Same Frequency

サッカーの試合分析、形態論、システム論、戦術、雑談

  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:340509
  • (11月06日現在)

最新の記事

東アジアカップ2015男子 韓国戦 雑感 ~ポゼッションへの第一手?~

日本のスタメンは、西川、太田、槙野、森重、遠藤、藤田、山口、倉田、柴崎、永井、興梠 の(多分)4-2-3-1途中から4-1-4-1 韓国のスタメンは省略の多分4-2-3-1 序盤、日本は前からプレスを韓国にかわされ、いい形でボールを奪えず、流れに乗れない。 また、低い位置でのボール奪取→長いボールで前線へ→競り負ける→セカンドボールも奪えずの繰り返しで、マイボールになってもボールを回せない。 韓国......続きを読む»

Jリーグ2015 2nd 浦和vs甲府 すごく短い雑感

浦和のスタメンは、西川、岡本、那須、槙野、関根、柏木、阿部、宇賀神、高木、武藤、興梠。 甲府のスタメンは、河田、新井、畑尾、津田、橋爪、マルキーニョス・パラナ、下田、阿部、稲垣、伊東、バレー。 お互い5-4-1で似たシステム同士の戦いになったこの一戦。 大きな違いは、見せなかっただけかもしれないが、前からボールを奪う仕組みが甲府の方にはないこと。 0-0のスコアであれば、それでもよいだろうが、1......続きを読む»

横浜FM vs. 広島 雑感 ~広島式のおさらい~

横浜FMは強いのだろうか、弱いのだろうかよくわからないチームだ。 広島は、5-4-1前プレができるようになってきていたんだねと。 試合自体は、ボールを運べる広島が、俊輔が出られなかった分上回ったのかなぁという感じ、 で、簡単にしめ、広島式のおさらいをしてみます。 ■広島式のおさらい いままでの広島式5-4-1の特徴は下記のとおり 1.5-4-1、5バックでしっかり守る。前プレをしない(できない?......続きを読む»

川崎F vs. 柏レイソル 短感

レイソルは4-1-4-1、川崎は5-2-3(5-4-1)。 川崎は、相手の「2CB+キーパーでビルドアップ」を前の3人で阻害していたのが印象的。 前半序盤は、柏がボールを保持し仕掛けるが、中盤からアタッキングサードに運ぶところで、川崎にからめとられカウンターを受け、中盤までしかボールを運べない。川崎は、ビルドアップこそ不安定なものの、シュートまではカウンターを含め行けており、このままいけば、川崎の......続きを読む»

JALチャレンジカップ 日本代表対ウズベキスタン戦 ~ポゼッション志向ではなさそうだ~

3バックポゼで来られたら、やっぱり前プレがはまらないんだね、と。 ■前からのプレッシングがはまらない ウズベキスタンは、攻撃時に3バックにフォーメーションを変形させてきた。 守備時日本は、いつものように前から、プレスをかけるが、相手のその変形により、プレスがかわされていた。 タネは、ざっくりいうと、日本は前から2人でDFラインへプレス、ウズベクは、3(+GK)と人数が多いから。 ※3バッ......続きを読む»

キリンカップ 日本代表対チュニジア代表雑感 ~どこに収斂していくのだろう~

結局、本田、香川、岡崎で点を取っちゃった。 そして、いくら疲労があるとはいえ、プレッシングでチュニジア代表に何もさせなかったね。 ■スタメンを見て 一人パサー(清武)、3人FWか・・・ こりゃ完全にカウンターチームだねぇ。と思いました。 ※ただし、以下の葛藤アリ 長谷部と山口もラストパス出せるじゃんというのは、そうなんだけど、二人とも守備に特徴がある選手で、 いや、やっぱり、どっちもパス......続きを読む»

キリンカップ 日本代表対オーストラリア代表雑感

キリンカップ 日本代表対オーストラリア代表雑感 ■オーストラリア目線 序盤は、オーストラリアのビルドアップに苦しめられ、前の方で日本はボールを取れなかった。 日本が前の「4-1」で、オーストラリアの後ろの「4-1」をチェイスではめようとするところを オーストラリアは、中盤の一枚がさらに下りてきて「4-2」とするタイミングで、 長谷部の横に人が来たり、オージーSBが高い位置をとったりしてそこにボ......続きを読む»

浦和レッズ vs. 横浜FM 雑感 ~フィンケはパスサッカーって言ったのはだれだ?~

浦和レッズ vs. 横浜FM 雑感 ~フィンケはパスサッカーって言ったのはだれだ?~ 久々にアップ。 レッズには、「強さ」がよく似合うのに。 少なくとも後数年は。 レッズで気になったのは、SBからのビルドアップ。 ビルドアップに、びっくりするくらいボランチを使わない。 代わりに守備力に優れたボランチを入れて、中盤でのボール奪取力をあげる。 要は、ちょっと前まで出来なか......続きを読む»

オランダ vs. 日本雑感

■前半 オランダがベストメンバー、これは楽しみ。 そういえば、憲剛、遠藤、中村の中盤を久々に見る。 ペースをかなりあげている 後半保つのか心配。 後半25分頃から、パスを迷い始めている感を受ける。序盤ほど、思いっきり感がない。 オリンピック時と比べてさすがにA代表、そこまで、ぶつかり合いに負けない、つまり、プレッシングが機能している 内田とロッベンの対決が面白い。 30分くら......続きを読む»

ウズベキスタン戦雑感+α

ホントにざっと書きます ■ウズベキスタン戦雑感  うーん、憲剛システムなどと巷で呼ばれている、システムは、 ジーコジャパンを常識的なメンバーにシフトした4-4-2BOXに見えるのは、 自分だけですか? ウズベク戦前のキリンカップを見ていないので、そちらがどうなのかにもよりますが、 ウズベク戦は、結構長い時間、俊輔左の憲剛右、大久保、岡崎の2topだったかと。(データどっかにないか......続きを読む»

2009シーズンのレッズについて思うこと +α

えっと、浦和って、ボランチ補強しなくて大丈夫なんでしょう'''か?? 昨シーズンのレッズ最大の問題点は、 パサーがいなかったことが原因だと思っています。 (詳細はココ→)浦和レッズはトップモードになる可能性を秘めている? vol. 1 大雑把に言うと、 ワシントン、長谷部、小野がチームを去り、 さらにポゼッションサッカーにシフトしようとしたにもかかわらず、 ポンテ、三都主といっ......続きを読む»

2010南アフリカワールドカップ予選 vs. オーストラリア

■プレビュー オーストラリアは、なかなか手強くて、 そろそろ一定レベルに達した日本にとっては、丁度良い相手。 ピリピリした試合になることを願う。 ■前半 GK: 18 都築龍太 DF: 2 中澤佑二(cap)   4 田中マルクス闘莉王   15 長友佑都   6 内田篤人 MF: 10 中村俊輔   7 遠藤保仁   8 松井大輔   17 長谷......続きを読む»

フットボールスタイル ~間の概念を埋めよう~

1.基本のフットボールスタイル 2.ポゼッションをもう少し 3.ムービングを考慮しよう 4.間の概念を埋めよう 5.間の概念を埋めてください 6.どんなスタイルを併用しているのか 1~3でフットボールスタイルの基本形、もしくは、よく分類されるスタイルを述べてきた。ベースとなるエッジは4つ、カウンター、ダイレクト、アクティブ・ポゼッション、パッシブ・ポゼッションである。 今回は、そのエッジとエッジ......続きを読む»

南アフリカワールドカップ アジア最終予選 カタール戦 AWAY 雑感

■カタール戦の前にウズベキスタン戦の短感 諸事情で、後半途中からしか見られていないんですが、(しかもワンセグ) ウズベクの中盤4枚がやたらと上下動していて、それが後半終わるまで続いているのに引きました・・・ それが全てではないでしょうが、主導権とられたんだろうな、と。 あと、この辺りの試合で岡田監督が面白いこと言っていた。 「非常に難しい質問ですけど、この予選の夢は描いています。予選以......続きを読む»

'08 ナビスコカップ 大分 vs. 清水

大分トリニータおめでとうございますっ にしても、評判通り守備が堅い。 いつもは、どうなのか分からないが、 どちらかというと後方圧縮型のプレスをかけていた。 決勝ということもあって、多少後方に荷重がかかっていたのかも知れない。 序盤は、両チームとも安全を意識した立ち上がり、 特に、トリニータの方は、ボランチが二枚とも低い位置にいることが多く、わかりやすかった。 それにして......続きを読む»

キリンカップ UAE戦 雑感

ま、決定力不足ってことで。。。 個人的に気になったのは、以下の3点 ■興梠 裏へ抜け出した後、相手より半身体が前へ出て(スピード)、且つ倒れず(フィジカルの強さ)ボールを失わないところ(ボールコントロール)が凄いと思った。追いつかれるか、よろけてボールを失うか、コントロールを誤ってボールを失うという光景を多く見てきたので、驚きました。 前に、鹿島の試合を見たときは、途中で......続きを読む»

フットボールスタイル ~ムービングを考慮しよう~

1.基本のフットボールスタイル 2.ポゼッションをもう少し 3.ムービングを考慮しよう 4.間の概念を埋めよう 5.間の概念を埋めてください 6.どんなスタイルを併用しているのか ■ムービングとは ムービング(Moving):動ごいていること。現在形なので、躍動感がある感じ? もう少し具体的に言うと、ポジションチェンジや、オーバーラップ(追い越し)、ポジションブレイクを積極的に行うこと。また、それ......続きを読む»

最終予選バーレーン戦 雑感とシステム概要

■スタイル ウルグアイ戦で見られなかった 前からの守備とネガティブトランジッション直後のプレスが戻ってきていて安心。 (まあ、ウルグアイの選手の方がより上手いので単純比較は難しいけど) 今回のバーレーン戦は、三次予選最終戦のバーレーン戦のパサー多用型ではなく、 オマーン戦(概ね3次予選のベース)を改良した感じ。 参考 http://www.plus-blog.sportsnavi.c......続きを読む»

フットボールスタイル2~ポゼッションをもう少し~

1.基本のフットボールスタイル 2.ポゼッションをもう少し 3.ムービングを考慮しよう 4.間の概念を埋めよう 5.間の概念を埋めてください 6.どんなスタイルを併用しているのか ポゼッションに関する記述は、最近有名所に記述されていて、 (なんかそういうシンクロ現象ってあるのかなぁ~、単に今の自分の感度がそれに敏感なだけかも知れんが) 「-- ちなみに、ポゼッションサッカーを何の......続きを読む»

フットボールスタイル(懲りずに^^;)~基本のフットボールスタイル~

■前書き フットボールスタイルをもう一度見直してみよう、まとめ直してみようという企画。さらに新しい(?)スタイルを見つけてみよう、と。 ここで言うフットボールスタイルというのは、ポゼッションとかカウンターとか言われるもののことです。プレイスタイルとも言います。 最近だと、ポゼッションとカウンターの併用が顕著になったと言われていますね。この辺も一緒くたにしていたものをもうちょっと区分化出来たらと思って......続きを読む»

北京五輪サッカー アルゼンチンの攻撃システムについて

北京五輪サッカーで優勝したアルゼンチンのサッカーのシステムに興味が湧いたので、概念図を描いてみた。 アルゼンチンのフォーメーションは、 ・4-3-1-2とも、4-4-1-1とも、4-2-1-3とも見えた。 ・メッシとアグエロはウィング的な2トップ ・CFはおらず前線中央はトップレス ■システム 0トップ ・アグエロ、メッシはボールをもらいに下がってきて、そのスペースと......続きを読む»

ウルグアイ戦 雑感

なんだ、最初っからやり直す気なんでしょうか?? コートジボーアール戦みたいな選手起用だね。 参考 http://www.plus-blog.sportsnavi.com/same_frequency/article/8 http://www.plus-blog.sportsnavi.com/same_frequency/article/32 今日は、アタッキングサード以前の......続きを読む»

北京五輪サッカー 日本代表 総括

■ビルドアップについての達成点と問題点 自陣の低い位置から、自陣の高い位置までのビルドアップは相手のプレッシャー如何に関わらず、ほぼ出来ていた。 ・相手のプレッシャーが少ない状態 (DFラインへのチェイスがFWのみで、チェイシング開始位置が低く(センターサークル辺り)、あまり追って来ない時) については、 左右にボールを振って、相手守備ブロックを動かした後、SBから縦にボールを供給する......続きを読む»

北京五輪サッカー 日本 vs. ナイジェリア戦 雑感

うん。悲しいよ、寂しいよ、でもね、と。 この試合も、開始前のセレモニー?で、岡崎が笑っていることが気になったり・・・ ※以下、アメリカ戦のことも混ざってます。 ■このチームのFWの扱い そもそも、4-2-3-1扱いするのには抵抗がある。 4-4-1-1(4-4-2)だろ、このチームは。 (ただし、4-2-3-1と4-4-1-1にどれほどの違いがあるかは微妙。両方4......続きを読む»

北京五輪サッカー 日本 vs. アメリカ戦 雑感

こーゆーのを”決定力不足”の試合って言うんだろうな。 ■個人的な注目点 森重、そこ(言わずと知れた、セットプレイではずした場面)、苦笑いでも笑ってる場合じゃないでしょ。。。 フランスの時の城も笑っていて叩かれたが、彼の場合、終始笑顔で、単にテンション上がりすぎているだけだったんで、そんな、叩かんでも・・・と思ったものだが、 森重の場合、テンション高めというのもあるのだろうが、ある......続きを読む»

JOMO CUP2008 雑感

オールスターとは言い難いメンバー構成など、 賛否両論がわき起こったこの試合。 削るような守備が控えめだったことや、セットプレイの練度などを除けば、かなり本気に見えた。 しかも日本代表の試合を見ているよう。 前半失点するまではJの方が支配率、シュート数とも上だった。 ただ、シュートの内容に大きな違いが。 ミドルメインのJのシュートに対し、Kはペナ内でのシュートチャンス、シュ......続きを読む»

プレシーズンマッチ 雑感

浦和レッズ vs. バイエルンミュンヘン (挑戦者?)レッズがレギュラー温存。バイエルンがレギュラー組ぽい。 エジミウソンやエスクデロが動いているんだから、パスだしてやれよ・・・ 浦和の使う人がいない病は深刻。 闘莉王がいないとラストパスが、(精度の悪い)クロスだけと言っても過言ではない位の攻め手の少なさ。 ビルドアップも不安定。 後半の4CBの4バック、闘莉王のリベ......続きを読む»

EUROで見たシステムのTips ~それぞれのスペイン対策 イタリア、ロシア、ドイツ編~

EUROで個人的に気になったシステムをいくつか取り上げた企画第4弾 EUROで優勝したスペインはパスワークの凄さが目立っていたが、 その攻撃を防ぐために相手はいろんなことをしていた。 今回はそれを見ていきたい。 4部作です。 第1部 イタリア ピルロ編 第2部 オランダ 4-1-4-1対策?3-2-4-1編 第3部 スペイン システム概略編 ■スペインの抑え所 -出所......続きを読む»

EUROで見たシステムのTips ~スペイン システム概略編~

EUROで個人的に気になったシステムをいくつか取り上げた企画第3弾 今回はEUROで優勝したスペインのシステムを見ていく。 4部作です。 第1部 イタリア ピルロ編 第2部 オランダ 4-1-4-1対策?3-2-4-1編 ■攻撃時 FW二枚が裏を狙う。 主に、パス能力に優れる中盤からのパスが多いが、どのポジションからも裏へのパスを狙える。 ボランチ二枚が中盤底......続きを読む»

五輪壮行試合 アルゼンチン戦 雑感

■日本結構強いじゃん、と思ったわけ  相手の監督さんにリップサービスを受けたから言うわけではないけど、パス回しが巧い。目についたのが、前半、相手攻撃を防いだ後、低い位置からのビルドアップを細かく繋ぐトコ。アルゼンチンの選手のチェイスをかわしてあれだけ繋いでいたのはびびった。あれは、讃えるべきでしょ。  雨とか疲労とか、相手が前にでてきたとか色々要因があって、後半失速したけどね。まあ、そーゆーのを......続きを読む»

1 3

このブログの記事ランキング

  1. キリンカップ 日本代表対チュニジア代表雑感 ~どこに収斂していくのだろう~
  2. キリンカップ 日本代表対オーストラリア代表雑感
  3. JALチャレンジカップ 日本代表対ウズベキスタン戦 ~ポゼッション志向ではなさそうだ~
  4. 横浜FM vs. 広島 雑感 ~広島式のおさらい~
  5. Jリーグ2015 2nd 浦和vs甲府 すごく短い雑感
  6. 東アジアカップ2015男子 韓国戦 雑感 ~ポゼッションへの第一手?~
  7. 川崎F vs. 柏レイソル 短感
  8. ポゼッションでもカウンターでもない第3の攻撃方法?
  9. フットボールスタイル ~ムービングを考慮しよう~
  10. EUROで見たシステムのTips ~オランダ 4-1-4-1対策?3-2-4-1編~

このブログを検索

月別アーカイブ

2015
08
07
04
03
2014
11
2010
05
2009
09
06
02
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss