スコログ

月別アーカイブ :2007年04月

アラーダイス監督が辞任&下部リーグ情報

NEWS:Allardyce quits as Bolton manager ボルトンを率いる“ビッグサム”ことサム・アラーダイス監督が、このタイミングで辞任することが発表された。クラブの公式HPには、アラーダイス監督の以下のような談話が掲載されている。 「8年近くボルトン・ワンダラーズで大権を手にしてきたが、このようにアナウンスしたいと思った。慎重に考慮し、家族やクラブの役員と話した結果、......続きを読む»

フルハムの手から落ちたポイント 【FAプレミアレビュー】

Arsenal 3-1 Fulham アーセナルは現状でベストな面々。中盤の左にはディアビが入り、2トップはバチスタとアデバヨールだった。フルハムの方はマクブライドがトップに張り、イェンセンが約4ヶ月ぶりの出場を果たした。 First Half いきなり4分に得点が入る。アーセナルが得意の細かいパスでボールをまわし、フレブのパスを受けたアデバヨールがボックス右からクロスを上げる。中でバチス......続きを読む»

リヴァプールの狙いはCLのみ 【FAプレミアレビュー】

Portsmouth 2-1 Liverpool Starting Lineup ここまでやれば見事だ、というくらいことごとく控えメンバーを使ったリヴァプール。GKはデュデク、4バックは右からアルベロア、パレッタ、ヒーピア、インスーア。中盤はゼンデン、シャビ・アロンソ、シソコという3人。前はファウラーを置いて右にベラミー、左にマルク・ゴンサレスというメンバーだった。ポーツマスの方もRBにグレン・......続きを読む»

パク・チソンが渡米

NEWS:Manchester United send Park to US for surgery 韓国代表選手でマンチェスター・ユナイテッドに所属しているパク・チソンが、膝の治療のために渡米したことが明らかになった。これで今シーズン残り試合の出場は不可能となった上、パクをアジアカップで見ることができる可能性はかなり低くなったと言える。彼は4月1日のブラックバーン戦で怪我をしていた。 パク......続きを読む»

勝つしかないウェストハムがウィガンへ

今週末のプレミアリーグの対戦は、以下の通りである。 4/28(Sat.) Blackburn Rovers - Charlton Athletic Everton - Manchester United Manchester City - Aston Villa Chelsea - Bolton Wanderers Middlesbrough - Tottenham Ho......続きを読む»

チェルシーもリヴァプールも底は見せず

やはり守備が堅い両チームだけに、得点はジョー・コールの1点のみとなった。しかし中盤での攻防、特にゼンデンとパウロ・フェレイラのマッチアップは一進一退といった感じで、非常に見応えがあった。 注目すべきはベニテス監督の采配だった。ペナントをベンチに置き、ジェラードを右サイドで起用した。ただそのジェラードは中に入ってプレーをすることが多く、アルベロアがオーバーラップしていくシーンは殆ど無かった。しか......続きを読む»

躍動したカカ、意地を見せたルーニー

まずはっきり書こう。クリスチアーノ・ロナウドは、この試合に関してはまったく良くなかった。 先制のシーンで決定的な働きをし、ミドルレンジから惜しいシュートも放った。しかし全体的に見れば、ドリブル突破はミランの老獪な守備の前に潰された。それだけならまだしも、パスも正確性を欠いていた。彼が何度パスをカットされたか、分からない。何度か見せ場こそ作り、先ほども触れたようにミランがよく封じ込めたことも事実......続きを読む»

それでも不利なミラン

いよいよCLの準決勝が行われる。まずはオールド・トラッフォードにて、マンチェスター・ユナイテッドがACミランを迎え撃つ。 アンチェロッティ監督は「マルディーニはセンターでプレーする。」と明言しており、ロナウドのスピードに関係なく布陣を組むようだ。ただここまでの相手、セルティックとバイエルンはスピードで崩すタイプでは無かっただけに、果たしてミランのバックラインがユナイテッドのようなチームに通用す......続きを読む»

世界陸上の前哨戦 【ロンドンマラソン】

とにかく、今回のロンドンマラソンはメンバーが豪華だった。特に男子に関しては、世界の10傑中、世界記録保持者のテルガト、前記録保持者のハヌーシ、“皇帝”ことゲブレシラシエ、昨年の覇者リモと4人も登場。それ以外にも、アテネで金メダルを獲得したバルディーニ、世界陸上2連覇中で福岡ではゲブレシラシエの前に敗れたガリブ、他にもチェロノ、レルといった世界的な知名度を持つ選手がことごとく登場。これがこのままそっく......続きを読む»

残留争いは泥沼化 【FAプレミアレビュー】

West Ham United 1-0 Everton 13分にザモラがゴールを挙げ、それを守りきったウェストハムが勝利。エヴァートンの枠内シュートがゼロという点が気になる。 Charlton Athletic 1-1 Sheffield United 59分にエル・カラクリが得意のロングシュートを決めてチャールトンが先制したものの、10分後にステッドのゴールでシェフィールドが追いつき、こ......続きを読む»

“ユナイテッド”に付き合ったチェルシー 【FAプレミアレビュー】

Newcastle United 0-0 Chelsea Starting Lineup やはり一番目を引いたのは、モウリーニョ監督がカルヴァーリョを温存させたこと。CBにはテリーと共にエッシェンが入り、パウロ・フェレイラ、ブリッジという4人でバックラインを形成。中盤はマケレレ、ランパード、バラックで3トップにライト・フィリップス、ドログバ、カルー。ニューキャッスルはソラーノがRBに。SBはステ......続きを読む»

ジーナスが起こした“奇跡” 【FAプレミアレビュー】

Tottenham Hotspur 2-2 Arsenal Starting Lineup アーセナルは体調が万全ではないセスクをベンチに置き、代役にディアビを起用。トップではアデバヨールが張り、それをリュングベリがサポートする形。迎え撃つトッテナムはLBにローシャが入り、レノンが左サイドに。2トップはキーンとベルバトフである。 First Half キックオフ直後の数分はトッテナムがボ......続きを読む»

チャールトンとシェフィールドの大一番へ

今週末、プレミアリーグの残留争いで最も重要な試合が行われる。言うまでもない、ザ・ヴァリーで行われる、チャールトンvsシェフィールドだ。 3連勝して一気に浮上していたウェストハムが連敗で脱落したことによって、残留争いは完全に15位~18位の4チームに絞られた。この中からどこか1チームが脱落することになる。まずは順位表のおさらいから。 1 Manchester United 81 2 C......続きを読む»

イーストエンドの夜空に響く空しい声援 【FAプレミアレビュー】

West Ham United 1-4 Chelsea Starting Lineup チェルシーは日程を考慮してメンバーをかなり入れ替えてきた。アシュリー・コールはベンチにも入らず、LBはブリッジ。RBはディアラで、中盤はエッシェン、ミケル、ランパードという普段はあまり見られない組み合わせ。3トップはドログバ、カルー、ライト・フィリップスで、怪我をしたというシェフチェンコはベンチ外。ウェストハ......続きを読む»

マンUの問題なき勝利 【FAプレミアレビュー】

Manchester United 2-0 Sheffield United Starting Lineup マンUのゴールマウスを守るのはクスチャク。4バックはフレッチャー、ブラウン、エインセ、エヴラの4人で、前線はルーニーとスミスの2トップ。またギッグスにとっては記念すべきマンUでのリーグ戦500試合目の出場となった。対するシェフィールドは軽症であるというもののステッドを欠き、またエースのハ......続きを読む»

あと一歩だったブラックバーン 【FAカップ&FAプレミアレビュー】

*少し個人的に忙しく、更新が滞っていました。2,3日前の試合ですが、とりあえずレビューしようと思います。 Blackburn Rovers 1-2 Chelsea Starting Lineup チェルシーはライトバックにエッシェンが入り、中盤の底はマケレレ。2トップはドログバとシェフチェンコで、その下でジョー・コールが流動的に動く布陣。ブラックバーンはトゥガイをベンチに置き、中盤はベント......続きを読む»

ウェストハムがシェフィールドに完敗 【FAプレミアレビュー】

Portsmouth 2-1 Newcastle United 7分にベンジャニのゴールでポーツマスが先制。後半にマシュー・テイラーが得点を加えた。ニューキャッスルはエムレがPKを決め1点を返したのみ。再びポーツマスが調子を上げてきた。 Arsenal 2-1 Bolton Wanderers 11分にアネルカのゴールでボルトンが先制。しかしアーセナルもロシツキーのゴールで追いつき、後半開......続きを読む»

1コーナーでリベンジを狙うマッサ 【バーレーンGP予選】

ここバーレーンでも、フェラーリとマクラーレンのガチンコ対決が実現することとなった。マレーシアと同じくこの2チームがサンドイッチになるというトップ4は変わらず、ハミルトンとアロンソが戦略上の関係で位置が入れ替わっただけという結果になった。 マッサは記者会見での表情からも、明らかにマレーシアでの借りを返そうとしている。オフテストからこのサーキットでは速かったマッサだけに、より一層気合が入るところだ......続きを読む»

“15位以下”で残留争いか? 【FAプレミアレビュー】

少し遅くなってしまったが、月曜日に行われたプレミアリーグの試合結果をさらってみる。 Bolton Wanderers 1-1 Everton 5位を争う2チームの対決だったが、18分にケヴィン・デーヴィスのゴールでボルトンが先制。33分にヴォーガンが決めてエヴァートンが追いつき、そこからスコアーは動かなかった。この結果、依然としてボルトンがエヴァートンと3ポイント差で、5位の座を死守している......続きを読む»

ミランはどこまで進めるのか

戦前の予想を覆す形で、ACミランがCLでベスト4に進出した。良くないといわれておきながら、何だかんだでここまで勝ち進んでしまうあたり、ミランというチームに底力があり、CLで安定した結果を残せる術を身に着けているということだろう。 とりあえずインザーギのゴールに関しては、個人的にはオフサイドだと思うのだが、しかしそれでもミランは確かに勝利に値するサッカーを展開した。きっちりと取るべきところで得点......続きを読む»

チェルシーとマンUの“らしさ”を見せた勝利

CLで遂に、イングランド勢3チームが準決勝に進出するという恐ろしい事態が現実化しつつある。こう言っては失礼だが既にリヴァプールの突破はほぼ決まっているようなものなので、昨日チェルシーとユナイテッドが勝った段階で、既成事実化したも同然だ。 しかしそれぞれの勝ち方を見ていると、チェルシーはチェルシーらしい勝ち方だったし、マンUはマンUらしい勝ち方であった。まことに両チームを象徴するような勝利であり......続きを読む»

絶不調のクローゼ

Werder Bremen 1-0 FC Nurnberg Starting Lineup ブレーメンの2トップは1月31日以来ゴールが無いというクローゼと、アウメイダ。LBにはパサネンが入った。ニュルンベルクの方は4-3-3で、面白いフェイスガードを着けたシュロートが3トップの中央。中盤はエンゲルハルト、ガラセク、ポラクの3人で、RBをグレスコが務めた。 なお試合前にはクラスニッチがファ......続きを読む»

マクラーレンの底力 ~マレーシアGP決勝~

マクラーレンの台頭とハミルトンの才能 とにもかくにも週末を通じて、このような結果になるとは思わなかった。マッサとしては逃げを打ち、一気にアロンソとの差を広げるプランだったのだろうが、まずはそれがスタートで台無しになった。その後のアロンソの逃げっぷりは流石と言って良い。 そしてハミルトンとフェラーリ勢のバトルである。やはりハミルトンは非凡な才能を持っている。マッサはがつがつと攻めてきたが、それ......続きを読む»

ウェストハム奇跡の3連勝、マンUは自滅 【FAプレミアレビュー】

Chelsea 1-0 Tottenham Hotspur Starting Lineup CLの影響を考慮してか、チェルシーは若干メンバーをチェンジ。LBにブリッジ、RBにパウロ・フェレイラが入り、中盤はミケル、マケレレ、ランパードの3人。前線はライト・フィリップス、ドログバ、カルーの3トップ。シェフチェンコとバラックをベンチに置いた。 しかしそれ以上に大変なのは、セヴィージャでの試合か......続きを読む»

チャールトン浮上、フルハムは窮地に

Everton 4-1 Fulham 22分にアウェーのフルハムがボカネグラのゴールで先制するも、わずか3分後にカーズリーのゴールで同点に。そこから試合はエヴァートンが支配し、前半終了までにスタッブスとヴォーガンが決めて、80分にアニチベがとどめの一発。エヴァートンが大勝した。 エヴァートンはこれで暫定ながらボルトンを抜いて5位に浮上。一方のフルハムは降格ラインから僅か4ポイント差となってし......続きを読む»

不安要素が全て出たPSV

CL準々決勝第1レグのうち2試合が行われた。結果としてはいずれも、ホームチームにとって好ましくない結果となった。特にPSVについては、第2レグを待たずしてリヴァプールに引導を渡されてしまった。 PSVにとってはまさに踏んだりけったりといった試合だ。アレックスやコネはおろか、アーセナル戦でも活躍したアフェライまで抜けてしまったことは、あまりにも大きすぎた。 すでに試合前の時点で、サブメンバ......続きを読む»

プレミア勢を止めるのはどこか ~CLプレビュー~

いよいよCLもベスト8まできた。試合直前と言うことで、予想とまでは行かないものの、個人的に勝敗のポイントとなりそうだと思う部分などを書いてみようと思う。 AC Milan - Bayern Munchen どちらもあまり状態がよくない中で迎える試合だ。純粋な実力からすればミランを推す声が多いだろうが、私はそうは思わない。 守備力では確かにミランの方が上だろうが、問題は攻撃面だ。ロナウド......続きを読む»

加熱するプレミアの残留争い

欧州のサッカーリーグはいよいよ佳境を迎えつつある。ここまで来ると、優勝争いも去ることながら、降格ゾーンにいるチームたちにとっては本当に負けられない試合が続くことになる。特に今季は、各国リーグで降格ゾーン近辺が大混戦となっている。プレミアリーグも例外ではない。 今日これからアストン・ヴィラvsエヴァートンの試合が行われるが、多くのチームはここまで31試合を消化しており、残るは7試合だ。というわけ......続きを読む»

06~07 FAプレミア 第27週レビュー 3/31

Liverpool 4-1 Arsenal リヴァプールはCLも見据えた布陣。RBにアルベロア、LBにファビオ・アウレリオを入れ、中盤の底にマスチェラーノとシャビ・アロンソ、トップ下にジェラードを置いてクラウチの1トップという、4-5-1を布いた。アーセナルは出場停止からエブエとアデバヨールが復帰。中盤はディアビ、デニウソン、セスク、フレブで構成した。 First Half いきなり4分、......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icons_co_log

HN:Alan Hetarade (アラン・ヘタレイド)
  • 昨日のページビュー:46
  • 累計のページビュー:3094035

(02月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. もはや美談にできない野口みずきの「走った距離は裏切らない」
  2. 本当にモイーズが諸悪の根源なの?
  3. リヴァプールvs.ハル・シティー観戦記~夢のアンフィールドへ~
  4. レスターじつは守備も良くなってるよ
  5. “アディショナルタイム12分”を見て色々調べてみた
  6. 私が選ぶEURO2012ベストイレブン
  7. リヴァプールファン悲喜こもごもの5年間
  8. それでいいの?イングランド代表…
  9. 帰ってきた“エース”藤原正和 【東京マラソン】
  10. アトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシア観戦記 ~シメオネ監督大人気~

月別アーカイブ

2017
02
01
2015
12
09
2014
05
04
03
01
2013
12
10
02
2012
11
10
08
07
06
2011
05
04
03
02
2010
10
09
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss