スコログ

月別アーカイブ :2007年03月

ベニテスらもユーロ予選のシステムを批判

NEWS:Benitez calls for end to "crazy" Euro 2008 system かつてこのブログで、モウリーニョ監督が「強豪国と弱小国が戦うことなど意味が無い。」と現行のユーロ予選を非難したことを取り上げたが、今度はベニテス監督も同じような趣旨の発言をしている。彼はチャンピオンズリーグのように予備予選を導入すべきだと主張している。イングランドvsア......続きを読む»

ロナウドがセルビア戦欠場

NEWS:Ronaldo rocked by injury worry ポルトガルのエースであるクリスチアーノ・ロナウドだが、今夜行われるユーロ予選のセルビア戦には出場できないようだ。火曜日の練習中に左足の踵を痛めたためで、念のためアイシングをして様子を見ている。重症ではないということだが、彼はマンチェスター・ユナイテッドの方でもこれから数多くの試合をこなさなければならないということで、大事を取っ......続きを読む»

マンUの獲得候補リスト

NEWS:Fergie Lines Up Micah Raid 選手の移籍に関する噂というのは常に飛び交っているものであり、どの情報が正しいか断定するのは難しいが、マンチェスター・ユナイテッドがリストアップしている選手についての記事があったので、取り上げてみた。 まず名前が挙がっているのは、ユナイテッドのライバルチームであるマンチェスター・シティーの18歳、ミカ・リチャーズ。彼は本当に引く手......続きを読む»

U-21欧州選手権の前哨戦は引き分け

NEWS:Thriller at Wembley 新生ウェンブリーで行われた、イングランドvsイタリアというU-21代表の親善試合。両者は今夏行われるU-21欧州選手権で対戦するため、重要な試合となった。既にパッツィーニのハットトリックは大きな話題として扱われているのでご存知かとは思うが、一応経過を追ってみる。 パッツィーニの1点目は、開始わずか29秒でのゴールだった。20mほどの距離からパ......続きを読む»

要所で働いたクラニー

Czech Republic 1-2 Germany Starting Lineup クローゼもゴメスも居ないドイツは、ポドルスキーとクラニーという2トップ。レフトバックにはヤンセン、ライトバックにはラームが入った。ホームのチェコはほぼベストメンバーと言ってよく、バロシュとコラーという2トップをロシツキーがサポートする形である。両者、4-4-2だ。 First Half いきなり開始1分......続きを読む»

第98回ミラノ~サンレモ 雑感

さてこのほどJ Sportsも2と+が視聴できるようになりまして、先日サイクルロードレースのパリ~ニースを少し見たのですが、すっかり虜になってしまいました(笑) まぁ私はサイクルロードレースに関してはド素人、それこそパリ~ニースが始めてみたレースだったので、一応このブログに感想とかは書くものの、あまり偉そうな事も言えないので、これに関してはこうしてつらつらと感想みたいなものを書いていくのみとし......続きを読む»

何ら問題の無い勝利 ~日本vsペルー~

さてあの試合を見て、あまりコメントするようなことも無いので、率直に申し上げて記事を書くモチベーションがそこまで沸いてこないのだが、折角オシムJAPANの2007年最初の試合なのだし、書ける限り書いてみようと思う。 まず相手のペルー代表があんな状態であり、また日本代表も2日しか練習をしていない状態で迎えた試合なので、あまり流れの中から点が奪えなかった事に関しては心配する必要はないだろう。ゲームが......続きを読む»

イングランド代表、ヤングを追加招集

NEWS:Young Called Up By England 先週末のリーグ戦で負傷していたミカ・リチャーズは、結局ユーロ2008予選のイングランド代表から外れる事となった。これで当初発表されていたメンバーからは、ギャリー・ネヴィルとダレン・ベントに続いて、3人目の離脱である。今回リチャーズの代わりに招集されたのは、チャールトンのルーク・ヤング。彼が代表に加わるのは約1年半ぶりだそうだ。 ......続きを読む»

ネヴィル兄弟が先人に並ぶ時

NEWS:Neville cool over new caps record ギャリー・ネヴィルがユーロ予選に臨むイングランド代表のメンバーから外れた事は既にご存知かと思うが、その弟であるフィリップ・ネヴィルはきちんとメンバーに入っている。そのため、テル・アヴィヴで行われるイスラエル戦にフィルが出場すれば、“兄弟でのイングランド代表キャップ数”の最多記録にネヴィル兄弟が並ぶ事になる。そしてアンドラ......続きを読む»

06~07 FAカップ 準々決勝(リプレー)レビュー

Manchester United 1-0 Middlesbrough Starting Lineup 怪我人が増えてきたユナイテッドはギッグスをセンターハーフに回し、左サイドにはリチャードソンを入れた。ルーニーのパートナーはボルトン戦でアシストを記録したスミス。対するボロは温存させていた主力を一気に投入し、ベストメンバーで臨んだ。 First Half 月曜日という事で、さすがにオール......続きを読む»

2部リーグ所属の選手がイングランド代表入り

NEWS:Nugent and Barry called up by England ユーロ予選でイスラエル、アンドラと対戦するイングランド代表の、追加招集される選手が発表された。先週末のリーグ戦で怪我をしたギャリー・ネヴィルとダレン・ベントの代わりの2選手だ。ネヴィルの代役としての、アストン・ヴィラのギャレス・バリーの招集は当然である。 問題はもう1人のほうだ。ダレン・ベントの代役として呼......続きを読む»

帳尻を合わせたレヴァークーゼン

Bayer Leverkusen 1-0 Borussia Monchengladbach Starting Lineup レヴァークーゼンはヴォロニンが中央で張り、右にキースリンク、左にバルネッタが開くという布陣。対するメンヘングラッドバッハは前節2ゴールを奪ったというラファエルが2トップの一角に入った。ドイツ代表に招集されたレヴァークーゼンのシュナイダーとカストロ、グラッドバッハのヤンセンも......続きを読む»

06~07 FAプレミア 第26週レビュー 3/18

Aston Villa 0-0 Liverpool Starting Lineup リヴァプールはマスチェラーノがスタメンに名を連ねた。中盤でコンビを組むのはシソコで、2トップはカイトとベラミー。対するアストン・ヴィラはいつもの面々だった。 First Half アストン・ヴィラがボールが相手にある時には3トップ以外の選手が全員下がって守備をし、ボールを奪うとそこからカリューに放り込んで......続きを読む»

06~07 FAプレミア 第26週レビュー 3/17

Manchester United 4-1 Bolton Wanderers Starting Lineup サハもスールシャールも居ないユナイテッドは、ルーニーのやや後ろにギッグスを置き、左にロナウド、右にパク・チソンという布陣。またファン・デル・サルは足を痛め、クシュチャクがゴールマウスを守る。対するボルトンはこの大一番に、ケヴィン・デーヴィスが半ば無理やり間に合わせる形で復帰。ヘンリク・ペ......続きを読む»

上位の序列と中団の混戦 ~オーストラリアGP決勝~

非常に高い各マシンの信頼性 今日のレースで大体、上位各チームの現時点での序列というものが見えてきた。そして中位のグループは大混戦であることも、分かったレースだった。 まず総じて言えるのは、開幕戦でしかも荒れる要素がたっぷりのアルバートパークで、マシントラブルでリタイアした車がわずか3台だったという事実だ。開幕戦からこの調子だと、各チームがやはり信頼性を重視して開発を行ってきた様子が伺えるし、......続きを読む»

余裕たっぷりのライコネン ~オーストラリアGP予選~

ライコネンが軽々とポールポジションを獲得した。テストではマッサからやや後れを取っていたが、今日の予選を見る限り第3セクターで速いことからも、BSタイヤを上手く使いこなしていた印象がある。どうやらフェラーリのマシンにもBSタイヤにも順応し、自分の走りが出来るようになったようだ。 そして何より恐ろしいのは、記者会見での「Q2は突破できれば、それで良いんだから・・・・・」という発言だ。つまりQ2では......続きを読む»

まず妥当な結果 ~オーストラリアGP金曜フリー走行~

遂に2007年のF1が開幕した。“シューマッハ後”のF1界で誰が主導権を握るのか、まずは非常に興味深い金曜フリー走行となった。午前中はウェット混じりで、例によって周回数をセーブした車も多くアテにならなかったが、午後はフェラーリの1-2。しかもマッサが前ということで、まるで冬季テストのタイムシートでも見ているかのようなリザルトとなった。 私もライヴ・タイミングは見ていないのだが、タイトルにもある......続きを読む»

06~07 FAプレミア 第25週(延期分)レビュー 3/14

Manchester City 0-1 Chelsea Starting Lineup チェルシーはライトバックにジェレミを起用。またテリーが復帰したものの、エッシェンは膝の怪我のためベンチにも入っていない。シェフチェンコも足首が思わしくないそうでスタメンから外れ、右にロッベン、左にカルー、中央にドログバという3トップ。対するシティーは3バックとも5バックとも取れる布陣。ムペンザがリーグ戦では初......続きを読む»

逃げ切れなかったフランクフルト

FC Nurnberg 2-2 Eintracht Frankfurt Starting Lineup フランクフルトは前節成功したという2トップを採用。但し高原のパートナーはトゥルク。怪我をしたアマナティディスはベンチにも入っていない。ニュルンベルクの方は、いつもどおり4-3-3のフォーメーション。 First Half ゲーム開始からホームのニュルンベルクが圧倒的にボールを支配し、フ......続きを読む»

CLベスト8のカードについて

いよいよチャンピオンズリーグもベスト8が出揃い、先ほど抽選会が行われた。イングランドから3チーム、イタリアから2チームが残っていたが、同国チーム同士のダービーマッチは無かった。但しイタリア勢が勝てば準決勝で当たるし、チェルシーとリヴァプールが勝ちあがれば、一昨年の準決勝と同じ対戦が実現する。それでは例によって、一つ一つのカードについて軽くコメントしてみたい。 AC Milan - Bayern......続きを読む»

水泳の練習でサッカーをイメージ

まず初めに書いておきます。 今から書く事は、実際に行われたサッカーの試合内容等にはまったく関係がありませんし、評論でも何でもありません。ただのおバカな話です。なので、真面目なことはまったく期待しないで下さい。 以上を踏まえた上で、それでも読みたいという方がいらっしゃるならば、追記にて読んでください(笑) ...続きを読む»

冒険を終えたチームへ

チャンピオンズリーグもベスト8が出揃った。残ったチームはこれからも試合が続くが、ここで敗れてしまったチームは、今シーズンもうヨーロッパの舞台に立つ事はない。その中には、セルティックやリヨン、インテルといった、国内リーグでの優勝を間違いないものにして、ヨーロッパでの戦いに全力をかけていたチームがあった。またアーセナルは逆に、これを取らなければ無冠に終わるという状況で迎えた試合だったが、彼らもまた姿を消......続きを読む»

アンリ出場の可能性は50%

NEWS:Henry 50-50 For PSV Tie - Wenger 先週末のレディング戦を欠場した、アーセナルのティエリ・アンリ。CLのPSV戦へむけての温存策かとも思われていたのだが、どうやら足に加えてハムストリングに問題を抱えているようで、ヴェンゲルによればPSV戦に出場できるか微妙だという。 「チャンスは50-50といったところだ。それ以上ではない。」とするヴェンゲル。アンリ本......続きを読む»

ルーニーらがCL欠場、ケーヒルは今季絶望か

NEWS:Cahill Injury Blow For Blues 昨シーズン終盤は膝の怪我に泣かされ、今季も怪我をして年明けに復帰したばかりだったエヴァートンのオーストラリア代表、ティム・ケーヒルだが、土曜日に行われたシェフィールド戦で左足第一中足骨を骨折。 モイーズ監督が明らかにしたところによれば、今期中の復帰はおそらく不可能であろうとのことである。事と次第によっては、7月に行われるアジアカ......続きを読む»

ウェストハムついに最下位転落 ~FAプレミアレビュー~

West Ham United 3-4 Tottenham Hotspur ウェストハムは開始わずか11分でアップソンを怪我で失うアクシデントがあったものの、直後にテヴェスのアシストからノーブルがゴール。さらには遂にテヴェスがFKを直接入れてプレミア初得点を決め、2点をリードして前半を折り返す。しかし後半開始直後にデフォーにPKを決められ、さらにタイニオの得点で追いつかれる。だがもはや負けられない......続きを読む»

06~07 FAプレミア 第25週レビュー 3/3

Liverpool 0-1 Manchester United Starting Lineup ユナイテッドはギャリー・ネヴィルが復帰してベストの布陣。対するリヴァプールは久々にマルク・ゴンサレスを左サイドで起用し、シェフィールド戦で鼻を骨折したクラウチはベンチスタート。ベラミー、カイトというお馴染みの2トップとなった。 First Half この一戦に選手、サポーター共に相当な気合を入......続きを読む»

日本人にもチェルシー入りのチャンスが?

NEWS:Ashton: Return not on cards yet チーム状態があまりに酷すぎて、もはや残留は厳しいのではないかという見方が広まっているウェストハム。そのウェストハムに絶対的なエースとして君臨すると思われたものの、シーズン開幕前に負った怪我のためにここまで1試合も出場していないディーン・アシュトンについてはこのブログでも取り上げてきた。だが彼の今回の発言からして、確実に治癒へ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icons_co_log

HN:Alan Hetarade (アラン・ヘタレイド)
  • 昨日のページビュー:35
  • 累計のページビュー:3101762

(08月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. もはや美談にできない野口みずきの「走った距離は裏切らない」
  2. 本当にモイーズが諸悪の根源なの?
  3. リヴァプールvs.ハル・シティー観戦記~夢のアンフィールドへ~
  4. レスターじつは守備も良くなってるよ
  5. “アディショナルタイム12分”を見て色々調べてみた
  6. 私が選ぶEURO2012ベストイレブン
  7. リヴァプールファン悲喜こもごもの5年間
  8. それでいいの?イングランド代表…
  9. 帰ってきた“エース”藤原正和 【東京マラソン】
  10. アトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシア観戦記 ~シメオネ監督大人気~

月別アーカイブ

2017
02
01
2015
12
09
2014
05
04
03
01
2013
12
10
02
2012
11
10
08
07
06
2011
05
04
03
02
2010
10
09
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss