【おウマの玉手箱】

saikyokeiba

◎競馬最強の法則WEB http://saikyo.k-ba.com/ 人気の予想家・馬券術による予想、馬券師ブログ、予想大会、POG大会、中央競馬・地方競馬のレース&成績、データベース、馬掲示板など、競馬の総合情報サイト。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:6059
  • 累計のページビュー:23536489
  • (04月28日現在)

最新の記事

秋山ジョッキーに会ってきました!

今週は高松宮記念。秋山ジョッキーはビーナスラインに騎乗予定です……!(^^)! 昨晩、秋山真一郎ジョッキーの取材のため、栗東へ行ってきました(左はターザン山本さん、真ん中はカメラマンの高橋章夫さんです)。 ビールが2杯ほど入ってたんで、ちょっと顔が赤いのはご愛嬌です(^^♪ 久々に会ったのですが、以前の「王子様」的なビジュアルが少し落ち着いて、渋さが出てきました。やっぱり、結婚した......続きを読む»

大物関係者が集ったパーティに潜入!

一昨日の19日、とあるパーティに潜入しました!(^^)! ホテルベイ東急で行なわれた「川島正行厩舎年間100勝&通算700勝達成 恩謝の宴」は、競馬関係者、しかも大物ばかりがズラリ揃ったものすごいパーティでした。 昨年、川島厩舎が尋常でない成績を挙げたのはコチラでご紹介したとおりですが、公約どおり勝率3割、連対率5割をクリアした辣腕ぶりは、さすがに業界の顔役の面目躍如、といったと......続きを読む»

最強の法則の最新号が発売!

スイマセン、ずいぶんサボりましたm(__)m さて、まずは発売になりました『競馬最強の法則』4月号のネタから。 今回の特集は、この春のクラシック候補馬を清水成駿氏と、田原成貴氏が斬るという企画。果たして、清水成駿氏の◎は? 田原氏の乗りたい馬とは? 異種格闘技のような二人の激突に、ご期待ください。 で、まぁ、表向き?の特集の話はとりあえずこの辺で ^^; 今月号の編......続きを読む»

常石勝義ジョッキーの引退に……(ToT)/~~~

常石ジョッキーの引退について書きます、といったのに、1日遅れてスイマセン。なにせ校了真っ只中なもので……m(__)m さて、常石ジョッキーの引退には、個人的に非常に寂しく思いました。 引退式の模様をテレビや新聞でご覧になっていると思いますが、同期の和田ジョッキーが司会を務め、同期の出世頭・福永ジョッキー、常石くんの憧れ・武豊ジョッキーが花束贈呈を行なうなど、アットホームな雰囲気が、逆に彼の引......続きを読む»

それぞれの引退式に思うこと

先週の競馬は、少し寂しいイベントが多かったですね。 まずは土曜日。アタシはターザン山本さんと岐阜・笠松競馬場へアンミツさんのインタビューに出かけました。 翌日に笠松競馬場での引退式を控えたアンミツさんは、JRAへ移籍する喜びと笠松に別れを告げる寂しさとが交錯した、複雑な表情をしていました。 どれほど厳しい「受験対策」をして合格をもぎとったのか、は次号の「競馬最強の法則4月号」を......続きを読む»

アンミツさんにアポがとれました!

今年の初GIフェブラリーSはいかがでしたか? アタシは、競馬データJRA-VANを主催するターフ・メディア・システムがやってるSNSに参加しているのですが、今年ここで初めて予想に挑戦しました……が、撃沈(^^ゞ   ここには市丸博司さんやTARGET製作者の久根崎さんなどの「プロ」も参加していて、面白いですよ! で、アンミツさん。 美浦・菊川厩舎(ナント菊川師は44歳で、アンミツさん......続きを読む»

吉田稔ジョッキーの不合格について

吉田稔ジョッキーが、JRA騎手試験で不合格になりました(T_T)/~~~ ちなみに、アンミツさんは合格したそうです。午後には会見が開かれるようですから、せっせと勉強して一次試験から難関を突破した”最年長ジョッキー”の苦労は明日の新聞で大々的に語られるはずです。 さて、吉田稔ジョッキー。ホントに悲しい……。 昨年の不合格以来1年間、アタシはずーっと考えていました。JRAが「彼だけ」を不合......続きを読む»

NAR賞でのウチパク発言について

さて、昨日書いたとおりNAR賞の授賞式へ行ってきました。 年度代表馬(アジュディミツオー)、2歳最優秀牡馬(フリオーソ)、2歳最優秀牝馬(チャームアスリープ)、最優秀短距離馬(ネイティヴハート)の主戦を務め、4冠ジョッキーに輝いたウチパク。それだけに、会場での存在感はバツグンでした(パーティー終了後も、抽選で招かれた一般ファンからサイン&写真攻めにあっていて大変そうでした。にもかかわら......続きを読む»

ウチパクのJRA受験は来年からでした、ゴメンm(__)m

ナントお恥ずかしい……お詫びです。 実は昨日書いた内田博幸JのJRA騎手試験受験のネタですが、内田Jは「20勝以上×2回」の規定を昨年クリアし、JRA騎手試験一次の免除特典を保有したのですが、その権利は来年から有効になるんだそうです……スイマセン。 つまり、今回の二次試験は受験資格がなかっただけで「受験しないことを選んだ」ってことではありませんでした。ご指摘くださった方々、ありがとうござ......続きを読む»

内田博幸Jが中央移籍の道を選ばなかった理由

昨日、JRA騎手試験の二次試験が行なわれました。 吉田稔J、アンミツJの受験がニュースで伝えられている一方、20勝以上×2回の条件をクリアして二次試験の受験資格を持っている内田博幸Jは昨日、船橋競馬に参戦していました。 先日ブログで書いたとおり、アタシ自身もこの内田Jの動向に注目していましたが、ほかにも気になっていた方も多いのでは? 結局、内田JはTCKに残る選択をしたわけで、中央の馬......続きを読む»

地方競馬で儲けるために

川崎記念、一点勝負! 本誌でも連載中の馬券師・仲谷光太郎さんをご存知ですか? 彼はここ数年、馬券&株の上がりで生活を続け、奥さんとふたりで東京ベイエリアの高層マンションに暮らしています。しかもナント、そのマンションさえも馬券で購入してしまった、という人物。そんな彼が、サンスポ公認の競馬サイト【Umanity】http://umanity.jp/で「川崎記念の3連単を1点勝負する」と公言し......続きを読む»

藤田ジョッキーの騎乗停止について

スイマセン、約10日間も風邪で寝込んでしまいました。ったく、年明け早々の忙しさもあって踏んだり蹴ったりの日々です……。 さて、ずいぶん古い話で恐縮ですが、藤田Jの暴行事件の話を。 年末の「藤田騎手が飲食店で暴行、書類送検へ JRAは騎乗停止処分に(サンスポ)」には驚きました。 前人未到の10年連続フェアプレー賞獲得に向けて黙々と騎乗していただけに、あと1週を残した年末にこの不祥事……本人の......続きを読む»

内田博幸Jの動向が気になる今日この頃

本当に遅ればせながら、 あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします<m(__)m> すでに金杯も終わり、07年の競馬もスッカリ幕開けしてしまいましたが、新年しょっぱなのネタは、いまアタシが一番気になっている話から。 1月末に行なわれる予定のJRA騎手試験の第二次試験を内田博幸ジョッキーは受験するのでしょうか? 我々が馬券を買う上で、内田ジョ......続きを読む»

ディープ有終の美と、東京大賞典

さて、遅ればせながら有馬記念のご報告を。 すでに新聞・テレビで報道の通り、有馬記念の日の競馬場は、意外にも空いていました(アタシなんか競馬場到着が13時と出遅れたのですが、競馬場前の道はスキスキだし、関係者用の駐車場にもスペースに余裕アリアリ)。 後になって知ったのですが、前売りをずいぶん減らしていたとか。JRAさん、商売下手ッスね~(^^ゞ さてレース。さすがに有馬記念ともなるとスタ......続きを読む»

有馬記念前にあった面白いこと

今年の有馬ウィークは、実に面白いことがたくさんありました。 終わってみれば有馬記念はディープのラストランにふさわしい内容でしたが、先週は年末進行ど真ん中でまったく書けなかったので、ここで少し振り返ってみたいと思います。 まず12月20日。この日はターザン山本さんと、フサイチこと関口房朗氏のバースデーパーティに行ってきました(ちなみに71歳だそうです!)。ド派手な演出は相変わらずでしたが、中で......続きを読む»

有馬記念、ペリエ騎乗のポップロックが怖い!

月曜日、ペリエ騎手のインタビューをしてきました。 昨年の同じ時期にもお話を聞く機会があったのですが、いつ会ってもフレンドリーで気さく、肩の力が抜けていて、とても話しやすいジョッキー。ま、それは普段の彼の仕草や、勝利ジョッキーインタビューで充分みなさんもご存知ですよね。 今年もペリエ・マジックは炸裂中。来日早々2つの重賞をポンポンと勝ちましたが、その内容がお見事。これまで「イマイチ......続きを読む»

大西ジョッキーの引退に思うこと

今年も残すところあとわずか。有馬記念まで10日になりました。 最強の法則でも雑誌進行において「年末進行」ってのがありまして、現在は超忙しいところです。更新が遅れててスイマセン。 さて、今週は大西直宏ジョッキーのラスト騎乗が注目されていますね。 大西さんといえば、97年サニーブライアンの日本ダービー勝利が印象に残っています。鮮やかな逃げ切りで皐月賞、ダービーの二冠は忘れられません。 し......続きを読む»

朝日杯FSの不穏なデータ、教えます!

今週は朝日杯FSがありますが、皆さんのペーパー馬は出走しますか? 前回、我が編集部でもPOGをやっていて「阪神JFでワン・ツーをきめられてしまった_| ̄|○」という話を書きましたが、今週はアタシのPO馬・フライングアップルが登場!  リーディングを突っ走るKAZUの底力を発揮してもらいたいものですが、日本一カタイGIだけに、オースミダイドウで決まりかな……(^^ゞ と思っていたら、ナン......続きを読む»

POG★ジュべナイルFでワン・ツー決めたヤツ

ようやくアストンマーチャンが負けた……と思ったら、2着のウオッカも同じ人の持ち馬だった……というホントの話(T_T)/~~~ 我が編集部も、競馬好きのライターさんやデザイナーさんとともに毎年、2歳馬POGゲームを楽しんでいます。10頭持ち&ダービー・ルールですので、来年のクラシックを睨むこの時期の重賞は非常に重要。そんな中、ひとりブッチギリでトップを走るのが、競馬データ屋&ライターの柿谷陽介さ......続きを読む»

アンミツのJRA一次試験合格に驚き&水上予想、絶好調!

更新がすごく遅くなってスイマセン。JCでのディープ優勝の余韻もスッカリ冷めてしまいましたね。アタシの期待していたデットーリも、なーんか案外だったし……(^^ゞ さて最近、なんだか気になる細かい競馬ニュースがいろいろあったので迷うのですが、とりあえず非常に悔しかったニュースについて。 アンミツ騎手、中央騎手試験一次突破! このニュースは驚きました。実は本誌でもこの噂を掴んで調査を進めてい......続きを読む»

水上学のJC&JCダート予想がもらえるチャンス!

さてさて、ジャパンC、ジャパンCダートが遂に秒読み。 とはいえ、明けてみればJCは外国馬2頭、JCダートはゼロ。これで、いったい日本一高い賞金まで出してまで施行する価値ってあるのでしょうか……。 さて、こんなJCのために、これまで名馬があたら潰されてきたのをご存知か。 JCに3歳馬を出走させるために、2000年に菊花賞の施行時期を2週早めたのだ。これによって夏の休養期間は短くなるは、3......続きを読む»

今週は、マイルCSよりデットーリでしょう!(^^)!

エリザベス女王杯は、あんまりな幕切れでした。 先週応援文を書いたカワカミプリンセスは、充分な強さをアピールしましたが、まさかの降着。馬券で痛い思いをした方もホントに多かったでしょう。ご多分に洩れず私もそんなひとりですが、そんな降着よりも本田さんのひと言は、何とも嫌な後味でした。 「引退する」 新聞では様々な形で報じられていますが、本田騎手は降着の裁定が下りたあと、ジョッキー引退を示唆す......続きを読む»

カワカミプリンセスはファインモーションになれるか?

カワカミプリンセス、無敗の古馬GI奪取はなるでしょうか? かつてファインモーションという馬がいました。大種牡馬・デインヒルの仔で、武豊ジョッキーを背にデビュー6連勝でエリザベス女王杯を制した馬です。 この馬は私が連載を担当する伊藤雄二調教師の管理馬。当時の取材では、この「お嬢」(伊藤雄二厩舎のスタッフの間で、ファインモーションはこう呼ばれていました)について様々な話を伺いました。 ......続きを読む»

デルタ&ポップのメルボルンC圧勝に驚いた!

デルタブルースがメルボルンCを勝つなんて! オーストラリア遠征していた角居勢の2騎が、メルボルンCでワン・ツーを決めました。おお! メルボルンCといえば、高額賞金が有名です。1着賞金は約2億7000万円ですから、ジャパンカップよりも高いし、国際GIのハンデ戦というのも、ギャンブル心をくすぐりますよね(実はこの話、森調教師から聞いたんです。森先生はかなり早くからこのオーストラリアGIの「賞......続きを読む»

伊藤雄二調教師は凱旋門賞をどう見たか

天皇賞のダイワメジャー、強かったですよね。 実はアンカツさん、戦前からかなり自信があったとのこと。しかも「速い流れなら」と。まさに、彼の思惑通りのレースでした。でもディープインパクトが出ていたら、あの速い流れで直線ビューッとキレてやっぱり1着になってただろうな、と思ってしまいました……。 さて、池江さんがようやく「身の潔白」について話をしたようです。ですが成分が検出された以上は、......続きを読む»

アドマイヤムーンが天皇賞をどうしても勝ちたい理由

いろいろありましたが、今週は天皇賞です。 一連のディープ騒動で、競馬のイメージは地に堕ちた感が。その上、期待してた三冠馬も生まれなかったし。嗚呼…… ディープインパクトが悪いんじゃないし、サムソンの問題でもないのはいうまでもありません。ですが、取り巻く人間たちの様々な問題で、せっかく盛り上がった競馬熱が廃れていくのは、非常に寂しい限り。「日ハムの新庄が大活躍するも日本シリーズ最終戦で負け......続きを読む»

ディープ騒動でもっとも腹立たしいこと

昨日夕方のニュースは衝撃でした。 「ディープから禁止薬物反応」という報道は、オリンピックのメダリストにおけるドーピング違反級の扱い。 今日の日刊スポーツにはこんな記述があります。 『インパクトにはあまり知られていない弱点があり、気管支が炎症気味のとき、イプラトロピプムに似たぜんそく薬(日本では禁止されていない)を吸引させていた。気管支が拡張されて呼吸が楽になり、走るスピードが増す。……』 ......続きを読む»

なぜサムソンは人気が出ないのか

いい天気が続いていますね。 週間天気予報を確認しましたが、週末の淀競馬場もお天気→くもりの予報ですので、気持ちのいい菊花賞が見られそうです。とはいえ、サムソンは重馬場上手。少々湿っていたほうがいいだけに、土曜日に雨が降れば……。とはいえ、土曜日も晴れ予報です(ーー;) さて、サムソンに三冠馬になって欲しいひとつ目の理由を前回書きましたが、今回はもうひとつ。ポイントはサムソンのお父......続きを読む»

三冠馬誕生は、もはや必要不可欠なもの 

菊花賞が迫ってきました。 ようやくディープ・ショックが抜けたのはいいのですが、来年の競馬のためにも、ここで三冠馬が生まれなければ……という切羽詰った状況になってきました(T_T)/~~~ もうご存知でしょうが、ディープインパクトの前に誕生したに三冠馬も、二年連続でした。シンボリルドルフです ※ こう書きましたが、たった今読者の方からご指摘が。ディープの前は「ナリタブライアン」でした......続きを読む»

ディープインパクトに岩田が騎乗!?

秋華賞です。 ……とはいっても、ディープ・ショックのあとでは、牝馬クラシックのG1も少々色あせてしまいますね。 おっと、大事なニュースを先に。本日我が『最強の法則11月号』が発売になりました。コンビニ、書店で是非手に取ってください!! さて、ディープの引退については一通り報道がされました。突然ケータイで引退通告された池江先生の気持ちを思うと「それって、どうなの」ってカンジで......続きを読む»

1 2 28 29 30 31 32 33 35

このブログの記事ランキング

  1. 【最強ヒストリー】 バックナンバー
  2. 有馬記念【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】
  3. 【最強ヒストリー】 ウオッカ
  4. 有馬記念【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】
  5. 菊花賞【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】
  6. 【宝塚記念】攻略データ&トラックマン注目馬情報
  7. 【最強ヒストリー】 ディープインパクト
  8. NHKマイルC【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】
  9. 阪神ジュベナイルフィリーズ【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】
  10. マイルチャンピオンシップ【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss