一般市民のサッカー観戦記

追い込まれた傲慢なハリルホジッチの面目躍如!皮肉な進化&真価

このエントリーをはてなブックマークに追加

傲慢で不遜な男。というイメージが私のハリルホジッチ監督の印象であった。彼の日本人選手やJリーグの見立てがあまりにも上から目線で短所しか見ていない発言が多かったからだ。しかし、オーストラリア戦から私のイメージしていた彼の傲慢さ不遜さが徐々に薄くなっていった。それはそれまでの最終予選の日本代表の戦いぶり、特にホームでの戦いぶりからはまったく得られなかった論理性を感じ取れることができたからなのだろう。

オーストラリア戦以前は何をしたいのかさっぱり伝わらなかった試合のオンパレードで特にホームでのイラク戦は目も当てられないほど試合内容も悪く、戦略や戦術を理解しようとするモチベーションすら奪われてしまう程の惨状だった。しかしオーストラリア戦は違った。オーストラリア戦は明らかに誰が見ても、相手の長所を徹底して消し、負けない戦い方を実施していた。そこには今までに無かった試合全体から感じ取ることのできるはずの「明確さ」が存在していた。つまり「何がしたいのか」ということが今回の最終予選で初めて誰にでも分かりやすい形で理解することのできる試合だった。

今までのハリルホジッチ体制から感じられなかった「W杯で日本が勝つ」というイメージが初めて少し湧いてきたのである。だからこそ今回のサウジアラビア戦は重要で、ある種、期待していた。結果は今回も試合全体から論理性が感じとれた。「相手の長所を消し、そして引き分けではなく勝つ」という意図、方法論が明確な試合だった。これまでの日本人選手に対する短所のバッシングはなりを潜め、現状の勝ち点を確実に積み上げていくことだけにどうやらハリルホジッチ監督は集中しているようだ。一時、日本中に渦巻いたハリルホジッチ監督への不信感が日本またはアジアに関する彼の見立ての不正確さを彼に知らしめたのかもしれない。

追い込まれていたハリルホジッチ監督は皮肉なことに当初のサッカー協会が期待していたW杯で勝つためのリアリスティックな戦略・戦術の断行という自身の長所を発揮することで難を乗り切った感がある。自身の短所の改善ではなく長所で難局を乗り切るとは本当に彼にとっては皮肉なことだろう。まだ、日本代表は何も手にしていないがこれだけは言える。期待していたハリルホジッチの長所が発揮され始めている。しかもそれが日本の勝利に直結し始めていると。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

勝ち点3取れてよし!!個の力をどれだけ上げられるか。【燃えドラ】

「ハリルも和司も成長期?」ってな試合~【日本vsサウジ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★【4thDayMarketCenter】

ドリブラーへの対応。崩す(得点を取る)イメージ。セットプレイでのミスマッチ。【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconsamuraiblack81

スポーツと映画が好きな東京都出身の社会人です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:32085

(03月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. アギーレとハリルホジッチの違い
  2. 『ドーハの悲劇』から得た教訓 ~ハリルホジッチ監督は解任が妥当~
  3. 頭が高すぎるハリルホジッチ
  4. 『敗戦』 その根本的原因
  5. サッカー界崩壊の危機意識はあるか?
  6. 追い込まれた傲慢なハリルホジッチの面目躍如!皮肉な進化&真価
  7. 日本独自のサッカースタイルと小林秀雄と

月別アーカイブ

2017
03
2016
11
10
09
2015
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss