スコログ

数ヶ月に1回くらい更新されます

s_co_log

HN:Alan Hetarade (アラン・ヘタレイド)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3092994
  • (02月12日現在)

最新の記事

イングランド・フットボール観戦記:リヴァプールvs.チェルシー【熱狂のアンフィールドへ】

これがメイン! これまで2つの観戦記を書いてきましたが、これがメイン。何といってもリヴァプールvs.チェルシーのビッグマッチを見てきたことこそ、今回の旅の主目的でありました。本当はイギリスにいる間にこの記事を書き終えたかったのですが、移動で疲れたりしているうちに帰ってきてしまいました(笑) リヴァプールについては、3年前にも一度アンフィールドでの観戦をしています(http://www.plus......続きを読む»

イングランド・フットボール観戦記:フルアムvs.ハル・シティー【古き良きクレイヴン・コテージへ】

観戦第2弾 はい!前回ノッツ・カウンティの試合を観に行った記事を書きましたが、さすがにこの1試合で「観戦旅」などと言うつもりはありません(笑) 2試合目はフルアムの試合をチョイス。この日(1月29日)の週末は元々チャンピオンシップのリーグ戦が予定されていたものの、フルアムがFAカップ3回戦で勝ち上がったため、その4回戦が開催されることになりました。今回、そのフルアムvs.ハル・シティーの試合を......続きを読む»

イングランド・フットボール観戦記:ノッツ・カウンティvs.クローリー・タウン【ケヴィン・ノーラン青年監督の奮闘を観に】

お久しぶりです やっほう!じつに2016年は更新ゼロという休眠状態も甚だしい当ブログですが、中の人は元気に生きております。というか益々ディープにフットボールを愛しております。 さてこのたび私はイングランドへフットボール観戦旅に出ておりまして、その第1弾としてこの記事を書いております。因みに現在、BBCでは Match of the Day を放送中でして、それを見ながらのブログ更新となっておりま......続きを読む»

リーズvs.ダービー戦はTV中継されるもリーズは引き続きスカイ・スポーツを非難

Leeds United: Sky TV allowed to broadcast Championship match 昨日、リーズ・ユナイテッドが対ダービー戦のTV中継を阻止しようとしている、という記事を紹介しましたが、その後リーズはスカイ・スポーツによる中継を許可し、試合は放送されたそうです(結果は2-2のドロー)。 しかしリーズは自らの主張を取り下げたわけではなく、引き続きスカイ・スポー......続きを読む»

リーズがTV中継阻止のためスカイ・スポーツのスタッフを締め出している模様

Leeds United ban Sky TV cameras from Elland Road BBCより最新の情報。イングランド2部チャンピオンシップに所属するリーズ・ユナイテッドが、29日19時45分(日本時間30日4時45分)キックオフ予定となっている対ダービー戦のTV中継を阻止するため、スカイ・スポーツのスタッフをエランド・パークから締め出している模様。 リーズ会長のマッシモ・チェッリ......続きを読む»

レスターじつは守備も良くなってるよ

今朝の試合で、レスターがチェルシーに勝って首位キープ。「もはやこれは本物だ!」と評判になってきました。私もシーズン序盤は「レスターの試合がプレミアで一番破天荒で面白いぞ~(笑)」程度に思ってたんですが、ここまで来ると末恐ろしいですね… トップ10フィニッシュくらいは現実的に見えてきたんじゃないんでしょうか? さてそんなレスターですが、放送などを見ていても 「攻撃はいいけど守備は脆い」 「点を取ら......続きを読む»

ピッチの内も外も“ぬるい”日本代表戦

■マインドのぬるい選手たち 昨日のカンボジア戦、日本代表にとって「勝つのは大前提」であり、「何点差で勝つか」が重要な試合であった。初戦でシンガポールを相手にホームで引き分けた段階で、2次予選の突破は「確実なもの」から「本気で狙わなければいけない目標」へと変わったはずである。まして、グループでライバルになると思われるシンガポール、シリアは、アウェイ戦で大量得点という、これ以上ないスタートを切っている。......続きを読む»

【リヴァプール】残念無念また来年

さすがに優勝の可能性が限りなくゼロに近い事は分かっていたし、2位でも満足するべきシーズンであったことは、分かっています。 しかし…何だかんだで、昨日は試合が終わった後なんだか脱力してしまい、15分くらいTVの前で座り込んでいました。ああ、終わったんだな、と。ここ数週間、ずーっとドキドキし続けてきたのが、終わったんだと… リヴァプールのファンになってはや9年、この間ちょっとでも優勝の可能性......続きを読む»

ニューカッスルがひどい

「なんてタイトルだ!」と憤慨なさる方もいらっしゃるかもしれませんが、でもマグパイズファンの方も、実際ひどいと思うでしょう? 彼らの試合を全部チェックしきれているわけではありませんが、もはやチームから戦う闘志が感じられない状態。守備はざる、攻撃は外しまくる。レミーがいないとか色々問題はあったにせよ、何にせよパーデューがあんなことした挙句に監督続行となりゃ、そりゃ選手は萎えますよ。あんなリスペクト......続きを読む»

本当にモイーズが諸悪の根源なの?

今朝のマンチェスター・ダービーを見ていて、改めて思いました。「これモイーズ云々なくても当然の結果なんじゃないの?」って。 初めに書いておきますが、私はだからといってモイーズ監督が良い采配をしているだとか、続投させた方がいいだとか、そういうことを言うつもりは一切ございません。いや、監督を続けてくれた方がレッズファンとしては嬉しいかもしれませんが…げほげほ。これくらいにしておきます(苦笑) ......続きを読む»

UKヒットチャートを動かしたフットボール界の歓喜

フットボールと音楽の関係は、切っても切り離せないもの… そんなことを感じさせるニュースがまた一つ、入ってまいりました。 今週のUKヒットチャート(全英メジャーチャート)にて The Human League - Don't You Want Me が19位にランクイン。さらにスコティッシュ・チャート(全スコットランドメジャーチャート)では堂々のトップになる、という快挙がおきました。 Th......続きを読む»

リヴァプールファン悲喜こもごもの5年間

さて,プレミアリーグもいよいよ佳境に。我々リヴァプールファンとしては,当初からCL出場権に手が届けば御の字…と思っていたところ,年明けからのスアレス&スタリッジのコンビを中心とした攻撃陣の大爆発が,大失態続きですっかりネタキャラと化しアンフィールドのサポーターからすらブーイングを食らうようになってしまったコロ・トゥレ大先生を中心とする守備陣の崩壊を補って余りあるといった状態。 加えてアーセナル......続きを読む»

もはや美談にできない野口みずきの「走った距離は裏切らない」

■超一流であることは間違いないが… 初めに断わっておくが,私は野口みずきという選手の輝かしい功績に関して,一切けちをつけるつもりはない。オリンピック金メダルという快挙というその価値はアスリートとして何物にも勝るものであるし,絶望的な状況から昨年の世界陸上出場までこぎつけたその過程における精神力は,並大抵のものではない。間違いなく,彼女は優れたアスリートである。 しかし,だ。だからといって,もはや彼......続きを読む»

リヴァプールvs.ハル・シティー観戦記~夢のアンフィールドへ~

行ってきましたアンフィールド!ヨーロッパ滞在中4試合目のフットボール観戦は,私にとっての夢の場所,アンフィールドです。 【チケット購入について】 リヴァプール戦のチケットをまともに入手する…ことが非常に難しいのは,各方面で言われている通りです。まずクラブメンバーになった上で,公式サイトからチケットを買う必要があるのですが,これは発売と同時にすぐ売り切れる上,発売日が非常に早いため,日本人であ......続きを読む»

アトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシア観戦記 ~シメオネ監督大人気~

またまた遅くなってしまいましたが,先週日曜日に行われたアトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシアの試合を,ヴィセンテ・カルデロンにて観戦して参りましたので,観戦記を書こうと思います。 【チケット購入について】 アトレティコ・マドリーのチケットを購入する方法は幾つかあるようですが,今回私は,公式のオンラインショップでチケットを予約し,Caixaという現地銀行のATMにてチケットを発行する方法......続きを読む»

ASモナコvs.スタッド・レンヌ現地観戦記

少し前になりますが,11月30日に行われたASモナコとスタッド・レンヌの試合を,モナコのスタッド・ルイⅡにて現地観戦して参りましたので,まとめようと思います。 元々モナコのF1コースとニースの観光に行こう,ということで友人と予定を立てたのですが,もしやと思い調べてみるとちょうどまさにその当日,モナコvs.レンヌの試合が行われることが分かり,急きょ観戦したという次第です。 さて,モナコ......続きを読む»

【インテルvs.ローマ】現地ミニ観戦記

こんにちは。なんか毎回生存報告するレベルの状態ですが,生きてます(笑) 今回は週末に行われたインテルvs.ローマの試合を,ジュゼッペ・メアッツァにて観戦して参りましたので,その記録と感想を書こうと思います。 …その前に,なぜイタリアにいるかって? じつは旅行…ではなく,今年の4月に大学院に入学致しまして,その交換留学制度で9月末からイタリアに滞在しています。来年1月末までこちら......続きを読む»

“ミュンヘンの悲劇から55年”で勝手に思い出す「あの人は今」 【ベンジャニ・ムワルワリ&ヘルマン・フレイダルソン編】

Facebookを見ていて気付いたのですが、本日はユナイテッドの選手をはじめ、多くの犠牲者が出た「ミュンヘンの悲劇」から55年。代表戦ウィークということで日本でもそちらに注目が集まっているでしょうが、一方でフットボール界にとっては、悲劇の日であり、犠牲者を悼む1日でもあるわけです。 …というミュンヘンの悲劇が、この記事の主題というわけではありません。 「ミュンヘンの悲劇」と聞いて私の頭に......続きを読む»

それでいいの?イングランド代表…

わたくし日本代表と並んでチェコ代表が好きなわけですが、リーグとしてはプレミアのファンということで、やっぱり何だかんだでイングランド代表も動向は気になるわけですね。べつに日本やチェコのように応援したりはしないんですけど。 さて、ユーロ2012の謎人選で「やっぱりか…」と一部のファンたちがため息をついたロイ・ホジソン体制化のイングランド代表ですが、明日行われるスウェーデン戦のメンバーは、その謎人選......続きを読む»

“アディショナルタイム12分”を見て色々調べてみた

一昨日、マンチェスター・シティーvsスウォンジーのゲームを見ていたのですが、その試合で後半のアディショナルタイムが12分となり、ゲーム時間が102分以上に及ぶという珍事が発生しました。 この試合は序盤から塩漬けの展開となり、前半は両チーム合わせてシュートが2本だか3本だかしか無いという感じ。 後半に入り61分、テヴェスが値千金のロングシュートを突き刺しシティーが先制しますが、このとき横っ......続きを読む»

ロンドン、男子代表の『意義深い敗戦』

■必然の躓き 連日、西ヨーロッパ時間を基準に生活するようになった人も多いことだろう。私のような学生のみならず、社会人の方々でも、少々無理をしつつもオリンピックに熱狂する人は多いはずだ。それほど、今回のサッカー日本代表は、男子、女子ともにスペクタクルな戦いをし、国民を熱狂させる結果を残している。 そんな中、男子代表が昨晩、準決勝でメキシコに敗れた。明らかな実力差のある敗戦であった上、苦境に立た......続きを読む»

私が選ぶEURO2012ベストイレブン

はいっ!決勝戦があんなことになってしまったので、特にコメントはありません!!!一番ビックリしたというかネタ心をくすぐったのは、トーレスの得点王獲得と、それに伴い記録上はマリオ・ゴメスが次点になったという事に尽きるんですが、それはまた別の記事にします(笑) ということで、当ブログがよくサッカー雑誌よろしくやっていた「私が選ぶベストイレブン」のユーロ編をやってみようと思います。全試合ちゃんと見たわ......続きを読む»

さらばチェコ!

■正当なスコア すべて妥当な敗戦なので特に悔いはないというのは、チェコ代表のファンはもちろん、監督や選手も認めるところのようです。むしろよくポルトガルを、79分まで苦しめたなぁ、と… 試合は寝坊して後半しか見ていないので、なんとも言いがたいのですが、よくがんばったのではないでしょうか?スタメン起用されたダリダは大奮闘しましたし、そのほかの選手もとにかくよく走ってました。 ああいうス......続きを読む»

ユーロ2012グループリーグ『もっとも○○だったチーム』

さて復活記事第一弾として、ユーロについて書こう!と思ったはいいのですが、グループリーグは終わってるし、昨日はお休みだったりということで、ひとまずグループリーグのまとめ記事を書こうと思います。 その際、普通にまとめたり感想書くのも何なので、タイトルにあるように「もっとも○○だったチーム」という視点で、感想を書いてみようと思います。 ■もっともサプライズだった決勝T進出チーム ~チェ......続きを読む»

復活します!

こんにちは!生きてます!(笑) …ということで、ユーロを見つつツール・ド・フランスへの気分も盛り上がりつつ、何となく状況的にも落ち着いてきたので、更新を再開したいと思います。まぁさすがに1年も更新しないと、私のブログの存在など忘却の彼方に忘れ去られた、というより「お前誰だ?」って感じでしょうけど。 とりあえず以前のように毎日ではなく、余裕があるとき、書きたいときに、書きたいことを書く......続きを読む»

ロナウドの変化、アデバヨールの変化、そして今後に残すもの

タイトルは長くなりましたが、そんな堅い記事でも真面目な記事でもありません(笑) CLでもクラシコが終わったということで、一応感想じみた事を書き残しておきます。普段はリーガを見ない私でも、さすがにここまでの大騒ぎとなると、少しは感じたところもあるわけでして。 戦術的なお話は他の方に譲りますが、ひとまずこのCLでは、2試合を通じてバルサの勝利に値する内容であった事には、殆どの人は異論が無いの......続きを読む»

もし“海外組だけ”で日本代表を組んだら?

ここ数日、日本代表がコパ・アメリカに参加するか否かという事が話題になっている。ご存知の通り、日本協会は一度出場を辞退する決定をしたが、アルゼンチン協会の留保により、ヨーロッパ組のみでの参加を検討しているという。招待出場の日本に選手の拘束力は無いが、アルゼンチン協会の働きかけも見込めるという事で、ヨーロッパの各クラブも選手を送り出してくれる可能性は、ゼロとは言えない。 こうして、国内ではJリーグ......続きを読む»

今こそ You'll Never Walk Alone

フットボール界には良い言葉があったものだな、と思いました(笑) 皆さん・・・・と呼びかけるほどのブログでもないのですが、皆さんいかがだったでしょうか?私は外出して電車に乗る直前で地震に遭い、危うく帰宅困難になる危機を、幸いにも回避できました。 私は首都圏在住なので、それほど大きな被害を直接受けたわけではありません。が、やはりかなりショックであったことは事実です。 そんなとき......続きを読む»

川内優輝が示す、様々な“走り方”

■証明した、タフさとスピード 今年の東京マラソンは、非常によくコンディションに恵まれた。快晴、また例年有明の沿岸部で選手を苦しめる向かい風も無く、気象コンディションは万全。レースの方も、昨日の福岡クロカンで圧勝したカロキの完璧なペースメイクにより、淀みない流れが作られた。 それに乗る形でレースはハイペースで進んだ。優勝はエチオピアのメコネンだったが、やはり今大会一番の輝きを放ったのは、3位に......続きを読む»

日産スタジアムに来ています

いま前座のUー18Jリーグ選抜vs高校選抜の試合が進んでいます。 25分、今のところJユース選抜が優勢かな?ただ、赤地に黒の背番号というユニフォームなので、ナンバーがぜんっぜん見えないのですが(苦笑) 風はあまり無く、気温も座っているとやや肌寒いものの、フットボールをやる上では申し分ないコンディションと言えそうです。 また帰ったら、ゲームの感想など書きますね。 ...続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 30 31

このブログの記事ランキング

  1. もはや美談にできない野口みずきの「走った距離は裏切らない」
  2. 本当にモイーズが諸悪の根源なの?
  3. リヴァプールvs.ハル・シティー観戦記~夢のアンフィールドへ~
  4. レスターじつは守備も良くなってるよ
  5. “アディショナルタイム12分”を見て色々調べてみた
  6. 私が選ぶEURO2012ベストイレブン
  7. リヴァプールファン悲喜こもごもの5年間
  8. それでいいの?イングランド代表…
  9. 帰ってきた“エース”藤原正和 【東京マラソン】
  10. アトレティコ・マドリーvs.ヴァレンシア観戦記 ~シメオネ監督大人気~

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
02
01
2015
12
09
2014
05
04
03
01
2013
12
10
02
2012
11
10
08
07
06
2011
05
04
03
02
2010
10
09
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss