saku_dot_run

士別ハーフマラソン完走記

このエントリーをはてなブックマークに追加

サフォークランド士別ハーフマラソン完走記

滝川修
この大会は平成14年以来、二回目の出場となりました。土屋さん(作.RUN)と長年のラン仲間である宮崎俊彦・宮崎康弘さんの4人で、私の車で士別へ向かう。8時45分に受付会場に到着。
9時の気温が25度でしたが、そんなに暑く感じられなかったことから、北海道マラソンの暑さ対策のため、手袋をして、ユニフォームの下は半袖シャツを重ね着。下は七分丈タイツを着用。これは寒かったサロマのスタート時と同じ格好で、こんな厚着をしているのは私だけ。

道マラやその後の練習へダメージを残さないよう、当初のタイム設定は1時間27分(気温が低い場合、状況に応じてマイナス)。スタート位置も前列から12列目くらいからゆっくり目にスタート。
2キロを過ぎた上り坂辺りから集団前列へ。私の前には視野に入らなかったが二人いた模様。そのまま自分のペースで進み、5キロを19分58秒で通過。徐々に日差しも強くなって給水所ごとに水を取る。給水カップは大き目でかけ水には有り難いが、二か所で気管支に水が入って咳き込んでしまう。1周目の終盤に先行者をとらえ、10キロ通過は40分13秒(20分15秒)。
2周目に入ってから、気温がさらに暑く感じられるが実業団女子の選手の後を追い、気持ち良く走れました。18キロぐらいからはペースが落ちてきているのが分かりましたが、周りも落ちているので抜かれることはなく、20キロは1時間21分14秒(20分40秒)で通過。誰とも競ることはなかったのでラストスパートもせず、1時間25分30秒(4分16秒)でゴール。

今年走った伊達、豊平川のタイムから2分以上遅いタイムでしたが、幸運にも年代別1位となりました。
ご指導・応援いただいた皆さんに感謝です。同行の宮崎俊彦さんも3位に入賞し、表彰式後に増田明美さんとお話も出来て、楽しい1日となりました。次は北海道マラソンです。別海につながる走りをしたいと思います。

saku_dot_run-103102.jpg


土屋孝浩
瀧川さんの年代別優勝あり、増田明美さんとのおしゃべりありと、楽しめる大会でした。 

さて、恒例の大会報告をいたします。
本日の士別ハーフマラソンには、暑さに慣れる「その3」ということで参加しました。
「北海道マラソンに向けて、暑さの中で走りのリズムを維持する練習です。
体幹を使って腕ふりもストライドもコンパクトに。ラスト5キロだけはきりっと走る」。
以上が、スタート前の構想です。
で、実際はというと、最初の5キロを20分20秒弱で入り、無理はしていませんが、なぜか1周目でへばってしまいました。
タイムは1時間28分24秒でした。
大会前の水曜日から前日まで、仕事と悪天で4日間一切走れなかったのがまずかったのか。
いや、そんなヤワな理由であるはずがない。
いずれにしても暑さで頭がぼーっとしてしまったのが利きました。

とりあえずの結論。効果のほどは分かりませんが、まず長く伸びた髪の毛切りますsaku_dot_run-103103.jpg


川村祐司
合宿の町として力を入れている士別市のマラソン大会に初参加してきました。
士別市では大学生や実業団チームが多数合宿しているのでこの大会にも実業団選手が調整を兼ねて多数参加しており、今年のハーフ参加者は754人とこじんまりした大会ですが2001年には高橋尚子さん、2006年には福士加代子さん・野口みずきさんも出場している隠れたメジャー大会です。

どんなコースなのかは全くわかりませんでしたが作田監督からは「士別で全力を出し切ると北海道マラソンにひびくので頑張りすぎないように」と言われていたのと今月も順調に練習できているので悪くても90分かかる事はないだろうと気楽な気持ちでスタート地点に並びました。
号砲がなりスタートしましたが過去に参加してきた大会と比べてまわりの女性ランナーのスピードが全然違って「やっぱりプロはすげーや」と感心しつつマイペースで1キロ地点を通過。2キロ地点から3キロ地点にかけては20メートル上るだらだらとした坂があり、上りで頑張りすぎると後にひびくからと考え、のんびり上りました。
5キロ地点を21分1秒で通過。同じコースを2周するコースなので「このまま様子見でいいや、それにしても暑いなー」と思いながら走りました。
霧や曇りばかりの胆振に住んでいる僕にはこの日の気温は暑すぎて給水所毎に頭に水をかけていました。
7キロあたりで今日はスピードが出ないなーと感じ始め10キロ地点通過は42分43秒。
「少しペースをあげなきゃ」と思いましたが11キロ地点から12キロ地点迄で4分27秒もかかって「今日はもういいや」と気持ちが折れてしまい、そこからはジョギングペースになってしまいました。

途中、大会には参加せずにジョギングしている福士加代子選手をみかけてテレビで見るのとおんなじ笑顔だなと思ったり10キロの部に参加している大学生集団を見て箱根ランナーはすごいなーと感心したり参加者ではなく応援している人みたいになってました。
自分のゴールタイムはフルマラソンの洞爺湖マラソンと千歳マラソンの中間点より遅い1時間35分59秒で北海道マラソンの1ヶ月前という大事な時期に実力不足と気持ちの弱さを露呈してしまいました。

大会の印象としては沢山の実業団ランナーを間近に見る事ができるし参加者が少ないので会場もゆったりしていてトイレも空いている、スタート時の混雑もなくコースものどかな感じで空気が良く、ボランティアをしてくれている地元の中学生達の対応も感心するほど気持ちのよいものでいい大会だなと感じました。
北海道マラソンの調整として時期がいいし来年も休みがとれたら参加したいと思います。
同じチームの滝川さんが年代別優勝をしました。
大変嬉しい事で自分も頑張らねばといい刺激になりました。

saku_dot_run-103105.jpg





1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
完走記
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

トレーニング紹介 D-MAX編【トレイルランナー/スカイランナー 宮地藤雄】

貧血チェック【トレイルランナー/スカイランナー 宮地藤雄】

朝練習【SWAC監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconsaku_dot_run

小泉 照容(会長)
樋口 政法(監督)
池田 広美
伊藤 聡克
岡部 聡
亀山 元一
川尻 智美
川村 祐司
草刈 真由美
佐藤 隆史
佐藤 大輔
沢田 博
白石 泰久
菅原 真由美
須郷 雅生
鈴木 里枝
瀧川 修
田中 一雄
田村 剛
土屋 孝浩
広川 明男
古畑 孝
三谷 淑子
吉田 佳津夫
吉田 誠
  • 昨日のページビュー:29
  • 累計のページビュー:689558

(01月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. フルマラソン1歳刻みランキング発表
  2. 大阪マラソンで命を救ってもらいました。
  3. 第26回サフォークランド士別ハーフマラソンの結果
  4. 余市味覚マラソンの紹介と結果
  5. 11月定例練習会・納会 2015年11月22日(日) 札幌・つどーむにて、焼肉一番にて
  6. フルマラソン1歳刻みランキング発表
  7. 2015年 北海道マラソンの結果
  8. びえいヘルシーマラソンの結果
  9. 大阪マラソン・関係者様へ御礼 吉田佳津夫
  10. 第40回釧路湿原マラソンの結果

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss