生意気くらいが丁度いい。

2018年ロシアW杯出場決定に添えて ~ハリルホジッチ監督すみませんでした~

このエントリーをはてなブックマークに追加

我らが日本代表はグループ一番乗りで2018年ロシアW杯出場を決めた。

アンチハリルホジッチ代表の私からすれば、良い意味で期待を裏切られたと言えなくもない嬉しい結果である。

今からすれば、W杯出場を決めた直後の会見がいかにもアンチを見返してやったぞ感がして、憎らしさの上塗りであるが、とにもかくにもまずは最高の結果が出たことを素直に喜んだところである。

試合を振り返ってみると、既報の通り確かに井手口の活躍は目立った。

いつぞやのACLで初めて見たときは線の細い選手で頼りないな、と思ったし、多少たくましくはなったものの、狂犬タイプの山口とかベテランの長谷部とちょっと違って、若さという運動量だけでカバーしている印象も強かった気がする。

良くも悪くも粗削りな感じはあって、こういう選手が暑い環境下の後半、アウェイのヒリヒリしたゲーム展開なんかでどんな仕事ができるかなと、まだまだ疑念はあるが、それでも若い、楽しみになってきた。

ゴールシーンは、インサイドハーフの理想的な攻撃参加からの素晴らしいミドルシュートという感じで、まさに私の好み、惚れ惚れするようなものだった。

持ち上げすぎかもしれないがゴールまでの一連の動きはポグバを思い出した。

ポグバはもっと動けるし、フィジカルも比べられないもんね、しかもポグバって24歳なのね。

このレベルまでたどり着くような選手になってくれたら、なあんて甘いけど、そうなったら日本代表は楽しみすぎる。

話を戻して、何よりも驚かされたのは、セットプレーで意外な精度あるボールを蹴っていたこと。

え、この2番誰よ?って思ったもんね、コーナーキックでは緩急もあってなかなかビックリしたし、ピッタリ合うようなシーンもいくつかあった。

実は井手口についてはJリーグでもそんなに圧倒的な印象がなかったので、この活躍は意外だったんだよね。

中田ヒデに似てる、的なニュースもあったけど、うーん、まだまだっしょ、って思ってる僕の評価を覆してほしい。

浅野は得点を決めたこと自体をクローズアップされてたが、彼の良さは決定機のイージーなシュートミスなどがないこと、足元の基本ができて確実にゴールに繋げること、この日の冷静な一発はまさにそうじゃないかな。

誰とは言わんけど昔の日本代表のFWってこういう決定機で普通に外してタマゴぶつけられてたもんね(笑)

浅野に限ったことではないけれど、15年位前と比べると日本代表全体で確実にそうした精度は上がってきているし、もっともっとできればいい。

この一発で日本代表の序列で岡崎を凌駕するかと言えばそうはいかないが、浅野でもやれる、若くて可能性がある、という一つの豪華な選択肢となれば、この結果は大きすぎるものになりそうだ。

結果を残した若手2人がW杯までの期間でどれだけ充実したシーズンを送れるかが日本代表にとって重要なポイントになるだろうし、このチャンスを掴んだ2人にはその資格が与えられたというところだろう。

乾は相当な期待がかかっていたが、十分なレベルの高さを見せて、これまでなかなか縁のなかった日本代表の椅子をある程度確固たるものにしたのではないか。

長所がハッキリしているので、ジョーカーとしても当然使えるだろうし、海外でも安定して出場機会を得ているので、故障さえなければW杯に向けては貴重な存在になると感じさせた。

熾烈な争いがあるこのポジションだが、一方で絶対的な存在がいないので、経験もある乾のようなタイプはまだ先の話だがメンバーの1枠に入れても計算が立ちやすいかもしれない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表観戦記
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

オーストラリア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。原口元気。久保裕也。岡崎慎司。 】【FCKSA66】

第956回toto 予想のまとめ【当てtoto】

幻想を捨てろ【バンザイサッカー】

ブロガープロフィール

profile-iconryunosuke

幾度の転職を繰り返し、気付いたら中国駐在四年目(更新 笑)。
様々な趣味が駐在により継続を困難にさせましたが、今を持って継続中のサッカー観戦を衛星を駆使してテレビの前で生観戦。
私にできることって結局こうして海外生活をしていることの特殊性じゃないかなぁと思っています。

Jリーグはもちろん、中超リーグからヨーロッパリーグまで幅広く思いついたことを徒然なるまま書き連ねます。
  • 昨日のページビュー:4267
  • 累計のページビュー:1474002

(09月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年Jリーグ移籍動向をおさらい。 其の壱 ~トップ勢の浦和と鹿島に明暗分かれる~
  2. 2016年Jリーグ移籍動向をおさらい。 其の弐 ~マイナスを補完する補強と毎年迷走しているチーム~
  3. 2016年Jリーグ移籍動向をおさらい。 其の参 ~放出は仕方ない、総合力で勝負できるかがカギとなる~
  4. セレッソ大阪が降格してしまいましたが。
  5. 2016.4.24 レスターシティVSスウォンジーシティ ~強いやん!レスターがまた一歩奇跡に近づいた~
  6. 2016.3.19 プレミア クリスタルパレスVSレスターシティ ~カウンターのスピードがマジ半端ねえっす~
  7. 現地観戦の東アジア杯 VS北朝鮮 〜指揮官の解任を強く要求する〜
  8. 【J1第3節まとめ】 浦和と広島と名古屋と、あと関係ないけど中国中超リーグの広州恒大
  9. 2015Jリーグ順位予想 其の壱 ~横浜FM・サンフレッチェ広島の正念場~
  10. サンフレッチェ広島には申し訳ないが、日本代表監督は森保監督が最も適している。

月別アーカイブ

2017
09
06
05
03
02
01
2016
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss