スコログ

月別アーカイブ :2009年01月

エヴァートン、“トップ6”たる所以

Everton 1-1 Arsenal 【E:61.Tim Cahill】 【A:90.Robin van Persie】 私がマージーサイドの赤組のファンであることは常々申し上げているので当ブログを複数回ごらんになったことがある方ならばご存知だとは思いますが、今朝のゲームに関してはウィガンvsリヴァプールよりこっちの方が面白くなりそうだったので、試験勉強の傍ら流し見ておりました。そして予想ど......続きを読む»

2つの“殻”破った渋井 【大阪国際女子マラソン】

◆真の力を発揮するレース◆ もはや改めて書くまでもないが、これまでのマラソンにおける渋井陽子のイメージは「速い。しかし、失敗しやすい」というものだった。 10,000mの第一人者として日本の他のランナーには無いスピードを持ち、それが爆発すれば2時間19分台を出す力も持っている。しかしその一方で、積極果敢なレース運びが仇となった30km以降での失速を、これまで幾度となく繰り返してきた。日本人は......続きを読む»

ユナイテッド、“痛すぎる”決勝進出

Manchester United 4-2 (4-3) Derby County 【M:16.Nani, 22.John O Shea, 34.Carlos Tevez, 89(PEN).Cristiano Ronaldo】 【D:80(PEN),90.Giles Barnes】 こんな記事書いてる場合か?って感じなんですが、スポナビで詳細なレビューをしている方がいなかったので、なんだか使命感......続きを読む»

こんなものかなーという勝利

今朝は早起きしてマージーサイド・ダービーを見て(また後で記事にします)、その後もう1度布団に潜ってぐうぐうやって起きてみたらお日様が沈んでいたという(笑) まぁ授業は無かったので別にいいんですが、試験前に何やってんですかね。 そんなこんなで、また~り日本代表戦を見ました。 感想から言うと、タイトルのとおりですかね。ひとまず勝てたしこれで良かったのかな、と。 まだあんまりスポナビ......続きを読む»

プレミア、上位勢はぜんぶ勝ち

差がつかなくってツマランなぁ・・・・・なんて思ってしまいましたが(笑) あ、因みに近ごろ更新がやや滞っているのは、その、中の人が学生であるということを考慮すれば、この時期何をやっているかということはだいたいお分かりいただけるかと思います、ハイ・・・・ 来週末辺りまでマッチレビューのみってことになると思いますが、ご了承ください。訪問もちょっとストップ中です・・・・ 一応留年はしない“予定”......続きを読む»

マン・シティー、また選手獲得に失敗

◆West Ham reject new Bellamy bid◆ 先日マンチェスター・シティーがブラックバーンのサンタ・クルスにオファーを出したけど断られた、というニュースを取り上げました。その際コメント欄でも「シティー、嫌われてるなぁ」みたいなことを書き込んでくださった方がいました。 で、そんなシティー、今度はウェストハムのベラミーを獲ろうと画策し、950万£のオファーを出したらしいので......続きを読む»

広島皆実、ポゼッションで圧倒してV

鹿児島城西 2-3 広島皆実 だいたい準決勝を見た時にイメージしたとおりの展開になりましたが、いやはやよく点が入りました。 だいたい皆さん同じ見方になるとは思いますが、やはり組織力で広島皆実のほうが上だった、という事になるのでしょう。鹿児島城西も準決勝よりは落ち着いてせめていましたが、ハーフタイムに監督が指摘していたとおり前線に入れる最後のパスがちょっといい加減で、その点広島皆実のほうが丁寧......続きを読む»

チェルシー敗れ、“赤vs赤”へ?

Manchester United 3-0 Chelsea 【M:45.Nemanja Vidić, 63.Wayne Rooney, 87.Dimitar Berbatov】 前半の展開だと最後こんなスコアーになるとは思いませんでしたが、それだけヴィディッチの先制点は大きかったのかな、という印象。 夜ちょっと出かけていた自分としてはかなりおねむーな状態で試合を見ていたので後半に関してはラ......続きを読む»

リヴァプールには狭すぎたピッチ

Stoke City 0-0 Liverpool しっかし改めて見ても、ブリタニア・スタジアムのピッチの狭いこと狭いこと(笑) 今シーズンが始まるにあたり“デラップのために”幅を1mずつ削り、横幅は規定ギリギリの70ヤード(約64m)。スタジアムの大きさならまだしもあそこまで目に見えてピッチが狭く、オフのエリアが広いスタジアムはそうそうありませんて。オールド・トラッフォードのゲームでは助走が......続きを読む»

高校サッカー見ました

とはいえ、すんげー適当な見方だったので、軽く書くのみに留めますが(笑) まず準決勝の1試合目は、鹿児島城西が前橋育英を5-3で破りました。前半の段階で4-3になってたことを考えると後半は落ち着いたゲームになりましたが、とはいえゴールの半分くらいはアタッカーが凄かったというよりは守備側のミスから生まれたものだったので、正直締まらない試合だったなぁ、と。 鹿児島城西のほうが攻撃力は確かに上っ......続きを読む»

金があってもサンタは釣れず?

世間ではロナウドがフェラーリを大破させたことで持ちきりですが、先日のジェラードの件と比較して「さすがロナウド、ギャグセンスじゃジェラードより遥か上を行っているぜ!」なんてことを真っ先に考えてしまった自分は完全に不謹慎ですねすみません。 ・・・という事で、その話題は他の方のブログにお任せする事として、自分はそれ以外のニュースを取り上げてみます。 ◆City fail in Santa ......続きを読む»

ユナイテッドには嫌な相手だった?

Derby County 1-0 Manchester United 【D:30.Kric Commons】 そういえばダービーというと昨シーズン、38試合やって僅か1勝、勝ち点11と数字の上でも内容の上でも史上最低のチームだったわけですが、プライド・パークでのユナイテッド戦は80分くらいまでスコアレスで粘っていて、「あのダービーがユナイテッドからポイントを?!」みたいな感じになりかけていた気が......続きを読む»

カーリング・カップとリッチマン20

という事で、今日の話題はふたつー。 Tottenham Hotspur 4-1 Burnley 【T:47.Michael Dawson, 52.Jamie O Hara, 65.Roman Pavlyuchenko, 68.OG(Michael Duff)】 【B:15.Martin Paterson】 試合開始直前、スパーズへの復帰が決まったデフォーがピッチに現れました。事前に情......続きを読む»

移籍市場、またスパーズに注目?

いよいよオープンとなった、冬の移籍市場。日本では大久保のヴォルフスブルク行きという大きな動きがまずあり、イングランドではブリッジが遂にチェルシーを離れてマンチェスター・シティーに、と相成りました。 ブリッジに関しては、あのままチェルシーでくすぶっているのも何でしたし、今まで待っていたのが遅いくらいなんですが、これ以上出るのが遅くなってしまうと本当にあそこで終わりかねない感じだったので、まぁギリ......続きを読む»

伝統のFAカップ、いよいよ本格化

以前はJ Sportsで放送していたらしく、その後はフジテレビ739にて放送され、個人的にはこの時イングランド・フットボールの洗礼を受けたのですが、昨シーズンは放送がまさかのテレ朝チャンネルで、それ誰が見れるんだよ(サッカーセットに入って無い、という意味で)・・・な状態だったFAカップ(笑) 今シーズンからは再びJ Sportsに戻ってきたので、また堪能できることになりました。しかも3回戦から......続きを読む»

冷静さ保った東洋に軍配 【箱根駅伝復路】

6区 ○佐藤匠(大東文化) 板垣辰矢(帝京) 川内優輝(学連選抜・学習院) △加藤創大(早稲田) 藤山修一(駒澤) 芳村隆一(東海) 6人が1時間をカットするという、過去にないハイレベルな争いとなった。昨年も活躍した佐藤はタイムを縮めて区間記録を獲得。前日の5区に続き、奈良監督の下“山の大東”が完全復活したことを印象づけ、復路のレースに勢いをつけた。帝京の板垣、学連選抜の川内も、後半区間へもた......続きを読む»

スピーディ且つスリリングな展開 【箱根駅伝往路】

1区 ◎矢澤曜(早稲田) ○染谷和則(神奈川) 鎧坂哲哉(明治) 松村康平(山梨学院) 小島康彰(国士舘) △末松裕一(駒澤) ×関戸雅輝(順天堂) 全日本の1区では5位に終わった矢澤が見事にその教訓を生かし、トップで襷を繋いだ。序盤は集団の中で我慢し、勝負どころと見るや一気に他の選手を引き離した冷静さは、まさに1年生らしからぬもの。その後の早稲田各選手の快走に繋がる、勢いと刺激を与えた。......続きを読む»

ガンバ、再びACLへ

駅伝を見ていたのでそもそも見始めたのが前半30分から、しかも年末の不規則な生活が祟ったのか途中からかなり眠くなってきて、後半終了あたりからぐぅぐぅぐぅ・・・・・ 結局播戸のゴールが決まった際のアナウンサーの絶叫でようやく意識を取り戻すという体たらくでした。 なので試合に関しては、北島じゃないですが“何も言えねぇ”(笑) ・・・・という冗談はともかく、これで再びガンバはACLに出られること......続きを読む»

新鮮味溢れた3つ巴の争い 【全日本実業団駅伝】

◆"2強"から"3つ巴"へ◆ 近年の全日本実業団駅伝は、専ら「コニカミノルタか中国電力か」という争いだった。年によってはその他のチームが優勝争いをすることはあっても、昨年までの8年間では、コニカミノルタが6回、中国電力が2回優勝しており、優勝チームの欄にその他のチームの名は無い。まさに2強の時代だったと言える。 ところが今大会では、最後まで熾烈なトップ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icons_co_log

HN:Alan Hetarade (アラン・ヘタレイド)
  • 昨日のページビュー:27
  • 累計のページビュー:3096630

(04月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. もはや美談にできない野口みずきの「走った距離は裏切らない」
  2. 本当にモイーズが諸悪の根源なの?
  3. リヴァプールvs.ハル・シティー観戦記~夢のアンフィールドへ~
  4. レスターじつは守備も良くなってるよ
  5. “アディショナルタイム12分”を見て色々調べてみた
  6. 私が選ぶEURO2012ベストイレブン
  7. リヴァプールファン悲喜こもごもの5年間
  8. それでいいの?イングランド代表…
  9. 帰ってきた“エース”藤原正和 【東京マラソン】
  10. アトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシア観戦記 ~シメオネ監督大人気~

月別アーカイブ

2017
02
01
2015
12
09
2014
05
04
03
01
2013
12
10
02
2012
11
10
08
07
06
2011
05
04
03
02
2010
10
09
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss