スコログ

数ヶ月に1回くらい更新されます

s_co_log

HN:Alan Hetarade (アラン・ヘタレイド)
  • 昨日のページビュー:57
  • 累計のページビュー:3101818
  • (08月23日現在)

最新の記事

今後の運営方針に関するお知らせ

こんにちは。なかなか記事が投稿出来ていないのですが、いつもこのブログをごらんになっている皆様には感謝すると共に、申し訳ない思いがあります。自分自身でも記事を書きたいのですが、なかなか時間的な余裕が無かった上、欧州サッカーを観戦できる環境がこれまでありませんでした。 しかしこのたび12月より、「スカパー! サッカーセレクション+UEFAチャンピオンズリーグセット」に加入いたしましたので、お知らせ......続きを読む»

気温との戦い ~寒さから暑さへ~

とにかく今日の東京国際マラソンは、雨、それによる低温との戦いであった。 タイムが伸びなかったのは、気温と雨が選手の身体を冷やしたからであるというのは、誰もが分かることである。そのためにタイムが伸びなかったというのは致し方ない部分があり、寒いレースはあまり経験していない高橋がうまく対応できなかったために負けた、という見方も出来る。 しかしそれでも、前半のハイペースは少し興味深い。解説でも言......続きを読む»

シューマッハー引退に際して

彼の最後のレースは4位だった。不運なレースではあったが、観る者を魅了する走りだった。 考えてみれば、彼があのように後方から猛追するレースは、ここまでものものはあまり無かったはずだ。02年や04年に圧倒的な強さを見せていたときは、スタート直後から殆どカメラに映らないレースが殆どだったし、それ以外でも常にグリッド上位から、首位争いをしていた。 そうなる印象というのは、やはりフェラーリの車が壊......続きを読む»

セルティックの前進

セルティックVSコペンハーゲンを観戦した。 FCコペンハーゲンというのははじめて見るチームだったが、今日は両チームとも疲れからか動きに精彩が無く、正直なところあまり見るべきところが無かった。 コペンハーゲンはTV解説の清水氏が言っていた通り、速攻ではいい場面を作るものの、ゆっくり攻めた時にはなかなかエリア内で良いボールキープが出来なかった。特に後半はペースを握ってこそいたものの、FWにボ......続きを読む»

まったく

この人は何を言っているんだか(苦笑) 大会の発展という点から言えばいつまでも日本で開催するわけにはいかないですし、更に集客のために出場クラブに選手獲得を打診するなんて、越権行為も甚だしいですな。 しかもそこで持ち出すのが中田の名とは・・・・ 冗談になってないぞ。いつまで中田の意思を踏みにじる気だ。 まったく、早く辞めてくれと切に言いたいです、マジで。コイツがトップに居ると、日本......続きを読む»

苦節7年

ようやくこのときが来た。ジェンソン・バトンが、遂に優勝した。 今日の表彰台3人の顔ぶれは、非常に感慨深い。バトンがデビュー114戦目での優勝。更に2位のデ・ラ・ロサは、デビューから8年目、なんと35歳での初表彰台。ハイドフェルドも、久々の表彰台である。 3人の経歴を振り返るだけで、如何に苦労してきたドライバーかが分かる。バトンは言うに及ばず。ウィリアムズから多大な期待を背負ってデビューす......続きを読む»

協栄ジム&日本協会の勝利

亀田興毅がなんとか世界チャンピオンになった。 とりあえず判定云々は抜きにして、試合を振り返ってみる。 まず、クリンチが圧倒的に少なかった。まぁ11Rあたりで亀田がホールディングに行っていたのではあるが。 次に、手数に圧倒的なまでの差があった。ランダエタが8回パンチを打つ間、亀田が文字通り“亀”になっているシーンなどは、もう見慣れたものだった。まぁ亀田もランダエタの3分の1くらい......続きを読む»

“恩赦”発動

イタリアサッカー界の不正問題について、上訴審の判決が出た。 結論から言うと、「あまりに処分が軽すぎる」というのが率直な感想だ。一番重要なのは、フィオレンティーナとラツィオの降格が取り消されたこと。更にミランはCLにも出場できるし、今シーズンの減点も限りなく少なくなった。ユヴェントスに関しても、今回の判決でより一層、1シーズンでのセリエA復帰が濃厚になったと言えよう。 つまるところ、何のた......続きを読む»

イタリアと日本のサッカー界の未来

ついに、世界を震撼させたイタリアの不正問題について、決着がついた。処分内容を見ていくと、概ね妥当なものだと感じる。 とりあえず最初に触れておかねばならないのは、この処分を受けたユヴェントス、ミラン、フィオレンティーナ、ラツィオの4チームが、05-06シーズンで本来ならばトップ6の内に全て入っていたという点である。ヨーロッパカップへの出場権を獲得した7チームのうち、実に4チームが処分を受けたこと......続きを読む»

暴れん坊の幕引き

ファン-パブロ・モントーヤが、07年からはNASCARに参戦することが決定した。 当初はレッドブルへの移籍かとも言われていたものの、クルサードが活躍した事や、レッドブルが配下に多数のドライバーを抱えていることにより、それも叶わなくなった。結果、彼の居場所がF1フィールドから無くなってしまったため、今回の決断に至ったのだろう。 思い出してみると、特にデビューから3年間は、モントーヤは鮮烈な......続きを読む»

夢の終着点

なかなかの好ゲームだった印象を受けた。 はじめに断っておくが、私は普段の行いが悪かったせいか試合開始時には起床することが出来ず、後半開始以降の試合しか観戦していない。 とりあえず後半は多くの時間をフランスが支配していたが、カテナチオを突破するだけの力は無かったということだろう。何よりあのジダンの決定的なヘディングのシーンもそうだったが、一番最後にブッフォンが控えているゴールから得点するの......続きを読む»

JFAの迷走と暴挙

本当にここ最近は、日本サッカー協会絡みの記事を見るたびに、どこか心が沈んでいく思いがする。 オシム騒動 ご存知の通り、この騒動は川淵氏の“失言”から始まった。事実関係は私がいちいち書くより、昨日行われたジェフの報告会の内容を見ていただいた方が一目瞭然であるはずなので、参照していただきたい。 このジェフ側の見解を見ていて感じるのは、如何にJFAが身勝手に“オシム日本代......続きを読む»

3位決定戦

対照的な両チームの結果となってしまった。 まずドイツだが、今日は事実上、シュバインシュタイガーの独壇場だったと言って差し支えない。ポルトガルのディフェンスを統率してきた、しつこいマークをするカルバーリョが居なかった影響が大きいだろうが、エリア前でやりたい放題、大暴れした。イエローカードを貰ったのはご愛嬌としても、大会の最後に強烈なインパクトを残してくれた。 但しシュバインシュタイガー以外......続きを読む»

“最後の戦い”に向けて

いよいよワールドカップも、残り2試合となった。世界中の人々が熱狂した“お祭り”も、あと少しである。 3位決定戦にはドイツとポルトガルが、決勝戦にはイタリアとフランスがそれぞれ進んだわけだが、この組み合わせは強豪国同士とはいえ、開幕前に予想されていたそれとは随分違うのではないか。 優勝候補の筆頭と目されていたブラジル、アルゼンチン、オランダ、スペインといったあたりは既に居ない。イタリアとポ......続きを読む»

中田英寿引退について

ある程度、近々に彼が引退するであろうことは予測していたが、このタイミングで発表したことには驚きを隠せない。 引退の要因を考えてみると、やはり第一は、近年の彼のプレーであろう。パルマやフィオレンティーナではチャンスが与えられること自体が希薄だったし、ボルトンに移った今季も、大きな成果が得られたわけではなかった。プレースタイルも大幅に変化し、ドワイト・ヨークのように、以前は前線で動くアタッカー......続きを読む»

2010年W杯メンバー予想 ~次世代の飛躍~

”リアル”での水泳の練習が忙しかったため、更新が滞ってしまいました。すみません。 さて、日本代表はブラジルに敗れ、今大会から姿を消してしまった。 もっとも私はイタリアvsチェコの試合の方を見ていたために、日本戦が行われた時間は寝ていた。しかも今日の帰宅後も、むしろオーストラリアvsクロアチアの方を見たため、未だに日本戦は観戦していない。 今大会を通じてある意味で驚かされたのが、......続きを読む»

2006W杯 ~10日目~

グループF クロアチア 0 - 0 日本 なんだか見ていて歯がゆい試合だった。両チームの監督が、一番ストレスが溜まっていると思う。適切な采配をし、指示を出し、しかし点が奪えないのだ。 まず第一に言及しなければならないのが、日本のCBの2人、宮本と中澤の、ワールドカップのレベルとは思えない不安定さだ。何をしにピッチに立っているのか理解に苦しむような凡ミスを前半に連発した。しかも宮本は次戦は出......続きを読む»

特別予想記事 日本vsクロアチア

試合毎の勝敗予想は決勝トーナメントに入ってからにしようと思っていたのだが、せっかくなので日本代表のに関しては、予想を立ててみようと思う。 因みに私は日本vsオーストラリアは2-1でオーストラリアが勝つなどと非国民的な予想を立てていた。日本にはその予想を覆してほしいと期待していたものの、結果としてはそれより悪いものになってしまった。 なお非国民と言われようが、私の個人的な感情は一切抜きにし......続きを読む»

2006W杯 ~9日目~

グループD ポルトガル 2 - 0 イラン アンゴラ戦もそうだったのだが、ポルトガルの戦いというのはどうも今大会では霞んでしまう。全体の攻撃として考えた時に、何かインパクトが無い。 とはいえ、試合としてはポルトガルが支配する試合ではあった。特に復帰したデコは、チーム内での存在感というものを見せた。またアンゴラ戦で殆ど見せ場が無かったロナウドだが、今日はまずまずの動きだったと思う。 しかし......続きを読む»

2006W杯 ~8日目~

グループC アルゼンチン 6 - 0 セルビア・モンテネグロ 一言。「見ての通り」である。 とにかくアルゼンチンは出場していた全ての選手が素晴らしかった。攻撃にしろ、守備にしろ・・・・・ リケルメが組み立てる攻撃は完璧であり、ソリンとともに攻守の繋ぎを見事に行った。ストライカーの決定力も言うまでもない。2列目からの攻め上がりも良い。サイドからも崩せる。中央突破もできる。個人技も、パスワーク......続きを読む»

2006W杯 ~7日目~

グループA エクアドル 3 - 0 コスタリカ ここまで一方的な展開になるとは、さすがに予想していなかった。 ドイツ戦で2ゴールを挙げたコスタリカだが、ディフェンスラインを下げた上で中央を固めるエクアドルの術中にまんまとはまった。攻撃のオプションを一つしか持っていなかったことが発覚し、それを封じられたチームに為す術は無かった。 エクアドルが優れているのは、まずもって運動量である。3点目な......続きを読む»

2006W杯 ~6日目~

グループH スペイン 4 - 0 ウクライナ スペインの充実振りがうかがえる試合だった。 予選では決定力不足に悩まされてきたスペインだが、ビジャの登場がそれを払拭させている。今シーズン躍進したバレンシアを支えたビジャだが、やはり伊達ではない。大舞台でも力を発揮できており、大会前から言われていたことではあるが、得点王の有力な候補であると見て間違いない。 また、セナとペルニアという2人の帰化......続きを読む»

2006W杯 ~5日目~

グループG 韓国 2 - 1 トーゴ チェコvsアメリカを録画観戦していたため、この試合は前半のダイジェストと後半しか見ていない。 その中では、韓国というチームに対し、特に強い印象はない。特にディフェンスラインは穴だらけだ。自らボールを失い、トーゴにあわやという場面を提供していた。失点シーンも、半ば自滅的である。 それでも韓国が勝てたのは、ひたすら勝負に徹するしたたかさを持ち合わせていた......続きを読む»

2006W杯 ~4日目~

グループF オーストラリア 3 - 1 日本 今大会ここまでで最もエキサイティングな試合だった。 日本の1点目はキーパーチャージと取られてもおかしくないプレーだったが、シュウォーツァーがミスをした事は確かであり、前後のプレーを考えてみても1点を取るにふさわしい場面だったといえる。 それにしても、つくづくヒディンクという監督には驚かされる。もはや神がかった采配だ。交代選手がことごとく得点に......続きを読む»

2006W杯 ~3日目~

グループC オランダ 1 - 0 セルビア・モンテネグロ “ロッベンさまさま”である。今日は彼のショータイムだったと言える。本当に素晴らしい。スピードも速いし、シュートも鋭く、決定力がある。今大会、大いに暴れることを予感させてくれた。 しかしそのほかに幾つか決定機があったものの、オランダがそれをものにできなかったのは、やはりある程度はSCGの守備も機能したのだろう。但し失点した時間帯。あの......続きを読む»

2006W杯 ~2日目~

グループB イングランド 1 - 0 パラグアイ 私が優勝候補と予想したイングランドの試合で、非常に楽しみだったのではあるが、内容は期待はずれに終わったと言える。 記録はオウンゴールとなっているものの、あれは事実上はベッカムの得点である。あのFKは素晴らしかった。しかしその他には、チャンスらしいチャンスといえばランパードが幾度か枠内に飛ばしたくらいであった。 クラウチに対する判定が厳しす......続きを読む»

2006W杯 ~1日目~

グループA ドイツ 4 - 2 コスタリカ ドイツにはスーパーゴールが相次いだ。特にフリングスのゴールは素晴らしかった。大会の幕開けに相応しい、華々しい試合だったといえる。そして何よりドイツにとって頼もしいのは、クローゼが好調なことである。バラックの穴も埋まっていたし、攻撃陣には全く不安はない。 一方のコスタリカだが、ゴメスとワンチョペというコンビはなかなかのものである。2得点を奪って衝撃......続きを読む»

1次リーグ予想

さて開幕まで2時間あまりとなってしまったが、1次リーグ突破チームの予想をする。 残念ながら私は開幕戦を生で観戦することはできないが、しかし4年に1度の祭典がもうすぐ始まるのかと思うと、胸躍らずには居られない。 なお、予選を通過と私が予想したチームは、赤色の文字で表す。敗退するチームは、水色で表す。 グループA ドイツ コスタリカ ポーランド エクアドル やはりドイツの......続きを読む»

1 2 23 24 25 26 27 28 29 31

このブログの記事ランキング

  1. もはや美談にできない野口みずきの「走った距離は裏切らない」
  2. 本当にモイーズが諸悪の根源なの?
  3. リヴァプールvs.ハル・シティー観戦記~夢のアンフィールドへ~
  4. レスターじつは守備も良くなってるよ
  5. “アディショナルタイム12分”を見て色々調べてみた
  6. 私が選ぶEURO2012ベストイレブン
  7. リヴァプールファン悲喜こもごもの5年間
  8. それでいいの?イングランド代表…
  9. 帰ってきた“エース”藤原正和 【東京マラソン】
  10. アトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシア観戦記 ~シメオネ監督大人気~

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
02
01
2015
12
09
2014
05
04
03
01
2013
12
10
02
2012
11
10
08
07
06
2011
05
04
03
02
2010
10
09
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss