スコログ

競泳競技

事業仕分けの見直しを強く望む

既に一般の報道でも大きく報じられている通り、昨日オリンピックのメダリストらが一堂に会し、記者会見が開かれた。先に行われた事業仕分けでスポーツ関連の予算が「削減が妥当」と判断された事に対する、抗議を表明した。 JOCが主導したにせよ、このようにアスリートたちが自ら前面に出てその言葉で事業仕分けの見直しを訴えた事には、まずそれ自体に価値があったと言えよう。残念ながら連日報道された事業仕分けの中で、......続きを読む»

あまりに酷過ぎる世界水泳の中継

えーと、あまり特定の放送局を名指しで批判するのとか嫌いで、フットボール中継に関してもそういう事は出来るだけ避けるようにしているのですが、今回はあまりに酷過ぎるので、声を上げさせていただきます。 テレビ朝日に対し、全国の水泳ファンへの謝罪を要求すると共に、来年以降、水泳の世界大会における放映権を放棄することを激しく期待いたします(笑) とりあえず、ゴルフに中継枠を押し出される格好になっ......続きを読む»

世界水泳の記録ラッシュについて ―大会期間中の今だからこそ―

世界水泳の競泳競技は、3日目まで終了した。 今大会は、希にみる世界記録ラッシュとなっている。ここまで13種目で決勝が行われ、じつに9つの種目で世界記録が出ている(準決勝での更新含む、重複は除外)。 イアン・ソープとマイケル・フェルプスという新旧“怪物”の記録を共に破ったビーダーマン、女子400m自由形で史上初めて4分をカットした地元イタリアのペレグリーニ、4秒も自己ベストを更新しての世界......続きを読む»

オリンピックの勢い保つ北川、松田 【JAPAN OPEN 2日目】

立石の日本記録も凄かったのですが、彼については昨日書いたのでとりあえず今日は割愛。でもやっぱ、200mのラストは強いですねー。だからこそ、100mでも記録を出せたってのが凄いんですが。 あと世界記録の酒井についても昨日書いちゃったので、同じく割愛。しかしつくづく、日本人であれだけパワーのある泳ぎをしてくれると、頼もしく見えますね。4月も記録に期待したいところです。 という事で、今日も気に......続きを読む»

結果を残した若手選手たち 【JAPAN OPEN 1日目】

15時からということでTVの前でスタンバってたのですが、放送開始10分前に寝コケてしまい、気がついたら16時くらい。完全にやらかしたーと思いつつTVを点けたら、ちょうど1,500mがスタートしたところでした・・・・ そんなわけで、軽い感想程度にとどめますが。というか、この時期のレースって評価するのが難しいんですよね。まだ冬の泳ぎこみからの流れを受けて・・・・という時期だから、疲労がレース結果に......続きを読む»

北川麻美、快挙 【北京オリンピック競泳】

◆男子100m自由形 準決勝◆ 競泳の花形種目とはよく言ったもので、このように相次いで各選手が記録を更新してくると、やはり見ている側としても興奮するものである。つい先日まで47秒台を出す選手すら殆どいなかったのが、今ではもう46秒台がすぐそこにまで見えている。この進化の速さは、尋常ではない。 やはり決勝も、イーモン・サリヴァンとアラン・ベルナールの一騎打ちになるだろう。今シーズン、50m、1......続きを読む»

連日続く、フェルプスの伝説 【北京オリンピック競泳4日目】

◆女子200m自由形 準決勝◆ 第1レースを見逃してしまったが、タイムを見る限り、好調のイサコヴィッチにホフ、ペレグリーニといった実力者がどこまで迫れるか、というレースになりそうだ。 本来的な実力であればホフを推したいところだが、やはり今大会のホフは流れが悪い。イサコヴィッチも国際大会で本格的に優勝を狙うレースとなるのはこれが初めてということもあり、やや不安要素はあるが、ここは決勝でも彼女が......続きを読む»

何もかもが素晴らしい1日 【北京オリンピック競泳3日目】

◆女子100m背泳ぎ 準決勝◆ とにもかくにも、カースティ・コヴェントリーの調子が良すぎる。元々200mで力のある選手だが、100mではナタリー・コグリンを相手にやや劣っている印象があった。しかし今大会ではメダル候補と目されていなかった400m個人メドレーで素晴らしいタイムで2位に入り、そしてこの100mでも世界記録を更新。よほど体調が良い証拠であろう。コヴェントリーの優勝は、まず硬いはずだ。 ......続きを読む»

流石のフェルプス、幅を見せたオーエン 【北京オリンピック競泳2日目 準決勝/決勝】

全般として言えることだが、午前中の決勝にも関わらず記録の面ではかなりいいものが出たということで、午前決勝で懸念された問題は杞憂に終わったようだ。かなり早い段階でこのようなタイムスケジュールになることが分かっていたため、各選手とも怠り無い準備を行うことが出来た。その成果が出ている、という事だろう。 ◆男子400m個人メドレー 決勝◆ 1.マイケル・フェルプス(アメリカ) 4:03.84 W......続きを読む»

北島のライバルはダーレ・オーエン 【北京オリンピック競泳1日目】

たまには予想もしてみたいと思います。予選(400m以上の種目及びリレー)、或いは準決勝が終わった段階でメダルの金銀銅を予想する、という方式でやってみたいと思います。 ◆男子400m個人メドレー 予選◆ 各選手とも探りを入れてきた、というのが正直なところだろう。フェルプスのみならず、彼のライバルとなるラースロー・シェー、ライアン・ロクテも、いずれも手の内を見せず。特にライアン・ロクテはおそ......続きを読む»

最後まで続いた記録ラッシュ 【アメリカ選手権7日目&8日目】

え~、まず最初にお知らせ。 ここのところ更新が滞っていましたが、一応管理人も学生ということで、来週から試験が始まってしまうのです(まことに遺憾ではありますが・・・・) そんなこんなで普段使わない脳みそを働かせたためか、ツールを見ていても寝コケてしまい、じつは殆どまともにゴールシーンを見られておりません。いくら命を削ってスポーツを観る覚悟をしている私といえど流石に大学1年生で留年、というわ......続きを読む»

ピアソル、フェルプス、そしてトーレス・・・ 【アメリカ選手権6日目】

では今日も行きますよー、アメリカ選手権も6日目、いよいよ残すところあと3日となりました。 6日目(7月4日) ◇男子50Frで8年ぶりにアメリカ記録誕生◇ 男子50m自由形の予選で、カレン・ジョーンズが21.59を記録。8年前、シドニー・オリンピックの際にゲーリー・ホールが出したアメリカ記録21.76を、じつに8年ぶりに塗り替えました。また2位に入った世界水泳の金メダリスト、ベン・ウィ......続きを読む»

男女平泳ぎで波乱続発 【アメリカ選手権5日目】

なんか更新する時間が毎日遅くなって申し訳ありませんが、その分“痒いところに手が届く”レビューを目指したいと思います(笑) それではアメリカ選手権の5日目、行ってみましょう。 5日目(7月3日) ◇タラ・カーク惨敗、200mも予選落ちで北京への道が絶たれる◇ 既報のとおり、女子100m平泳ぎで3位に終わり、同種目での北京オリンピック出場の可能性がなくなっていたタラ・カーク。どちらか......続きを読む»

ホフがアメリカ記録連発で4冠 【アメリカ選手権4日目】

なんかこのままの体調でツール・ド・フランスに突っ込んだら、確実に氏にそうな気がします。しかも大学の試験も2週間後くらいには始まるわけで、本当に自分は大丈夫なんだろうか、と・・・・ まぁ、それでもスポーツを観てやるのが私というものです(笑) 4日目(7月2日) ◇男子100Frアメリカ記録ラッシュ、フェルプスは準決勝で棄権◇ これまで世界レベルでの争いからはやや置かれていると見られ......続きを読む»

背泳ぎでダブル世界新 【アメリカ選手権3日目】

ユーロとツールの“谷間”のこの1週間くらい、ゆっくり過ごそう・・・と思っていたのですが、現実はなかなかそうはいかず。結局、朝になってからの更新になってしまいました。やっぱり授業が1限~5限までフルコンプリート(ふぃぎゅ@的な意味ではなく)だと、キツイですねぇ。 さてさて。競泳のアメリカ選手権は3日目の競技が行われました。 3日目(7月1日) ◇ホフが2種目で準決勝トップ通過◇ 個......続きを読む»

フェルプスに肉薄するロクテ 【アメリカ選手権1日目&2日目】

ということでニュースなんかでも取り上げられていますが、水泳のアメリカ選手権(個人的にアメリカだけ“米”と呼ぶのが嫌なので、こう呼びます)が行われています。 事後報告的になってしまいますが、一応全ての日程について追っかけていこうと思います。まずは、1日目~2日目について。 1日目(6月29日) ◇フェルプス早速世界新、ロクテも迫る◇ まずは早速、400m個人メドレーに登場したフェル......続きを読む»

日本水連の危機意識に疑問

◆対抗場はデサント社製か◆ この件に関しては私の側としても後だしじゃんけん的になってしまうが、スピード社製の水着を着た選手が見違えるような結果を出しているのは、ここ1ヶ月ほどの事ではない。2月のミズーリGP、3月のヨーロッパ選手権、そしてオーストラリア選手権。ここでスピード社の水着を着用した選手が好記録を連発。アメリカのナショナル選手権はこの後開催されるため、マイケル・フェルプスやライアン・ロクテ......続きを読む»

第84回日本選手権水泳競技大会 JAPAN SWIM 2008

このエントリーは4月20日(日)までトップ固定です。 JAPAN SWIM 2008 Official Home Page Review Day 1 (15/04/2008) Day 2 (16/04/2008) Day 3 (17/04/2008) Day 4 (18/04/2008) Day 5 (19/04/2008) Day 6 (20/0......続きを読む»

新戦力の興隆と去り行くベテラン 【JAPAN SWIM 2008 Day 6】

◇女子100m自由形◇ 上田春佳 55.60 現状では世界と大きく離されてしまっており、萩原智子の日本記録からも遠く離れた戦いとなってしまっているこの種目。しかし大会前の自己ベストを0.5秒も更新した上田の泳ぎは、見事だった。元々リアクションの良い選手では無いが、リアクションタイムが0.9秒台というのは、このレベルは愚か高校の県大会レベルでも相当遅い部類に入るタイム。完全なミスだったが、その後の......続きを読む»

帳尻を合わせた王者 【JAPAN SWIM 2008 Day 5】

◇女子800m自由形◇ 柴田亜衣 8:28.69 (派遣標準Ⅱ突破) 前後半のラップタイムからするとベストとは言えないレースだったが、春先からの流れを考えると、派遣標準を突破しただけでも素晴らしい結果と言えよう。やはり後半は、柴田の「何としてもオリンピックに行きたい」という思いが伝わってくる泳ぎだった。400mの結果も芳しくなく、精神的に弱ければそのままずるずるといってしまいそうなところを食い止......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-icons_co_log

HN:Alan Hetarade (アラン・ヘタレイド)
  • 昨日のページビュー:33
  • 累計のページビュー:3104057

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. もはや美談にできない野口みずきの「走った距離は裏切らない」
  2. 本当にモイーズが諸悪の根源なの?
  3. リヴァプールvs.ハル・シティー観戦記~夢のアンフィールドへ~
  4. レスターじつは守備も良くなってるよ
  5. “アディショナルタイム12分”を見て色々調べてみた
  6. 私が選ぶEURO2012ベストイレブン
  7. リヴァプールファン悲喜こもごもの5年間
  8. それでいいの?イングランド代表…
  9. 帰ってきた“エース”藤原正和 【東京マラソン】
  10. アトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシア観戦記 ~シメオネ監督大人気~

月別アーカイブ

2017
02
01
2015
12
09
2014
05
04
03
01
2013
12
10
02
2012
11
10
08
07
06
2011
05
04
03
02
2010
10
09
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss