スコログ

月別アーカイブ :2008年01月

ユナイテッドに死角なし 【FAプレミアレビュー】

Manchester United 2-0 Portsmouth 【MU:10,13. Cristiano Ronaldo】 Starting Lineup Manchester United GK : E.Van Der Sar DF : W.Brown, R.Ferdinand, N.Vidic, P.Evra MF : J.S.Park, M.Carrick, P.Schole......続きを読む»

福士は本気でマラソンに取り組んでいたのか?

ってことで、敢えてこのタイミングで書いてみます(笑) 箱根駅伝の際にも書こうかな~と思ったのですが、その時はまだ時期ではないかな、と思ったので。 というか冒頭で他のブログ様を批判するのもどうかとは思うんですけど、優勝がヤマウチで日本人最上位の2位が森本だったにも関わらず、そのいずれかに、或いはその2人についてまったく言及しないで福士が云々ということだけ書いているのは、「アレを見て感動したと言っ......続きを読む»

力強さを増すヤマウチ 【大阪国際女子マラソン】

寒さの中でのペース配分 序盤から快調に飛ばす福士、そして後ろでは集団が牽制状態に陥る、というなかなか難しい展開になったが、結果的には例年通り大阪城付近での攻防が勝敗を決する事となった。まず森本が仕掛け、ひと段落ついたところでヤマウチが独走態勢を築いた。 前半はそれまではスローペースだったわけだが、それが一概に悪かったとも言えない。小雪が舞うほど寒い中でのレースだったため、序盤は筋肉が動き辛か......続きを読む»

日本vsチリについて少し

いつもほどちゃんと見ていたわけでもないのですが、簡単に思った事でも。 まぁ予想通り勝つべきだったと言っている方もおられますし、至極全うなことなのかもしれませんが、個人的にはこんなものなのかなぁ、という気がしますね。チリはクラブでも微妙な立場の若手選手が多かったみたいですが、逆に変にレギュラークラスの選手を無理やり連れてきてやる気の無い試合をされるよりは、良いパフォーマンスになったのではないでし......続きを読む»

大阪国際女子マラソン、みどころ

本格的な復帰はまだですが、さすがにこれは見逃せないので(笑) 1.コンスタンティナ・トメスク(ルーマニア) マラソンでの実績では、今大会の出場選手中ではシモンに次ぐ存在。おそらく調整を兼ねてのレースになるはずで勝敗には絡んでこないだろうが、上位に入ってくることは間違いないか。 2.リディア・シモン(ルーマニア) 昨年の世界陸上で健在振りを誇示。こちらも北京オリンピックを見据えての......続きを読む»

あの選手がレディングに?!

相変わらず情報チェックまったくしてない&試合見てないという状態ですが、ちょっと興奮を抑えきれないので更新っ(笑) さっき風呂上りに65分くらいからレディングvsユナイテッドの試合を眺めていて、ああレディング頑張ってるなー、とか思っていたのですが・・・・ レディングの選手交代で、リタが下がることになりました。 代わりにピッチサイドに選手が立っているのですが、なんか見たことの無い顔......続きを読む»

更新停滞のお知らせ

というか既に停滞しているのですが、まぁあんまり放置しておくのも何なので、いちおうけじめはつけておきます。 と言うとなにやらたいそうな事のように思われるかもしれませんが、どうということはなく、学校の定期試験が間近に迫っているため、暫くの間更新できなくなるというだけです。 本来ここまでの3年間弱の試験で充分な点数を確保していれば、この試験を「消化試合」に出来ましたし、実際そうなっている輩もた......続きを読む»

期待を集めたチームの行く末

え~、ニューキャッスルの事です(笑) 開幕前にはCL出場圏入りも期待されていたのですが、現在は・・・・ ユナイテッド戦を見たのですが、悲惨の一語に尽きる内容・・・・ 一応、オーウェンの幻のゴールが取り消されたシーンはありましたし、あの1点が認められていればその後の展開、印象もいくらかは違ったのでしょうが、それにしてもあの内容は酷すぎる・・・・ ルーニーが当たっていれば優に10点は取られて......続きを読む»

熱かったあのレース ~2004年ヨーロッパGP~

近ごろ諸事情により情報チェックをまったく行えず、ブログ更新に割ける時間も少ない状態になってしまうので、昔を回顧するエントリーで穴埋めしたいと思います(笑) タイトルにもあるとおり、F1の2004年ヨーロッパGP。このときは最終的にフェラーリがワンツーを達成したわけですが、その一方で、レースの主役は完全に佐藤琢磨でした。その後佐藤はアメリカGPで3位入賞するわけですが、個人的にはそのレースよりも......続きを読む»

サイクルレース移籍情報について

徐々にシーズンの開幕も近くなり、かなりの選手の移籍情報が出てきました。 そんな中でやはり残念なのが、引退する選手たち。それもドーピング絡みで、となると何とも無念でなりません。ヴィノクロフにしろエラスにしろ、文句をぶちまけて引退していますからね・・・・ まぁ彼らの立場を考えると、気持ちも理解できますが。 ドーピングはいけないことなのでしょうが、色々と不誠実なことがまかり通っている現状を考え......続きを読む»

“流れ”の重要性が見えた駅伝 【箱根駅伝・復路】

6区 ◎加藤創大(早稲田) ○佐藤雄治(学連選抜:平成国際) 細谷祐二(東京農業) △大西一輝(東洋) 藤井輝(駒澤) 渡辺監督が全幅の信頼を寄せただけのことはある力を見せた加藤。1時間を切ることが一つの指標となる6区で、見事にそれを達成した。さすがに平地に出た後にスピードは落ちたが、しかしそこで意識を再び高めて力強く駆けようとしている姿勢が伝わってきた。 快走して復路でも流れを作った佐藤......続きを読む»

早稲田復権、総合では駒澤有利 【箱根駅伝・往路】

1区 ◎佐藤直樹(城西) ○池田宗司(駒沢) 尾崎貴宏(早稲田) △藤原昌隆(東海) 中原知大(日大) 関戸雅輝(順天堂) 予想どおり競った展開になった中、スパート合戦を制した佐藤はきっちり仕事をした。城西は昨年も高橋が1区で3位に入っており、難しい駅伝の入りにおいて素晴らしい流れを作っている。また池田や尾崎、或いは山梨の松村といった選手は、チームを勢いづけた。 一方、強豪チームで1区を任......続きを読む»

育成が良いチームが躍進 【全日本実業団対抗駅伝】

完璧だったコニカミノルタ 文句の付けようが無い勝ち方だった。中国電力の坂口監督が評したように、これでは他のチームが対抗しようがなかった。1区が終了した時点で、上位にいたチームの中で2区の区間賞が狙えそうだった選手は、松宮か旭化成の佐藤くらいだった。その佐藤が失速したのに対し松宮が完璧な走りを見せては、他のチームはどうにもできなかった。 後半も坪田が区間2位と、絶頂期までとはいかなくとも着実に......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icons_co_log

HN:Alan Hetarade (アラン・ヘタレイド)
  • 昨日のページビュー:46
  • 累計のページビュー:3094035

(02月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. もはや美談にできない野口みずきの「走った距離は裏切らない」
  2. 本当にモイーズが諸悪の根源なの?
  3. リヴァプールvs.ハル・シティー観戦記~夢のアンフィールドへ~
  4. レスターじつは守備も良くなってるよ
  5. “アディショナルタイム12分”を見て色々調べてみた
  6. 私が選ぶEURO2012ベストイレブン
  7. リヴァプールファン悲喜こもごもの5年間
  8. それでいいの?イングランド代表…
  9. 帰ってきた“エース”藤原正和 【東京マラソン】
  10. アトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシア観戦記 ~シメオネ監督大人気~

月別アーカイブ

2017
02
01
2015
12
09
2014
05
04
03
01
2013
12
10
02
2012
11
10
08
07
06
2011
05
04
03
02
2010
10
09
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss