スコログ

UKヒットチャートを動かしたフットボール界の歓喜

このエントリーをはてなブックマークに追加

フットボールと音楽の関係は、切っても切り離せないもの… そんなことを感じさせるニュースがまた一つ、入ってまいりました。

今週のUKヒットチャート(全英メジャーチャート)にて The Human League - Don't You Want Me が19位にランクイン。さらにスコティッシュ・チャート(全スコットランドメジャーチャート)では堂々のトップになる、という快挙がおきました。

The Human League といえば1980年代に活躍した、洋楽ファンにはお馴染みのシンセポップ・グループ。Don't You Want Me は彼らの代表曲であり、1981年にリリースされ、UKのみならずアメリカ、カナダ、アイルランドなどの各国チャートで1位になった、80’sポップスの名曲中の名曲です。

ではなぜ33年の時を経た今、彼らの曲がメジャーチャートでピックアップされたのか?

上にリンクを貼った記事にも書いてありますが、まさしくフットボールがその理由なのです。


3月16日に行われたスコティッシュ・カップの決勝戦において、PK戦の末にアバディーンがインヴァネスを下し、優勝。歓喜に沸くアバディーンのサポーターたちですが、彼らが試合中、また試合後のクラブなどで熱唱していたのは、"Don't You Want Me Baby"という歌詞を“Peter Pawlett, Baby”と、自チームの選手の名前に変えたチャントでした。こちらが試合後のスタジアム、こちらがクラブでの映像。

改変された歌詞に出てくるピーター・ポウレットはプロデビューから一時期のローン期間を除いて一貫してアバディーンでプレイしている23歳の選手。スコティッシュ・カップの決勝戦は怪我で出場できなかったものの、準決勝のセルティック戦では決勝ゴールを挙げ、チームの勝利に貢献。サポーターからの支持は熱いようです。

決勝戦の後、アバディーンのサポーターたちはソーシャルメディア上で #PeterPawlettBabyToNumberOne というキャンペーンを展開。これは読んで字の如くなので説明不要でしょう(笑)

その結果、The Human League - Don't You Want Me は見事UKチャート19位、スコティッシュ・チャート1位になるという快挙を達成、キャンペーンは大成功に終わったのであります。


特にイギリスにおいて、フットボールと音楽は切っても切り離せない関係。リヴァプールの You'll Never Walk Alone は元々スタジアムDJが当時チャートで1位になった曲を週替わりでかけていたものの、あまりにこの曲がフットボールの雰囲気と合うもので以後チャートで1位から陥落してもずっとかけ続けて現在に至る…というのがそもそものお話。

また一昨年マンチェスター・シティーが優勝した際にはセレモニーの後 Hey Jude が流され、以後すっかりスタジアムのチャントとして定着しました。これも、マンチェスター・シティーが2012年以前では最後に優勝していた1968年に Hey Jude が大ヒットした、というところから持ってきたようですし、やはり音楽とフットボールは切っても切り離せない関係にあるのが、フットボール発祥の地、イギリスの文化という事のようです。

アバディーンのサポーターによるキャンペーンは、大成功。こうしたニュースを見るのは、フットボールと80's洋楽を愛する者として、密かに嬉しく面白いニュースだったので、今回ピックアップしてみました。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
FAプレミアリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

UKヒットチャートを動かしたフットボール界の歓喜

candyさん

Three Lions の話は聞いたことがありますね~。スタジアムで声を上げて、歌って。日本の場合、なかなかまだそういう替え歌ようのうなものは出てきていないのが寂しい…というより、音楽の文化自体が廃れちゃったんで今後出てこないかなぁというのが、なんか空しいですね。

個人的には Chumbawamba - Tubthumping なんかをフットボール関連の曲としては思い出しますし、今でもたまに聴きますね。

UKヒットチャートを動かしたフットボール界の歓喜

フットボールと音楽は切り離せませんねえ
ちょうど20年ほど前イングランドでユーロカップやったときに、テレビでフットボールについてだけ語るみたいな番組があって、番組に出てた漫談屋のフランク・スキナーってヒトが3人組のユニット(Three Lionsって名前で)にしてFootball is coming backって言うウタ歌ったら公式の主題歌より売れちゃったことがありました
いまでもときどき聴きますが、ゲームに対する愛情があふれてて目頭が熱くなります オラもう年だし
くだらない正義感いっぱいだし

こんな記事も読みたい

【バルサ】ビヨンセのコンサートにバルサ選手たち【MERCAT BARCELONA】

レアルマドリードは審判を非難すべきではない。【明日は曇り】

クラシコに見る日本のエースが辿るべき道【サッカー愛好家のひとりごと】

ブロガープロフィール

profile-icons_co_log

HN:Alan Hetarade (アラン・ヘタレイド)
  • 昨日のページビュー:72
  • 累計のページビュー:3096559

(04月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. もはや美談にできない野口みずきの「走った距離は裏切らない」
  2. 本当にモイーズが諸悪の根源なの?
  3. リヴァプールvs.ハル・シティー観戦記~夢のアンフィールドへ~
  4. レスターじつは守備も良くなってるよ
  5. “アディショナルタイム12分”を見て色々調べてみた
  6. 私が選ぶEURO2012ベストイレブン
  7. リヴァプールファン悲喜こもごもの5年間
  8. それでいいの?イングランド代表…
  9. 帰ってきた“エース”藤原正和 【東京マラソン】
  10. アトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシア観戦記 ~シメオネ監督大人気~

月別アーカイブ

2017
02
01
2015
12
09
2014
05
04
03
01
2013
12
10
02
2012
11
10
08
07
06
2011
05
04
03
02
2010
10
09
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss