スコログ

ロンドン、男子代表の『意義深い敗戦』

このエントリーをはてなブックマークに追加

必然の躓き
連日、西ヨーロッパ時間を基準に生活するようになった人も多いことだろう。私のような学生のみならず、社会人の方々でも、少々無理をしつつもオリンピックに熱狂する人は多いはずだ。それほど、今回のサッカー日本代表は、男子、女子ともにスペクタクルな戦いをし、国民を熱狂させる結果を残している。

そんな中、男子代表が昨晩、準決勝でメキシコに敗れた。明らかな実力差のある敗戦であった上、苦境に立たされた日本がミスを連発して、終盤は半ば自滅した感があったため、ソーシャルメディアなどを見ても日本代表に批判的な意見が多く見られたのは、致し方あるまい。

しかし私は、この必然の躓きとも言えるメキシコ戦での敗戦は、トータルで見ればロンドンの代表選手たちにとって、ひいては日本のサッカー界において、プラスに作用すると考えている。改めて敗戦に至った経緯を振り返った上で、なぜこの敗戦が有意義なものであるか、どう今後に生かしていくべきか、考えていく。

心の緩みが重なった2点目の失点
前半の攻防については、メキシコと日本、五分だったといえるのではないか。大津のスーパーゴールに救われた感もあるが、しかしメキシコの同点ゴールは、相手を褒めるべきである。またメキシコの3点目も、パワープレイで前がかりになっていた日本としては、ああいったリスクを承知で攻めている以上、ある程度は仕方ないと言えよう。

問題は、決勝点となったメキシコの2点目である。あの時間帯、明らかに日本には、心の隙ができていた。

ゴールが決まる少し前から、日本のマークは緩慢になり、ラインはずるずる下がっていた。その象徴となったのが、得点の直前に、左サイドを崩されたシーンである。酒井宏はルーズボールがゴールラインを割ると早計なジャッジをしてしまい、執拗に追いかけたメキシコ選手に対し、対応が遅れた。酒井だけではない、日本の選手全体が、エアーポケットのように左サイドを空けてしまい、フォローに行かなかった。

このシーンはたまたまGK権田のキャッチングで終わるが、このように明らかにイレブンの心に隙が見えていた状況にも関わらず、権田はすぐにスローイングして扇原にボールを送ってしまった。中盤が省略され、カウンターが狙える展開であればこの素早いスローイングも有効だが、あの場面では明らかに日本の精神的ながたつきが、守備組織の崩壊という致命的な状態に陥っており、その上カウンターを狙える状況ではなかった。にもかかわらず、間を取って落ち着く時間を作らなかった権田のジャッジは、精神の主柱たり得なければならないGKとしては、ミスといって差し支えないものだった。

このボールを扇原があっさり拾われ、メキシコがゴールを決める。これは扇原個人のミスによるところが大きく、テストマッチでの村松のミスを彷彿とさせるが、今回の扇原の場合、ボールを持った後ルックアップしてパスの出しどころを探るも、受けられる選手がおらず、躊躇した一瞬の隙を突かれてボールを奪われている。先の展開が見えないところにスローイングした権田もそうであるし、プレイが始まった瞬間、周りの選手が誰一人として頭を切り替えられず、扇原のフォローに入っていないのもいけない。

こういった点を踏まえると、この2点目の失点は、技術面以前に、明らかにチームが精神的に未熟であるが故に生まれた失点だった。おまけにこの後、日本チームは攻撃の展開に焦って凡ミスを連発し、深夜に観戦していたサポーターのため息と共に、敗れてしまったのである。

「大舞台で」「追い込まれた状況」という経験
さてこのように半ば自滅し、大きな落胆を生んでしまったのが、メキシコ戦での日本代表だった。しかし考えてみれば、こういった経験こそが、ロンドン世代の選手たちに不足していたことではないだろうか。

この世代がU-20ワールドカップの出場権を逃し、また海外移籍した選手たちも、クラブでレギュラーに定着するには至らない状態でオリンピック本大会を迎えたことは、周知のとおりである。その選手たちが、本番で団結力を発揮し、準々決勝まで無失点で勝ち進むという快進撃を続けてきた。

だが、そのまますべてが上手くいって、決勝でも勝利し金メダルを得ることが、果たしてこの代表にとって、最良の結果と言えるものだったのだろうか。

この点については、今一度考えなくてはならない。確かに勝者のメンタリティを得られるという点では、金メダルを取るのも悪くはない。だがしかし、フットボールも人生も、常に順風満帆というわけにはいかない。壁に当たり、追い込まれたときにどうするかといった事こそ、彼らが学ぶべきことだったのではないだろうか。

世界的な国際舞台、ビッグマッチ、ノックアウト式のトーナメントで、後半にリードされるという展開を、この代表は、この選手たちはオリンピックの準決勝にして、初めて経験したのである。結果はどうであったろう。選手たちは逆境に打ち勝つことはできず、プレッシャーに押しつぶされ、ミスを連発した。普段の彼らでは、考えられないミスを、である。逆に言えば、普段ではありえないミスをしたということは、普段ではありえないシチュエーションを、彼らが体験できたということでもある。

これこそがまさに、戦前私たちがロンドン世代に不足していると感じた「国際経験」ではないだろうか。もちろん試合の中でそれを解決できて、逆転することができたならば、それに越したことはない。だがしかし、そこまで全てがうまくいくことが、果たしてあるのだろうか?ある程度は「厳しさ」を感じてこそ、彼らの今後のキャリアにおける向上心、今度こそはあの舞台で勝ってみせるという強いモチベーションに繋がるのではないだろうか。

残された「ワンモアチャンス」
そして幸いにも、今回の代表には3位決定戦という、さらなるビッグマッチが待ち構えている。しかも相手は、あの韓国。意識するなと言われても、力が入ってしまう相手だ。

私は次の韓国戦も、勝ち負けそのものが問題ではないと思っている。むしろ内容的に、負けこそすれメキシコ戦から何らかの進歩、主に精神的な進化が見られれば、それで良いと思っている。もちろんプロである以上、勝ち負けにはこだわるべきである。だがそれよりも、彼らのキャリアはまだこれからであり、ロンドンはその通過点に過ぎないという事もまた、大事なのではないだろうか。

メキシコ戦の敗戦は、選手にも我々サポーターにも、いい意味での現実を教えてくれた。なでしこの躍進もあって、過熱化する日本サッカーへの期待だが、いま一度我々に、足元を見て、地固めすることの大切さを教えてくれた、そんな敗戦ではなかっただろうか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他国際大会【サッカー】
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ロンドン、男子代表の『意義深い敗戦』

う~ん、おっしゃってることはわからないでもないですが、それって日本サッカーが国際舞台の常連になってからのこの20年近くずっと言われてきたことなんですよね。「敗れはしたが世界との距離を感じることができた」「大舞台の雰囲気を味わうことができた」「この経験は必ず次に生きる」。96年のアトランタ五輪、98年のワールドカップからずっと同じパターンです。
もうそういうのは聞き飽きました。私は今大会、銅メダルを何としても取るべきだと思います。なぜなら実績はいつまでも消えることはありませんから。44年前のメキシコ大会の銅が未だに語り継がれているように。
もちろん、日本が銅メダルを取ったからと言って世界で3番目なんてことは全然ありません。調子のいいマスコミは持ち上げるでしょうが、我々サッカーファンも、何より選手達が自分たちの実力を知っているでしょう。せいぜいベスト20に入るか入らないかと言ったところが実力では?でも、20位のチームが銅メダルを取ることもある。それが一発勝負のトーナメントの醍醐味です。ならばとことん結果にこだわってほしいですね。負けて得るものなどない!とまでは言いませんが勝って得るものの方が絶対に大きいですよ。

こんな記事も読みたい

清武をなぜ交代させたのか?【◇サッカー大好き!野球もね(主婦の戯言)◇】

【2012年Jリーグ・選手・監督・海外日本人選手移籍情報ウワサほんと・その97】【GO'S Heaven's Door*soccer*】

【ロンドン五輪男子サッカー準決勝で敗れる 切り替えできましたか?】【GO'S Heaven's Door*soccer*】

夢破れ、そこから学ぶもの 【Ball game Paradise】

先制点と今までの無失点勝利で、「受け」に回ってしまった日本。メキシコは強かにミスを突く勝利。【お茶漬け唐辛子】

メキシコ戦について【サッカーのある世界】

韓国戦に向けての修正箇所は...【Pride In The Football !!】

負けて喜ぶなよー【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

ブロガープロフィール

profile-icons_co_log

HN:Alan Hetarade (アラン・ヘタレイド)
  • 昨日のページビュー:46
  • 累計のページビュー:3094035

(02月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. もはや美談にできない野口みずきの「走った距離は裏切らない」
  2. 本当にモイーズが諸悪の根源なの?
  3. リヴァプールvs.ハル・シティー観戦記~夢のアンフィールドへ~
  4. レスターじつは守備も良くなってるよ
  5. “アディショナルタイム12分”を見て色々調べてみた
  6. 私が選ぶEURO2012ベストイレブン
  7. リヴァプールファン悲喜こもごもの5年間
  8. それでいいの?イングランド代表…
  9. 帰ってきた“エース”藤原正和 【東京マラソン】
  10. アトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシア観戦記 ~シメオネ監督大人気~

月別アーカイブ

2017
02
01
2015
12
09
2014
05
04
03
01
2013
12
10
02
2012
11
10
08
07
06
2011
05
04
03
02
2010
10
09
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss