SAKUVERworld

後半戦開幕へ!勝利を求めつつ育成重点で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ明日から後半戦が始まるので、久しぶりに書こうかなと思った次第です。 生活が忙しくなって、環境の変化で、とか言ってたけど、やっぱりここ数年のチームの不振で書く意欲が湧かなかったと言うのが一番じゃないかなと。最近のチームの戦いぶりを見てたら、野球を見るのが楽しくて楽しくて、こんな感じは久しぶりだった。おそらくそんなドラファンは少なくないんじゃないかな。気軽に球場に足を運べる距離ではないというのもあるんだけど、落合野球から野球を見始めた自分にとっては、やっぱり勝利が最大のファンサービスだ。

さて本題。 交流戦くらいから、徐々に良い野球ができるようになってきた。けど、なかなか安定してこないなあ、というのが現状かな。

開幕から不調だった。大野、吉見、若松という森監督が計算していたこの3人で4勝13敗。これでも6月以降の大野の3勝で見栄えが良くなった方で、これじゃあ苦戦して当然という感じ。 ただ、投手陣に関しては嬉しい誤算もあった。先発で完封含む4勝とブレイクした又吉、6月0.00で12年ぶりの月間MVPに輝いた岩瀬。東京ドームではからっきしだけど、徐々に安定してきた田島と、後ろが固定できてから少しずつ上向いてきた印象がある。先行逃げ切りはドラゴンズの必勝パターンだし、やっぱり後ろが安定しないと話にならんね。

そして、前半戦最後は息切れ気味になっちゃったんだけど、小笠原、鈴木、柳のドラ1トリオが先発ローテに定着。 小笠原は10試合9先発で2勝4敗5.17。 ラスト2試合で17失点と炎上してだいぶ見栄えが悪くなったけど、巨人戦で完封目前の好投などもあったし、まだまだ課題もあるけど、しっかり成長が見て取れる。 鈴木は11試合9先発で5勝3敗3.90。 ムラはあるけど、この3人の中では唯一の白星先行、防御率も3点台と、数字的には一歩抜けてるね。 柳は9試合6先発で1勝3敗4.17。 好投しながら救援陣で白星を逃した試合があって、3勝3敗でもおかしくなかった。ルーキーならぬ落ち着いたマウンドさばきがいいね。

そして後半戦巻き返していくためには、やっぱりある程度実績のある選手が必要になってくる。大野と吉見。若松はともかくとして、この2人だよね。 大野は開幕から苦しんだけど、6月の合流から25回2/3を投げ7失点、自責5と、軌道に乗ってきた感はある。現在3勝。残り登板全部勝つつもりで二桁勝利行ってほしいね。 吉見の不調は正直驚いたところがあって、故障の影響での不調はあったけど、普通に投げられさえすれば結果は残せる投手だという認識だった。下でもかなり苦労してたみたいだけど、投げられるなら下でローテに入れていても、と言うレベルの投手だし、森監督も後半戦のキーマンに挙げていた。 たらればは言いたくないけど、この2人がまともに働いてれば5割だからね。とにかく前半戦の分を取り返すつもりで奮起してほしい。 若手のドラ1トリオに実績のある大野と吉見が加われば、非常に見応えのあるローテの完成だ。数年後の投手王国が楽しみになってくるね。

野手では京田、ゲレーロという新戦力が光った。こちらも開幕時はからっきしだったんだけど、外せ替えろの声にも負けず森監督が我慢して使い続けた結果、共に外せない戦力にまで成長した。 打線として見ると、京田、亀澤(荒木)、大島、ゲレーロ、ここまでは良いんだけど、前半戦ラスト2試合の甲子園では上位4番までで30-13、5番以下で28-2。いくらなんでも2試合でとやかく言うのはナンセンスだけど、やっぱり下位が弱いなあというところでのビシエド復帰は本当にありがたい。これである程度打線に厚みが出てくるはずだ。

そして、後半戦開幕投手は小笠原と発表され、安心したというのはある。 前述の通り、小笠原は2試合連続炎上なんだけど、ここで目先の勝ちを求めて下に落とすことはして欲しくなかった。仮にこれで負けが込んで結果的にAクラスを逃したとしても、それは来季以降、きっと何倍にもなって返ってくるはず。野手陣の京田に関してもそう。最近は結果を出してるけど、開幕当初は全く打てなかった。直倫を使えと思ったこともあったけど、それでも森監督は我慢して京田を使い続けた。もちろん全球団、目指すところは優勝というのが鉄則ではあるんだけど、前年最下位のドラゴンズにしてみれば、今季はある程度育成に比重を置き、来季以降への礎を作っていくシーズン。そういう風に位置付けてきたはず。嬉しい誤算として京田や鈴木らが結果を出してAクラスを狙える位置まで上がってきて、もちろんAクラスは目指してほしいし、クライマックスへ出てくれれば言うことないんだけど、あくまで今季は育成。土台を作る年。このまま若手ベースで数年後が楽しみになる戦いをしてほしかった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

後半戦開幕・・・・・・高城不在の影響は? 捕手は投手の人生も預かる【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

さぁ、おおt……後半戦ダ!【鷹党来々】

7/13 日常と非日常の融合 フレッシュオールスター2017 @草薙【井戸掘り野球観戦記】

後半戦はここがポイント【I like Dragons】

2017年オールスター初戦、ドラゴンズ戦士の活躍、ちょっと、あったかなあ?その他、雑感。【落合博満さん(元ドラゴンズ監督&GM)好きは否めない。】

前半戦もっとできた。4連敗がなぁ。【燃えドラ】

* 今年のルーキー、先ずはドラゴンズ・京田選手。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

バルデス先発 ALL STAR第1戦【春夏秋冬ドラ応援】

ブロガープロフィール

profile-iconsakuver23

今年は例年より忙しく、なかなかブログを更新できませんので、Twitterの方で随時気になったことなどをつぶやいていきたいと思います。
アカウント名はブログタイトルと同じです。リンク集にもURLを載せました。ぜひそちらもよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:33
  • 累計のページビュー:6316318

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 解任から2年…落合氏復帰へ―解任の真相、外れた球団の思惑
  2. <検証>荒木、井端、和田、谷繁は2000本安打を達成できるのか?
  3. 主力の高齢化、陰り見える投手陣…落合氏解任から始まった「中日崩壊」
  4. 首位決戦3連敗で首位陥落…高木監督内部批判も
  5. 川上CSへ名乗り!高木権藤また衝突…根本的に合わない二人、球団のミス
  6. チームが好成績の一方で―落合解任の結果が12球団最低観客数8.5%減
  7. 岩瀬9回3失点逆転サヨナラ負け…登板過多深刻 工夫のない起用法のツケ…
  8. 落合竜を支えた谷繁元信 阪神戦で魅せた圧巻のリード
  9. 9回投手に代打出せず…せめぎ合う勝ち方知る選手と首脳陣
  10. 中日最下位脱出!逆転CSへここ10試合9勝1敗の要因は

月別アーカイブ

2017
08
07
2015
08
03
2014
04
03
2013
10
09
07
06
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
04
03
02
01

このブログを検索

https://twitter.com/saku_pnk1218

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss