SAKUVERworld

谷繁プロ新1年目から24年連続HRでドロー!明日吉見でこの日のドローに価値を

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクルト5回戦(1勝3敗1分)
中 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 
ヤ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

11回ドロー―。
中日は1点を追う7回、7番谷繁の今季1号ソロHRで同点に追い付く。しかしその後、8回一死一三塁、9回一死二三塁の好機を活かせず、結局延長11回引き分けに終わった。先発の中田賢は6回1失点の好投。その後は田島、浅尾、ソーサ、岩瀬と繋ぎヤクルト打線を封じた。


先発の中田賢はワイルドピッチで1点こそ失ったが、6イニングを7安打1失点とまずまずの好投を見せた。7回表の好機で打順が回り降板となった。恐らくまだ投げさせる意図だったとは思うが、こればかりは巡り合わせとしか言いようがない。少なくとも先発投手としての役割は十分果たすことができたと言える。
その後は田島、浅尾、ソーサ、岩瀬と継投。田島は最初から2イニングの予定だったんだろうが、2イニングを1安打無失点とこの日も安定したピッチング。これで18イニング無失点と抜群の成績を残している。正直、ある程度一番安心して観ていられる投手とも言えるかもしれない。
9回に登板した浅尾はこの日は悪くなかったのでは。10回は岩瀬かとも思ったが、まずソーサ。二死二塁で3番ミレッジを迎えた場面でミレッジを歩かせてバレンティン勝負で打ち取った。そして11回は岩瀬。二死二塁から中村にセンター前ヒットを浴びたが、大島の好返球でなんとか凌ぎ切った。


打線は7回、谷繁のプロ野球新記録のルーキーイヤーから24年連続HRとなるメモリアルアーチで同点とする。一気にたたみかけたい流れだったが、7回二死二塁、8回一死一三塁、9回一死二三塁という絶好期を活かすことができなかった。特に8回一死一三塁から4番和田の打球をサード宮本の超ファインプレーに阻まれたことが痛かった。

この日森野が腰痛で、山崎、野本がインフルエンザで抹消となり、ブランコ、ディアスが登録されたが、打順は3番に平田を起用、4番に和田、5番にブランコを入れ、7番に谷繁、8番に直倫という布陣を組んだ。平田は本来まだ下位打線で伸び伸び打たせたい段階だし、和田も5番が定位置で4番タイプではないのだが、ブランコが本調子でないことを考えれば現段階ではこれがベストーオーダーと言えるのではないか。

和田は宮本の攻守もあったとはいえ5打数無安打。この試合前まで打率.320、ここ3試合.385と好調だった首位打者和田だが、やはり久しぶりの4番ということで気負いもあったか。和田はMVPを獲得した10年も4番での成績はイマイチ(74試合5番で.381に対し48試合で.288)だったし、落合監督も「チーム事情で4番を打ってもらっているだけ」と本来は5番で使いたい選手であることを明言していた。しかし現状和田に4番を打ってもらうしかない状況。なんとか頑張ってもらうしかない。
ヤクルト3連戦前までは15打席ヒットがなかった井端、今季初めて7番に入った谷繁、森野離脱でサードとして期待される直倫という下位打線3選手に2安打と当たりが出たのは大きい。森野が離脱し、今まで7番を打った平田を3番に起用さざるをえない状況。谷繁、直倫の働きはこれまで以上に大事になってくる。


今日の引き分けを「勝ちに等しい」とみるか、「負けに等しい」と見るかは非常に難しいところ。劣勢から谷繁の貴重な一発で追い付き、8回9回は絶好のチャンスまで作ったが勝てなかった。しかし、鬼門神宮で負けなかった。この日の試合だけでその判断を下すことは難しいだろう。明日、エース吉見で勝てるかどうか。勝って3連戦を1勝1敗1分で終われれば十分だろうが、明日負けて2敗1分となると痛い。毎回のことではあるが、エースの背にかかる期待は大きい。


2012年04月25日現在
順 チ 試 勝 敗 分 勝率 差 
1  中 22 12 *7 3 0.632 - 
1  ヤ 21 12 *7 2 0.632 0.0 
3  神 22 11 *8 3 0.579 1.0 
4  広 22 10 10 2 0.500 1.5 
5  D 19 *6 12 1 0.333 3.0 
6  巨 20 *6 13 1 0.316 0.5 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
12シーズン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

谷繁プロ新1年目から24年連続HRでドロー!明日吉見でこの日のドローに価値を

細かい点ですが田島7・8回、浅尾9回、ソーサ10回、岩瀬11回だったと思いますよ。

試合自体は勝てたし、惜しかったと思いますが、ドラファンとしては負けなくて良かった試合だと思うようにしています。自分の精神的平安のためにですがw

こんな記事も読みたい

相変わらず打てん(マンガ付)【ラブ・カープ!】

両チーム譲らず【ドラゴンズ&フィギュア】

2010年+α【東京発阪神便】

今季神宮初参戦【ドラゴンズとATL、それに日本人メジャーリーガーを応援していく】

御の字【3連覇と完全日本一へ】

1対1 死中求活【蒼い血が滾る】

森野、山崎、野本抹消…ブラ、ディアス登録!インフル離脱で問われる選手管理【SAKUVERworld】

鬼門神宮の呪いか…山崎適時失策、森野故障離脱【SAKUVERworld】

ブロガープロフィール

profile-iconsakuver23

今年は例年より忙しく、なかなかブログを更新できませんので、Twitterの方で随時気になったことなどをつぶやいていきたいと思います。
アカウント名はブログタイトルと同じです。リンク集にもURLを載せました。ぜひそちらもよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:13
  • 累計のページビュー:6263992

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 解任から2年…落合氏復帰へ―解任の真相、外れた球団の思惑
  2. <検証>荒木、井端、和田、谷繁は2000本安打を達成できるのか?
  3. 主力の高齢化、陰り見える投手陣…落合氏解任から始まった「中日崩壊」
  4. 首位決戦3連敗で首位陥落…高木監督内部批判も
  5. 川上CSへ名乗り!高木権藤また衝突…根本的に合わない二人、球団のミス
  6. チームが好成績の一方で―落合解任の結果が12球団最低観客数8.5%減
  7. 岩瀬9回3失点逆転サヨナラ負け…登板過多深刻 工夫のない起用法のツケ…
  8. 落合竜を支えた谷繁元信 阪神戦で魅せた圧巻のリード
  9. 9回投手に代打出せず…せめぎ合う勝ち方知る選手と首脳陣
  10. 中日最下位脱出!逆転CSへここ10試合9勝1敗の要因は

月別アーカイブ

2015
08
03
2014
04
03
2013
10
09
07
06
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss