えばUAEの方であるから、前回の対戦時よりも日本の「カウンター」の鋭さ、効果、価値が増しているからである。

間違っても、「前回の雪辱」を晴らそうと、必要以上に気負ったり、「ここが勝負所」と大きなリスクを 背負いながら、戦ってはならない。あくまで、リスクを背負っても勝たなければならないのはタイ戦の方だ。 少なくとも、今回のUAE戦は、「雌雄を決する」戦いではない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「間違っても、大きなリスクを負って、UAEと戦ってはならない理由」へのコメント


コメント失礼します。

私も筆者様と同じ意見です。
相手はホームで日本相手に勝ち点3が必ずほしいはずですから
リスクをおかしてでも前へ前へくると思います。

日本はそこを逆手にとりたいわけですが、
今の日本の選手メンバーでそのようなサッカーができるか。

ハリルホジッチがどんなサッカーが得意かはとりあえず別の話だと思っています。

むしろ大事なのはピッチ内に長谷部もおそらく本田もいない状況の中で
落ち着いた試合運びができるか。

スタメンが予想される大迫、原口、久保、清武や蛍たちにその状況判断力があるかといえば
不安に感じる思いもします。

1番ダメなのはピッチ内で共有できない事。
とにかく意思の疎通。
アウェーの地では特に大切だと思います。

こんな記事も読みたい

どうしてもW杯に行かせたくないのか?【サッカーバカのブログ】

韓国戦前にリッピが選手に語ったこと【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

スタメン【アントラーズ魂】

松戸ジュニアラグビー練習会2017-9【Dream Rider  西山淳哉】

にしやん松戸ラグビー教室2017-11【Dream Rider  西山淳哉】

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(6)【運動科楽からスポーツ再考!!】

松戸ジュニアラグビー練習会2017-8【Dream Rider  西山淳哉】

非営利団体としての地方サッカークラブの苦悩【南米人的日本サッカーへの応援歌】

ブロガープロフィール

profile-iconsamuraiblack81

スポーツと映画が好きな東京都出身の社会人です。
  • 昨日のページビュー:86
  • 累計のページビュー:49700

(03月31日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. どう考えても、今回の予選は厳しい。このグループを勝ち抜くためには、勝ち点20が必要だ。
  2. アギーレとハリルホジッチの違い
  3. 『ドーハの悲劇』から得た教訓 ~ハリルホジッチ監督は解任が妥当~
  4. 間違っても、大きなリスクを負って、UAEと戦ってはならない理由
  5. 頭が高すぎるハリルホジッチ
  6. 『敗戦』 その根本的原因
  7. サッカー界崩壊の危機意識はあるか?
  8. 追い込まれた傲慢なハリルホジッチの面目躍如!皮肉な進化&真価
  9. 日本独自のサッカースタイルと小林秀雄と

月別アーカイブ

2017
03
2016
11
10
09
2015
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月31日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss