スコログ

リーズvs.ダービー戦はTV中継されるもリーズは引き続きスカイ・スポーツを非難

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leeds United: Sky TV allowed to broadcast Championship match

昨日、リーズ・ユナイテッドが対ダービー戦のTV中継を阻止しようとしている、という記事を紹介しましたが、その後リーズはスカイ・スポーツによる中継を許可し、試合は放送されたそうです(結果は2-2のドロー)。

しかしリーズは自らの主張を取り下げたわけではなく、引き続きスカイ・スポーツを非難しています。昨日も書きましたが、これでリーズ戦は今シーズン既に9試合放送されたことになり、ノッティンガム・フォレストと並んでチャンピオンシップのチームで最多となっています。

「スカイは今シーズン92試合の中継を行いますが、これを公平に分けるとするならば1クラブあたりホームゲーム4試合となるはずです。つまりスカイのセレクションは不公平ですしリーグはそれを許容しています。リーグのレギュレーションはコンペティションの規範を守るためにあるもので、スカイのためにチームを傷つけていいものではないはずです。」

BBCのラジオに出演したリーズのOBノエル・ウィーランも、クラブの見解を支持しスカイ・スポーツとリーグを非難しています。

今回の件を通じて考えさせられるのは、クラブの収入減をどこに見出すのかという点。プレミアリーグの放映権料高騰は話題になっていますし、Jリーグも放映権料を収入として確保するためにチャンピオンシップを始めました。一方で二部リーグのチームにとって、観客動員やそこからの収入が非常に重要であるというメッセージが、今回のリーズの主張からは見て取れます。

日本ではJ2も含めてすべての試合が中継されていますが、果たしてそれで持続的な収入増となるのかどうか、というのは今後議論すべき点かもしれませんね。勿論TV中継を減らすと経営がにっちもさっちもいかなくなるクラブが出てくる、ということはあるのでしょうが、果たしてそれで生きながらえるのが健全なクラブ経営と言えるのか、というのも含めて。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
FAプレミアリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-icons_co_log

HN:Alan Hetarade (アラン・ヘタレイド)
  • 昨日のページビュー:24
  • 累計のページビュー:3104729

(11月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. もはや美談にできない野口みずきの「走った距離は裏切らない」
  2. 本当にモイーズが諸悪の根源なの?
  3. リヴァプールvs.ハル・シティー観戦記~夢のアンフィールドへ~
  4. レスターじつは守備も良くなってるよ
  5. “アディショナルタイム12分”を見て色々調べてみた
  6. 私が選ぶEURO2012ベストイレブン
  7. リヴァプールファン悲喜こもごもの5年間
  8. それでいいの?イングランド代表…
  9. 帰ってきた“エース”藤原正和 【東京マラソン】
  10. アトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシア観戦記 ~シメオネ監督大人気~

月別アーカイブ

2017
02
01
2015
12
09
2014
05
04
03
01
2013
12
10
02
2012
11
10
08
07
06
2011
05
04
03
02
2010
10
09
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss