生意気くらいが丁度いい。

W杯選手選考を早々予想してドラマを考える! 其の参 ~現状メンバー攻撃陣編~

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここまで守備陣と中盤選手の代表常連組として考察してきたが、アンチやっていただけあって全くハリルホジッチ監督の頭の中が読めないぜ!

ってことで、俺ジャパンの攻撃陣を見てみることにしましょ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

元々の予想で各ポジションの枠を考えてみたんだけど、CB、SB、MFと枠数に余りが出る可能性がでてきた。

そうなると、最終予選のメンバーでもそうだったように、溢れるほどのFW陣になることが考えられる。

スタメンを考えると、4-1-2-3でウイング2枠、CF1枠、4-2-3-1だとサイドハーフ2枠とCF1枠である程度必要な枠数は決まってくるこのポジションは結構熾烈だ。

まずは本命と考えたのがCFとしての、大迫だ。

オーストラリア戦は出色のデキで、原口とか久保あたりの中堅選手メンバーと比べ、出場機会を得た際のトータルで最も安定感があった。

とはいえ、故障が結構少なくないのと、クラブチームもなんだか落ち着かないし、得点を取ることに関してはまだまだ満足できない点もある、他ポジションの本命候補と比べると絶対的、とまではいえないような気もする。

これにタイプ的に若干被ってるのが武藤だが、ハリルホジッチ監督から出場機会を与えられるほどには至っていない。

ただ、個人的には武藤は大迫と肩を並べるか、クラブチームでのここ最近の活躍を見ると武藤のほうが一枚上手に見えないこともない。

チャンスを与えられたら一撃かましてもおかしくないのが、武藤だと思うんだけれども、果たしてチャンスがあるかどうかで、現状では2番手以降という位置づけだろう。

続いてラッキーボーイ的に選出されたのが杉本。

思い返せば数年前からだいぶ期待されていたんだけど、今期のJリーグで好調を維持して代表入りを果たした。

サウジアラビア戦ではそのプレーをしばし大迫と比較され、若干期待外れ感があったのも事実だが、サイズがあるだけに割って入る可能性は十分にありそう。

足元の技術も悪くはないが、ウィングで突破できる選手も多いのでやはりポストプレーは非常に大事になってくる、正直少ない期間内で彼が割って入るかどうかは今後のチャンスをどう生かすかによるだろう。

超常連の岡崎だが、ここのところ代表では鳴りを潜めていて、いよいよ厳しい立場になっている。

大迫、武藤、杉本らと違ってサイドでも十分力を発揮できることもあるし、何といっても代表で得点を取ってきたキャリアがある。

大迫に続くCFが出てこなかったり、故障などがあっりした場合にスッポリと岡崎がはまっている可能性は無きにしも非ず。

CFはこの4人が中心になることが間違いない。

◎大迫

〇武藤、岡崎

△杉本

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

順番的にWGもしくはサイドハーフ枠を先に紹介すべきではあるが、こちらは非常に混とんとしている。

まずW杯出場を決めたオーストラリア戦での乾、浅野。

乾は試合レビューでも書いた通り、大きなアピールができた。

圧倒的な長所があって、ジョーカー的にも使えることが大きな強みで守備でも献身的にやっていた。

長らく代表に定着することがでいていなかったが、所属チームでも安定的に出場機会を得ており、この状態が続けば熾烈なポジション争いで一歩リードと見るのが一般的かと思う。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表メンバー考察
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

W杯選手選考を早々予想してドラマを考える! 其の弐 ~現状メンバー中盤編~【生意気くらいが丁度いい。】

今週の乾/柴崎/久保/森岡/小林/奥川/内田/宇佐美/中島(9/11)【POOH - San の蹴球見聞録】

【侍青の風】公式戦? 強化試合? 扱いの難しかったサウジ戦の各選手の採点(サウジ戦 0-1)【サムライブルーの風】

ブロガープロフィール

profile-iconryunosuke

幾度の転職を繰り返し、気付いたら中国駐在四年目(更新 笑)。
様々な趣味が駐在により継続を困難にさせましたが、今を持って継続中のサッカー観戦を衛星を駆使してテレビの前で生観戦。
私にできることって結局こうして海外生活をしていることの特殊性じゃないかなぁと思っています。

Jリーグはもちろん、中超リーグからヨーロッパリーグまで幅広く思いついたことを徒然なるまま書き連ねます。
  • 昨日のページビュー:35
  • 累計のページビュー:1484324

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年Jリーグ移籍動向をおさらい。 其の壱 ~トップ勢の浦和と鹿島に明暗分かれる~
  2. 2016年Jリーグ移籍動向をおさらい。 其の弐 ~マイナスを補完する補強と毎年迷走しているチーム~
  3. 2016年Jリーグ移籍動向をおさらい。 其の参 ~放出は仕方ない、総合力で勝負できるかがカギとなる~
  4. セレッソ大阪が降格してしまいましたが。
  5. 2016.4.24 レスターシティVSスウォンジーシティ ~強いやん!レスターがまた一歩奇跡に近づいた~
  6. 2016.3.19 プレミア クリスタルパレスVSレスターシティ ~カウンターのスピードがマジ半端ねえっす~
  7. 現地観戦の東アジア杯 VS北朝鮮 〜指揮官の解任を強く要求する〜
  8. 【J1第3節まとめ】 浦和と広島と名古屋と、あと関係ないけど中国中超リーグの広州恒大
  9. 2015Jリーグ順位予想 其の壱 ~横浜FM・サンフレッチェ広島の正念場~
  10. サンフレッチェ広島には申し訳ないが、日本代表監督は森保監督が最も適している。

月別アーカイブ

2017
10
09
06
05
03
02
01
2016
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss