スコログ

F1

F1日本GP、見てきました

もう3日も経っちゃってますが、F1の日本GPを観戦してきました。 自分は土曜日からの観戦。金曜は雨が降り、土曜もウェットコンディションになる事が懸念されていたものの、鈴鹿に着いてみれば抜けるような青空。とにかく、この2日間ですごく焼けました。未だにちょっと肌が痛いくらいです(笑) かつて02年、自分が初めて鈴鹿にF1を見に行った時、あの西日の中を佐藤琢磨が駆るジョーダン・ホンダが颯爽と駆......続きを読む»

ルカ・バドエル、10年ぶりのF1出走!!

■マッサの代役はバドエルに キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!! “テストサーキットの皇帝”こと(違)ルカ・バドエル、マラネロの黄金期を影から支え続けて苦節13年、ついにフェラーリを駆ってレースに出走!! v(>∀<)vばんざーい!ばんざーい!ばんざーい! ごめんなさい、シューマッハのファンの方々。ぶっちゃけ当初から、マッサの代......続きを読む»

強すぎるジェンソン・バトン 【トルコGP決勝】

ふーむ。開幕当初は「ブラウンの勢いが凄い」みたいな感じの論調だったわけですが、もはやバトンの勝ち方は歴史的な圧勝劇というレベルになってまいりました・・・・ というか、現状バトンと同じ速さのマシンを手にしているのがバリチェロ、かろうじて対抗できそうなマシンに乗っているのがヴェッテルとウェーバー。で、事実上バトンに勝てそうなのがこの3人しかいないんですよね。それも“勝てる可能性がある”という程度の......続きを読む»

恥ずかしすぎるフェラーリ無線 【スペインGP】

いや~笑わせてもらいましたね、あの“What can I do ?”には(笑) 早くも今シーズンのF1界流行語大賞なんじゃないかなぁ、なんて。 しかし前代未聞ですよね、燃料入れたらゴールまで1周分足りなかった、って。ヴェッテルと競っていたとはいえ第2スティントを終えて戻ってきた段階ではマッサの方が前にいたのですから、普通に給油してピットワークの勝負に出れば良かったのに。 多少ペースが遅か......続きを読む»

勝者の貫録見せたヴェッテル、ハミルトンのスランプ 【中国GP決勝】

実況でも触れられていましたが、一昨年の富士を彷彿とさせるような豪雨の中でのレースでした。 終わってみればヴェッテル、ウェーバーという順でレッドブルが1-2を達成。ヴェッテルは新たな“雨男”としての地位を完全に確立した格好です。ブラウンのマシンがテスト不足でやや雨に弱かった(と言っても、3-4には入ってるんですが・・・)ことはあるにせよ、レッドブルの2人、特にヴェッテルは安定していました。 ......続きを読む»

レッドブルの躍進とアロンソの意地 【中国GP予選】

この2つが際立っていたかな~という印象です。 ちょっと大寝坊をやらかしてしまいまして、フリー・プラクティスは見られなかったのですが、それでも単純に予選の攻防だけで楽しめました。 ヴェッテル、「1発に賭ける」ってマンガみたいな事をやって、見事にポール取っちゃいましたよ・・・・ 普通はあれ、やっちゃいけないんですよね。F1の予選の場合、路面コンディションの変化、トラフィックの問題、......続きを読む»

雨とタイヤと騒動と 【マレーシアGP】

学校関係の動きが忙しかったことやフットボール観戦との兼ね合いがあってまともに見たのは予選からでしたが、いやー決勝はとにかく雨、雨が勝負を決めましたね。 マレーシアということでスコールを警戒し、殆どのクルマが雨が降ってきた段階でエクストリーム・ウェットに移行し走る中、早い段階でインターミディを選んだのがグロック。レース後のコメントにもあるとおり、最終的にはグロック自身の判断でインターミディを......続きを読む»

バトン面目躍如、ブラウンが1-2達成! 【オーストラリアGP決勝】

いやー、すごい!やっぱり開幕戦は荒れますね。 ああも良い感じにレースが荒れてくれるのは、アルバートパークというコースが公道であるが故のランオフエリアの狭さなんかも影響しているわけですが、やっぱりこう、開幕戦はああいうごちゃごちゃっとしたレースでなくっちゃ(笑) こういうレースを見ると、さー今年もF1が始まったゾ!という気分になりますね。 とりあえずまずは、ブラウンの1-2達成おめでと......続きを読む»

快挙、ブラウンGPがフロントロウ独占!

えーと、コメントのレスはもう少々お待ちくださいませ。今日もこれからちょっと出かけるので、日本代表戦も遅れての更新となりますので、ご了解ください。ちょっと目を離した間に↓の記事がああいう事になってちょっと驚きましたが、逃げてるわけではないのでご容赦をば(笑) さて。今年はF1についてもちゃんと書いていこうと思います。もっとも今年は雑誌は買ってこそいるものの全然読んでいないので、軽い感想を書く......続きを読む»

F1日本GP、完璧だった運営

昨日レポートを書こうかと思ったのですが、早朝出発の疲れで寝こけてしまいました。ので、今から日本GPについて書きたいと思います。 レースについてはほかの方も書かれているので、実際に観戦してきた自分としては、主に運営面での感想をば・・・・ ◆完璧に機能したチケット&ライド◆ 昨年、道路は陥没するわ、バスは来ないわ、待機場にトイレは無いわ、下は泥沼だわで、まさに考えられ得る最悪の事態がす......続きを読む»

F1観てきます。

ただ今、始発に揺られております。 昨年は大雨の中、"あの"C席仮設スタンドで観戦したため、見事にストレートエンドと1コーナーが見えないという仕打ちを受けましたが、今年はそのお詫びの粗品として富士スピードウェイからいただいたパスケースにM席のチケットを入れて首から提げつつ、観戦してまいります(笑) なお私の出で立ちですが、旧ザウバーのタンクトップに旧ザウバーのザック、そ......続きを読む»

“経営資源”で見る、スーパーアグリ消滅の理由

レスの返信が滞っております。ちょっとGW明けにドタバタしているので、あと1日か2日、お待ちください・・・・ 申し訳ございません。 さてさて。ちょっと個人的な話をしますと、私は現在、大学の商学部で勉強をしています。べつに公認会計士になりたいとかそういう希望があるわけでもなく、高校3年生時に留年のラインすれすれの点数で進級したがために、文系で行ける学部がここと文学部くらいしか残っていなかったか......続きを読む»

奇跡ではないBMWのランク1位 【バーレーンGP決勝】

今回は圧倒したマッサ 予選までは完璧だったのに決勝で大失態をやらかしてしまった、マレーシアでのマッサ。レースのみに注目している人間としては当然ながらパドックでもこれが大きな話題になっているものと思っていたのだが、しかし川井氏のレポートによれば、それよりもマックス・モズレーのスキャンダルの方が騒がれていたとの事。たまたまこうして同じタイミングで起こったスキャンダルだが、それによってマッサへの批判のク......続きを読む»

大混戦から見えてくるもの 【マレーシアGP決勝】

異次元の速さを見せたフェラーリだが・・・ マッサは消えてしまったが、レースを通じてフェラーリは他を寄せ付けない、圧倒的なレースペースを披露した。オーストラリアでは信頼性の問題もあって力を発揮できなかったが、これが真の実力だ、と言わんばかりの走り。ライコネンはまさに完勝だった。 しかしその一方、マッサが「やってしまった」事になる。予想通り予選でのタイム差ほど、決勝でのマッサとライコネンのストラ......続きを読む»

決勝は天候次第か 【マレーシアGP予選】

“ハマった”マッサ 車がキマった時はとてつもない速さを見せるものの、ムラが大きい・・・ というのが、一般的なフェリペ・マッサの評。だとすると、このグランプリはまさしく良いほうにマッサがハマったとしか言いようが無い。森脇氏が指摘したように、マッサとライコネンの間にタイム差ほどのストラテジーの差があったようには思えない。アタックラップ1周を見ても、ステアリングに殆ど修正が入っていない。路面温度が徐々に......続きを読む»

オープニングゲームの罠 【オーストラリアGP決勝】

“普通に走る”ことの難しさ あまりに色々なことが起きすぎた開幕戦。ここ数年は静かな開幕となることが多かったが、2002年に完走8台という大荒れのレースがあったものの、それ以来と言っていい豪快な荒れっぷりだった。 そんな中、ポディウムに上がったハミルトン、ハイドフェルド、ロズベルグに関しては、中継を見ていても画面に映ることが少ないように感じられた。周囲で様々な車が何らかの問題を起こし、そしてピ......続きを読む»

アグレッシブなBMW 【オーストラリアGP予選】

新人ドライバーは苦戦 TC、OCが禁止された事により、タイヤのウォーミングアップにも気を使うことが要求され、またミスをする可能性が高くなったことから、一発をあわせるのが難しくなった予選。今回初めてF1のクオリファイに臨んだ新人ドライバーの中では、グロックがトップ10入りを果たしたものの、中嶋は14位、ブルデーは18位、ピケに至っては21位という、いずれもチームメイトから大きく遅れてしまう結果に終わ......続きを読む»

熱かったあのレース ~2004年ヨーロッパGP~

近ごろ諸事情により情報チェックをまったく行えず、ブログ更新に割ける時間も少ない状態になってしまうので、昔を回顧するエントリーで穴埋めしたいと思います(笑) タイトルにもあるとおり、F1の2004年ヨーロッパGP。このときは最終的にフェラーリがワンツーを達成したわけですが、その一方で、レースの主役は完全に佐藤琢磨でした。その後佐藤はアメリカGPで3位入賞するわけですが、個人的にはそのレースよりも......続きを読む»

自転車からF1へ、対照的なスポンサー事情

たまにはこういうニュースも良いかな~、と思いまして。 この頃ドイツテレコム社が、新たにF1のBMWザウバーのスポンサーになるのでは、という報道が出ました。現在のBMWザウバーは、ペトロナス、クレディ・スイス、インテル、デルという、数は少ないながらも質としてはF1界でも最高レベルにあるスポンサー陣を揃えているのですが、そこにドイツテレコムが加わればまさに鉄壁とも言える布陣。ここまで大企業をスポン......続きを読む»

私的研究の題材

昨日まで立て込んでいたといいますか、まぁ計画的に事を進めなかったという点では自業自得なのですけれども、とにかく追い詰められた生活をしていました。今でも家に帰るとすぐ寝てしまうあたり、不規則な生活をした影響がまだ残っていたりします。 何をやっていたかと言いますと、ひたすら文章を書いていたわけで。小生が通う学校は高校のくせに、卒業するにはまぁ卒論とまではいかなくても何か研究をしなければならないので......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-icons_co_log

HN:Alan Hetarade (アラン・ヘタレイド)
  • 昨日のページビュー:28
  • 累計のページビュー:3101845

(08月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. もはや美談にできない野口みずきの「走った距離は裏切らない」
  2. 本当にモイーズが諸悪の根源なの?
  3. リヴァプールvs.ハル・シティー観戦記~夢のアンフィールドへ~
  4. レスターじつは守備も良くなってるよ
  5. “アディショナルタイム12分”を見て色々調べてみた
  6. 私が選ぶEURO2012ベストイレブン
  7. リヴァプールファン悲喜こもごもの5年間
  8. それでいいの?イングランド代表…
  9. 帰ってきた“エース”藤原正和 【東京マラソン】
  10. アトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシア観戦記 ~シメオネ監督大人気~

月別アーカイブ

2017
02
01
2015
12
09
2014
05
04
03
01
2013
12
10
02
2012
11
10
08
07
06
2011
05
04
03
02
2010
10
09
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss