生意気くらいが丁度いい。

W杯選手選考を早々予想してドラマを考える! 其の弐 ~現状メンバー中盤編~

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて引き続いて中盤メンバー以降の常連組の序列を考えてみる。

CHとMFとFWを分類するのはフォーメーションにもよって正直判断が難しいので、ここではCHはアンカータイプの中盤の底、MFはボランチもしくはトップ下の選手、FWはウィングもしくはセンターフォワードの選手として分類する。

ちなみに、本田や香川や乾や原口がFWだったりMF登録だったり、どうやって決めて、どんな概念なのかるのか誰も教えてくれないのはなぜだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次は井手口の参戦で一気にヒートアップしてきたCH陣。

以前の記事にも記載したが、ハリルホジッチ監督はこのDFラインの前に守備的な人材を配置することを好むタイプで、柴崎のようなパスもさばけるボランチ的な選手よりも長谷部、山口、今野、井手口のような狂犬タイプが1、2枚もしくはオーストラリア戦のように3枚布陣することを好んでいることが明白だ。

この考え方がスムーズに継続された場合、まずはこの4人のアンカータイプからのチョイスが中心となると考える。

香川、柴崎はこれらの選手と比較すると、もう一つ前のポジション、もしくは彼らとは若干一線を画す役割だと考える。

小林は何とも言えないけど、試合で試されていない分に常連組と位置付けるのも厳しい。

恐らく高萩もインサイドハーフのボランチ的な位置づけでの招集が続いていると思うが、サウジアラビア戦を見ると厳しい序列であると考えるのが普通だろうし、なんだろう攻撃的でも守備的でもどちらにも転ばない端から見ていると微妙過ぎる立ち位置。

狂犬好きな僕ごのみからすると、長谷部のパフォーマンスは正直かなり不安である。

キャプテンという役割を差っ引いても、W杯のピッチに立てる11人の中で長谷部で1枠は結構穴っぽく感じないこともない。

もちろん長年言われているようにこのポジションで後釜が育ってきていないこともあるが、これだけミスが散見されてしまってもキャプテンの重要性ってそんなに大事なんだか、まあ俺には正直よく分からん。

ボールロストが致命的だし、ボール奪取も以前ほど効果的とは感じないのは年齢によるものなのだろうか。

それにも負けずに常連組ながらヒドイのは山口のほうかもしれない。

運動量とボール奪取が持ち味だったが、どちらもほとんど目立つシーンがなく、むしろこちらもボールロストが相手の決定機を演出させるようなデッドプレーが散見される。

この盤石常連組と目されていいだろう2人がアジア予選でパッとしないのは最も不満足な点であり、アジア予選よりも攻め込まれるシーンが増えるであろうW杯本線でこのポジションからのミスが失点に繋がる可能性は大きな懸念材料だ。

メンバー云々以前にこのポジションについては、日本代表がW杯でどう戦っていくのか、という分岐点に繋がる非常に大きなポイントとなるだろう。

元々中盤の低い位置に守備的なポジションを配置するハリルホジッチ監督だが、井手口をインサイドハーフに起用したのはそうした効果的な守備向上への対策とした一環もあったのではないか。

その井手口もオーストラリア戦では強烈な一撃でアピールをしたものの、サウジアラビア戦と2戦トータルで見ると序列的には対抗となりそうだが、万全の◎はまだちょっと早いかな、とも感じる。

実際、井手口と山口ってプレースタイルが被るイメージが強く、井手口のほうがより前掛かりにプレーができる違いはあるが、それによってこの対策は一方でパサータイプのMFを1枚削ることにも繋がる。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表メンバー考察
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

今週の乾/柴崎/久保/森岡/小林/奥川/内田/宇佐美/中島(9/11)【POOH - San の蹴球見聞録】

【侍青の風】公式戦? 強化試合? 扱いの難しかったサウジ戦の各選手の採点(サウジ戦 0-1)【サムライブルーの風】

本田選手のポジションは、右サイドが適正?【★★BLUE魂★★】

ブロガープロフィール

profile-iconryunosuke

幾度の転職を繰り返し、気付いたら中国駐在四年目(更新 笑)。
様々な趣味が駐在により継続を困難にさせましたが、今を持って継続中のサッカー観戦を衛星を駆使してテレビの前で生観戦。
私にできることって結局こうして海外生活をしていることの特殊性じゃないかなぁと思っています。

Jリーグはもちろん、中超リーグからヨーロッパリーグまで幅広く思いついたことを徒然なるまま書き連ねます。
  • 昨日のページビュー:4267
  • 累計のページビュー:1474002

(09月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年Jリーグ移籍動向をおさらい。 其の壱 ~トップ勢の浦和と鹿島に明暗分かれる~
  2. 2016年Jリーグ移籍動向をおさらい。 其の弐 ~マイナスを補完する補強と毎年迷走しているチーム~
  3. 2016年Jリーグ移籍動向をおさらい。 其の参 ~放出は仕方ない、総合力で勝負できるかがカギとなる~
  4. セレッソ大阪が降格してしまいましたが。
  5. 2016.4.24 レスターシティVSスウォンジーシティ ~強いやん!レスターがまた一歩奇跡に近づいた~
  6. 2016.3.19 プレミア クリスタルパレスVSレスターシティ ~カウンターのスピードがマジ半端ねえっす~
  7. 現地観戦の東アジア杯 VS北朝鮮 〜指揮官の解任を強く要求する〜
  8. 【J1第3節まとめ】 浦和と広島と名古屋と、あと関係ないけど中国中超リーグの広州恒大
  9. 2015Jリーグ順位予想 其の壱 ~横浜FM・サンフレッチェ広島の正念場~
  10. サンフレッチェ広島には申し訳ないが、日本代表監督は森保監督が最も適している。

月別アーカイブ

2017
09
06
05
03
02
01
2016
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss