坂本 圭 スペイン式サッカーメソッドを体感する!

スペインサッカーコード:「ロンド」はただのウオーミングアップや遊びではない!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ロンド」のトレーニング効果を考える

どこのチームでも、円になって中にディフェンスを入れて、例えば、ワンタッチ限定で8対2、6対2、4対2、4対1、5対2等の「ロンド」をするチームが多いと思います。 スペインでも、トレーニングのウオーミングアップの一環として、「ロンド」をどのチームも行なっています。私が前に所属していたクラブ(CD Pomar)でも、「ロンド」は必ずトレーニングに入れるという義務がテクニカル・ディレクターからシーズン前、最初のミーティングで通達がありました。

そんなに重要な「ロンド」がただの「ウオーミングアップや遊び」の意味しかないわけがないと考え、色々と調べたり、考えたりしました。

例えば、8対2(オフェンスがワンタッチ限定)のロンドを考えてみます。10m × 10m ルール:ディフェスの2人はボール触れるだけではなく、パスをインターセプトする。 インターセプトした選手とパスを奪われた選手が入れ替わる。20本パスをディフェンスにボールをインターセプトされないでつないだら、ボールを手で取ってオフェンス選手が拍手する。その後、ロンド再開、ディフェンスはそのまま変わらない。

1番目のパス: ボール保持者の隣にいる選手へのパス(相手ディフェンスを超えることがない、試合中、危険回避の後ろへのパスや横パスに相当します)

2番目のパス 相手ディフェンス2人を超えるパスですが、相手ディフェンス2人の間を通すパスではありません(試合中、斜め前方への深さのあるパス、プレーを前進させるパス)

3番目のパス 相手ディフェンス2人の間を通すパス(試合中、縦に深さのあるパス、プレーを前進させるパス、ゴールの意味もあると思います)

プレー中にボールの動きに合わせて、身体の向きを変えるトレーニング効果、正しいポジショニングを取り、パスコースを作るという狙いもあります。 ボール保持者に近づいて、相手ディフェンスを引きつけたところで、逆サイドに展開するプレーも身につくことでしょう。

このロンドの目的は、相手のディフェンス2人の間にパスを通すことです。

オフェンス 個人技術(COORDINACIÓNコーディネーション能力):素早く正確なショートパス、アジリティ 個人戦術(COGNITIVO 認知):幅を取る、深さを取る、マークを外す、相手をボールに引きつける、サイドチェンジ

ディフェンス 個人技術(COORDINACIÓNコーディネーション能力):タックル、インターセプト, アジリティ 個人戦術(COGNITIVO 認知):マーク、カバーリング

コンディショニンング(CONDICIONAL)の側面:選手のスピード 状況判断のスピード、意思決定のスピード、アクションスピード

SOCIO-AFECTIA (社会感情の共有): SOCIO-AFECTIVA (社会感情の共有)とは、チームが社会であり、チーム内の選手同士で起こる感情の共有がサッカーやその他の集団スポーツに必要であるという、フランシスコ・セイルーロ(元FCバルセロナフィジカルコーチ、現メソッド部門ディレクター、バルセロナ大学教授)が集団スポーツに取り入れた概念です。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本の亡霊【バンザイサッカー】

2-86 コーナーキックの事情 なでしこリーグ ジェフL 0-1 I神戸【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

不退転【走れ!!ソニー仙台FC】

開幕戦はドロー。中村祐人は69分までプレー【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

にしやん松戸ラグビー教室2017-36【Dream Rider  西山淳哉】

にしやん松戸ラグビー教室2017-35【Dream Rider  西山淳哉】

夏の強化合宿 part3 ~御嶽高地トレーニング~【ソニーHC BRAVIA Ladies ブログ】

日本とヨ-ロッパのキックの質の違い その②  オリジナルを作る為の段階指導【 コーチング備忘録   濱吉正則公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconryoman

高校保健体育科教諭として、13年間サッカー部の顧問をつとめる。2012年3月末に退職し、その年の4月よりスペインのバルセロナで、サッカー指導者としての勉強を始めた。スペインサッカーコーチングコース・レベル2 取得。 現在、スペインサッカーコーチングコース・レベル3の卒業論文を作成中。



2016-2017:CF Badalona(2部B)のトップチームにてスカウティングを担当。

著書:「美しいフットボールは生き残る」
  • 昨日のページビュー:44
  • 累計のページビュー:246685

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. スペインサッカー・コード⑧ イニエスタの真実
  2. スペインサッカーコード:バイエルン・ミュンヘンのSalida de balón分析①:対アトレティコ・マドリードCL準決勝〜第1戦(前半)
  3. スペインサッカーコード⑥ スペインでサッカー選手が育つ理由
  4. バルサのカンテラから外国人選手は育っているか!?①
  5. スペインサッカーコード:バイエルン・ミュンヘンのSalida de balón分析②:対アトレティコ・マドリードCL準決勝〜第1戦(後半)
  6. スペインサッカーコード 〜スペインサッカー史上最もスピードのある選手は!?〜
  7. スペインサッカー・コード⑤ グアルディオラの熱弁
  8. スペインサッカーコード 「スポーツ」を「体育」として行うことの限界!?
  9. スペインサッカー・コード④ メッシ
  10. スペインサッカーコード⑮ サッカーのコード進行を覚えよう!

月別アーカイブ

2017
08
07
05
02
01
2016
12
11
10
08
06
05
03
02
01
2015
11
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
06
02
01
2013
02
2012
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss