スコログ

数ヶ月に1回くらい更新されます

s_co_log

HN:Alan Hetarade (アラン・ヘタレイド)
  • 昨日のページビュー:73
  • 累計のページビュー:3095587
  • (03月28日現在)

最新の記事

リヴァプールとチェルシー、大編成の意図

■“デッドライン”ギリギリの大補強 今冬の移籍市場がクローズとなる1月31日、多くのチームが補強に動いた。日本では長友のインテル移籍が大きく報道されているが、やはりヨーロッパ全体で見た場合、プレミアの2チーム、リヴァプールとチェルシーが行った補強が、最も注目される動きと言っていいだろう。 まず何といっても、フェルナンド・トーレスがリヴァプールからチェルシーに移籍したことが挙げられる。1月30......続きを読む»

アーセナル戦に見た、ジョー・ハートの進歩と課題

ヒーローになり損ねた男 先週末のプレミアリーグで最大の注目を集めたカードは、何と言ってもマンチェスター・シティーvsアーセナルのゲームであった。潤沢な資金を基にした大幅な戦力補強が遂に結果に繋がり、2位という順位につけたシティー。対するは、こちらも例年にない堅実な補強で選手が厚みを増し、今シーズンこそタイトル奪還が可能ではないかとの呼び声が高い3位のアーセナル。両雄の対決は、並々ならぬ緊張感の下に......続きを読む»

好調マインツ、手詰まりバイエルン 【バイエルン・ミュンヒェンvsマインツ】

Bayern München 1-2 FSV Mainz 05 【B:45.OG(Bo Svensson)】 【M:15.Sami Allagui, 77.Ádám Szalai】 ・・・・はい!というわけで、更新が途絶えて3カ月超、殆ど存在を忘れ去られていたであろう今日、突如復活致します。しかもブンデスで(笑) とは言いましても、やはり一時期ほどはあまりフットボールの試合を見られて......続きを読む»

今後のブログ更新について

こんにちは。ワールドカップの波にイマイチ乗り切れていない Alan Hetarede です(笑) あまり私個人の事情を書いても仕方ないのですが、いちおう現状のご報告と、今後の当ブログの運営、更新形態について、記しておきたいと思います。 ■エントリーの減少について まず今年度に入ってからカレンダーにぽっかり大きな穴が空きまくっている現状ですが、これは完全に私の学業の都合によります。実を言う......続きを読む»

「いかに上手く負けるか」問われるオランダ戦

■加熱する期待と、絶望的なまでの現実 あの奇跡的とも言って良いカメルーン戦での勝利を受け、その余韻が冷めやらない中、日本時間の今夜、日本とオランダのゲームが行われる。 カメルーン戦後の報道の過熱、及び日本国民のワールドカップへの注目度の高まりは、あの02年日韓大会を彷彿とさせるものがある。誰も期待していなかった、予想していなかった大会前の状況からすると、これが同じ国なのか、というほど日本代表......続きを読む»

絶対に“負けられない”戦いがそこにあった

■無難な船出を選択した4チーム いよいよ4年に1度の祭典、FIFAワールドカップが開幕した。開幕戦では開催国南アフリカがメキシコと対戦し、1-1のドローに。続いて行われたウルグアイvsフランスのゲームは両者とも決め手を欠き、0-0に終わった。 スカパーの放送では、コメンテーターとしてスタジオにトルシエ氏、そしてグラーツからの衛星中継でオシム氏という元日本代表監督の両者を招き、ハーフタイムと試......続きを読む»

歴史的大逆転 【ジロ・デ・イタリア第11ステージ】

ちょっと感覚が開いてしまいましたが、ジロについて。 さて泥だらけの第9ステージなどを経て、本格的な山岳ステージに入る前から総合が大きく動いている、今年のジロ。その流れも影響したのか、昨日の第11ステージでは今大会の行方を決定しかねない、致命的ともいえる大逃げが決まりました。 結局、ヴィノクロフ、バッソ、ニーバリ、エヴァンス、ガルゼッリといった辺りの総合優勝争いに“残っている”と思われ......続きを読む»

新城幸也、あと一歩・・・・ 【ジロ・デ・イタリア第5ステージ】

その後もジロは見ていたのですが、なかなか記事を書く時間が取れず、第5ステージまで飛んでしまいました(コメントのお返しは、今日の夜にやります・・・・) そしてその第5ステージですが、ブイグテレコムの新城幸也が逃げに乗っているということで、放送開始時からテンションが上がりまくり(笑) Saschaさんは呂律が回らずエラい事になってましたが、そんなのも楽しみつつ観戦。 で、じつはその後途中......続きを読む»

数字で振り返る09-10プレミアリーグ

09-10シーズンのプレミアリーグは、チェルシーが優勝を飾った。 シーズン終了後の興奮もさめやらぬ、またFAカップ決勝を週末に控えた中ではあるが、改めて“数字”に着目し、今シーズンのプレミアリーグを振り返ってみようと思う。 ■チェルシー 86ポイント 優勝したチェルシーが獲得した勝ち点は、86ポイント。これより低いポイントで優勝したチームは、02-03シーズンのマンチェスター・......続きを読む»

フルアム、グレート・ジャーニーの終焉 【EL決勝】

Atlético Madrid 2-1 Fulham 【A:32,116.Diego Forlán】 【F:37.Simon Davies】 第1回大会のファイナルを飾るに相応しい、素晴らしいゲームだったのではないでしょうか。 冒頭で1つ書いておきたいのが、今シーズンのCLではプレミア勢がベスト8までに敗退、バルセロナも準決勝で敗れたことで、「ここ数シーズン続いていたイングランド、スペイ......続きを読む»

“岡田監督としては”順当な23人

とりあえず、現段階でのポジション別の簡単な感想をば。 ■GK まぁ、妥当な3人でしょう。 川口の選出に関しては、正直なところプレイだけを取れば他に呼ぶ選手がいた気もしますが、やはり前回ワールドカップで失敗した要因の1つとして、チームのリーダー不在による団結力不足がある。そういった背景がある以上、明確に川口にその役割を与えるのは、悪くない判断でしょう。 現状、正GKが楢崎一択と......続きを読む»

強い者はやっぱり強い 【ジロ・デ・イタリア第1&第2ステージ】

えー、今こそこの言葉を使うときも無いでしょう。生きてます(笑) この4月から学業がかなり忙しくなった事、また週末に外出しなければならず、なかなかフットボールの生中継を見ることができなくなり、タイムリーなブログ更新ができなくなった事。そして何より、自分の勉強不足で昨今のスポーツについて諸々語れるだけの引き出しが無くなってしまった事です。 とはいえワールドカップも間もなく始まりますし、何......続きを読む»

サー・アレックス、“勝負師”としての判断は? 【マンチェスター・ユナイテッドvsバイエルン】

Manchester United 3-2 (AGG:4-4) Bayern München 【M:3.Darron Gibson, 7,41.Nani】 【B:43.Ivica Olić, 74.Arjen Robben】 というわけで、またしばし潜っておりました。すみません。今年はずっとこんな感じかもしれない・・・・ さて、このカードのファーストレグ、そして先週末のチェルシー戦と......続きを読む»

チェコの1部リーグで八百長疑惑が浮上

今のところ日本ではまったく報じられていない状態ですが、チェコのサッカー1部リーグ、ガンブリヌス・リーガに於いて八百長事件が発覚したので、ピックアップします。久々に書くチェコのニュースがこんな話題になってしまって、非常に残念なのですが・・・・ 事件が発覚したのは、先週末から今週の始めにかけて。08-09シーズンの最終節、シグマ・オロモウツvsボヘミアンズ・プラハのゲームに於いて、当時EL出場......続きを読む»

湘南の失敗繰り返した川崎 【横浜Fマリノスvs川崎フロンターレ】

Yokohama F Marinos 4-0 Kawasaki Frontale 【Y:8.Shunsuke Nakamura, 12,40.Koji Yamase, 60.Yuzo Kurihara】 う~ん。一言で言ってしまうと、川崎の研究不足。それで全てが終わってしまった感のあるゲームでした。 マリノスは2週続けての神奈川ダービー。スタジアムも、ホームの日産スタジアムという事で変......続きを読む»

備忘録 【セヴィージャvsCSKAモスクワ】

Sevilla 1-2 (AGG:2-3) CSKA Moskva 【S:41.Diego Perotti】 【M:38.Tomáš Necid, 55.Keisuke Honda】 いやー素晴らしい!チェコ代表と日本代表がゴールを決める、1度のゲームで2度おいしい試合でした(笑) やってくれましたね、本田。流石にこのゴールには、興奮せざるを得なかった・・・・ 中村俊輔がオールド・トラッ......続きを読む»

ジョゼ・モウリーニョがもたらしたもの 【チェルシーvsインテル】

Chelsea 0-1 (AGG:1-3) Internazionale 【I:78.Samuel Eto’o】 ■尋常ならざるテンション ジョゼ・モウリーニョと、カルロ・アンチェロッティ。片やかつては相手チームを率いて頂点を極め、片やかつては相手のライバルチームを率いて覇を争った男である。 現在は立場を変えて対戦した両監督だが、唯一の共通項とも言えるポイントがある。どちらもCLのタイト......続きを読む»

備忘録 【リヴァプールvsポーツマス】

Liverpool 4-1 Portsmouth 【L:26,77.Fernando Torres, 28.Ryan Babel, 32.Alberto Aquilani】 【P:88.Nadir Belhadj】 正直今シーズンのポーツマスに関しては、如何にピッチ上での選手のパフォーマンスがぐだぐだだろうが監督がそれを打破する采配を示せなかろうが、ある程度は仕方のない事だと思っています。それ......続きを読む»

備忘録 【浦和レッズvsFC東京】

Urawa Red Diamonds 1-0 FC Tokyo 【U:19(PEN).Robson Ponte】 ブログの更新(特にサッカー関連)については今後どうしていこうかなぁと少し考えているところでありまして、どうも今見ている試合について全部長々と記事を書く余裕もありそうにない。しかし、せっかく見た試合について、な~んにも書かずにスルーってのもなぁ・・・・という気がして、あれこれ考えたりし......続きを読む»

帳尻合わせは“勝者の証”? 【ハル・シティーvsアーセナル】

Hull City 1-2 Arsenal 【H:28(PEN).Jimmy Bullard】 【A:14.Andrey Arshavin, 90.Nicklas Bendtner】 ■ワンチャンスと、愚かな退場 残留争いの渦中にいるハル・シティーと、優勝を争うアーセナル。いかにハルのホームゲームとはいえ、どちらの実力が上かということは、明らかである。ゲームを圧倒的に支配するとみられていたの......続きを読む»

中村の効果と心配なベルマーレ 【横浜Fマリノスvs湘南ベルマーレ】

Yokohama F Marinos 3-0 Shonan Bellmare 【Y:21.Yuzo Kurihara, 61.Kazuma Watanabe, 90.Kenta Kano】 スタジアムに着いたらすごい人だったもんで思わず前回の日記のような事を書いてしまったのですが、最終的な入場者数は32,000人余りということで、そんなに凄まじく多いというわけではありませんでした(苦笑) とんだ......続きを読む»

すごい人@日産スタジアム

いま日産スタジアムに来てるんですが、すごい数の人です‥‥ いちおう開門時間ぴったりには着いたのですが、その時点でどう考えても2万人超は並んでるんじゃないかという長蛇の列。スタジアムの敷地に入ってから最後尾につくまで、10分ほどかかりました。 今もどかどか人が来ていて、これはまともな席を確保するのはおろか、座れるかどうかも微妙かもしれない‥‥ とにかく、こりゃすごいとしか言いようがない状態......続きを読む»

横風とスプリント 【パリ~ニース第1ステージ】

ちょっと春休みの割にあれやこれや外に出る機会が多いので、更新やらコメントのお返しやらが滞っております。申し訳ございません・・・・・ さて、サイクルロードレースはいよいよシーズンの始まりを告げる“太陽のレース”パリ~ニースがスタート!今年も熱いシーズンが始まりました。まずプロローグは、あらゆるT.T.スペシャリストたちを制し、ラボバンクのブームが優勝しました。 そして昨日行われた第1ス......続きを読む»

偉大なる梶山と石川 【FC東京vs横浜Fマリノス】

F.C. Tokyo 1-0 Yokohama F. Marinos 【T:90.Sota Hirayama】 いよいよ2010年のJリーグ開幕戦。昨年は日産スタジアムに行きましたが、今年は味の素スタジアムから観戦をスタートさせる事にしました。 今日は雨がお昼頃一時的にやんだものの、キックオフ前にまた降り出して、席の確保には苦労しました。とりあえず、膝にだけ雨がかかる下の方の席に座って写真......続きを読む»

“基本的に”どう戦えば良いかが見えた一戦 【日本vsバーレーン】

■結果で納得させた本田 やはり、本田の最後のインタビューが全てでしょうね。ワールドカップを前にアピールする事実上最後のチャンスで、前半から彼が入った効果というのは随所に表れていましたが、やはりゴールを期待されて起用されている以上、それに応えなければ最終的な評価には疑問符が付いてしまう。それは本田自身が常日頃から理解していることですが。 これまでは主として右サイドでの起用といった感じでしたが、......続きを読む»

帰ってきた“エース”藤原正和 【東京マラソン】

■栄光の学生時代 藤原正和――― 長年の陸上ファン、及び箱根駅伝を見てきたファンにとっては、忘れられない名前である。 彼は中央大学在学時代、押しも押されぬ学生長距離界のエースであった。のみならず、今後10年の日本の長距離ロード界のエースに君臨するであろうと目された、紛れもない天才ランナーだった。 2000年の第76回箱根駅伝、1年生にして5区を任された藤原は、1時間11分36秒(......続きを読む»

“握手拒否”とチェルシーの意地 【チェルシーvsマンチェスター・シティ】

Chelsea 2-4 Manchester City 【C:42,90(PEN).Frank Lampard】 【M:45,76.Carlos Tévez, 51,87.Craig Bellamy】 ■ブリッジの決意 まず試合前に注目されたポイントの1つ、「ブリッジとテリーは握手を交わすのか?」という問いに対しては、テリーが差し出した手をブリッジがスルーするという答えが出ました。 こ......続きを読む»

両者手探りの中で 【ゼロックス・スーパーカップ】

今シーズン初の現地観戦は、昨年と同じくゼロックス・スーパーカップ。小雨が降る中、11時過ぎに国立競技場に着きました。 まず、前座試合のU-18Jリーグ選抜vs高校選抜のゲームについて、軽く。 ほぼ後半しか見ていないようなものなのですが、その範囲で言うのであれば、やっぱり両者ともまだまだな部分が目立つゲームでした。これといって目覚ましい活躍を見せた選手というのもいなかったですし、時折光る技......続きを読む»

ペップのターンオーバーは如何に? 【シュトゥットガルトvsバルセロナ】

VfB Stuttgart 1-1 FC Barcelona 【S:25.Cacau】 【B:52.Zlatan Ibrahimović】 試合を総括すると、シュトゥットガルトとしては痛恨のドローということになるのかな、という気がします。とにかくバルセロナは、内容がどうのと言われることは仕方ないにせよ、ベスト8進出に向けては全く問題ないスコアーとなったわけで。 シュトゥットガルトの方はと......続きを読む»

ジブリル・シセの恐ろしさ 【パナシナイコスvsローマ】

Panathinaikos 3-2 Roma 【P:67.Dimitris Salpingidis, 81.Lazaros Christodoulopoulos, 89.Djibril Cissé】 【R:29.Mirko Vučinić, 81(PEN).David Pizarro】 CLも見るには見ていたのですが、ちょいと昨日ショックな事がありまして、ブログの方はスルーしてしまいました(笑......続きを読む»

1 2 4 5 6 7 8 9 30 31

このブログの記事ランキング

  1. もはや美談にできない野口みずきの「走った距離は裏切らない」
  2. 本当にモイーズが諸悪の根源なの?
  3. リヴァプールvs.ハル・シティー観戦記~夢のアンフィールドへ~
  4. レスターじつは守備も良くなってるよ
  5. “アディショナルタイム12分”を見て色々調べてみた
  6. 私が選ぶEURO2012ベストイレブン
  7. リヴァプールファン悲喜こもごもの5年間
  8. それでいいの?イングランド代表…
  9. 帰ってきた“エース”藤原正和 【東京マラソン】
  10. アトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシア観戦記 ~シメオネ監督大人気~

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
02
01
2015
12
09
2014
05
04
03
01
2013
12
10
02
2012
11
10
08
07
06
2011
05
04
03
02
2010
10
09
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss