坂本 圭 スペイン式サッカーメソッドを体感する!

スペインサッカーコード:〜指導者の4つの指導スタイル〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

指導者は演技する力が必要 〜4つの指導スタイル〜

選手を指導する監督やコーチは自身のチームにどのような選手がいて、どのようなチーム状況で、プレシーズンなのか、シーズン中なのか、休み明けなのか、様々なチームの状況によって「4つの指導スタイル」を使い分けて、チームを指導することが大切だと考えます。本当は、6つの指導者のスタイルがあるのですが、重複するところもあるので「4つの指導者スタイル」とします。

1. 独裁的、ワンマン、鬼軍曹タイプ(Autritario): このタイプの指導者は日本にも多いと思います。例えば、ファン・ファールや元日本代表監督トルシエがそうです。シメオネは外見は独裁的に見えますが、指導スタイルを知らないのでどうなのでしょう。

このスタイルを使う状況は、チーム規律がなく、チームが崩壊状態の場合、例えば、シーズン中成績が悪くて、監督が首になり、新しい監督が来た場合などがそうです。プレシーズン、休み明け、週明けのトレーニング、チームに喝を入れたい場合に使うと効果的です。 このタイプは意思決定は一方的で全て監督が決めます。選手の私生活、プレーに取り組む姿勢、態度、チーム規律を作る時に最も適したタイプです。

ペップ・グアルディオラがバルサの監督に就任した最初の日に独裁的、ワンマン、鬼軍曹タイプで始めたそうです。何をしたかと言うと、ペップ・グアルディオラがグランドに出てきた時に、薄ら笑いを浮かべていたコーチ陣2、3人がその場でグアルディオラから首を言い渡されました。

このタイプは、例としては悪いですが、ヤンキーばかりいるチーム規律のないサッカー部の顧問になった時には非常に有効です。人の話をしっかり聞く態度がない、エゴイストばかりいるチームで「選手に考えさせる」「選手に選択肢を与える」「放任する」指導は適していません。

と言うことは、自身の受け持っているチームの状況、選手によって、指導者タイプを使い分ける必要があります。

良い点: チームに規律を持たせる。 チームのボスは誰かはっきりしている。 チーム内にグループや派閥を作らせない。 チームを導くことができる。

悪い点: 選手が監督に依存する。 チーム内にネガティブな環境ができる。 シーズン中ずっとこのタイプの監督は薦められない。

2. 選手に理解させる、説得力のあるタイプ(Persuasivo):

このタイプは選手との関係を重要視します。洞察力があり、理論的に話す力があります。 チーム規律があり、監督の言うことにしっかりと耳を傾けることができるが、チーム一人一人のサッカー感がバラバラでモチベーションが低い時、エゴイスティックなプレーをする選手が多い時、自身の「プレーモデル」を選手に植え付ける時、チームの中で自身の役割が難しいと感じている選手がいる時などに有効です。 選手に理論的に説明する、納得させる、説得できるように話すことができる、行動できることが重要です。選手が監督が求めるプレーをした時などに、賞賛する、褒めるなどのフィードバックがあると良いと思います。

プレシーズンやシーズン初め、週の半ばのトレーニング(水、木)に使うと良いと思います。

良い点: 色々な方法がある中で一つの方向を目指すとき。 チーム内に特別な能力のある選手がいる場合。 選手と監督の連携強化。

悪い点: 監督の意思決定が相応しくないとき(指導スタイルの切り替えの時) 選手が監督に依存する。 選手と監督との関係が良くない時。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スカスカのクリームパン【走れ!!ソニー仙台FC】

継続って難しいよね。【走れ!!ソニー仙台FC】

満足感のある一方で『もっとやれた』という想いあり【球マニアのBLOG】

第64回石巻ライノスラグビースクール(雨天中止)【Dream Rider  西山淳哉】

にしやん松戸ラグビー教室2017-27【Dream Rider  西山淳哉】

スぺインサッカーコード:オフェンス・ドリル ~サイドからのパラレロからの崩し②〜【坂本 圭 スペイン式サッカーメソッドを体感する!】

にしやん松戸ラグビー教室2017-26【Dream Rider  西山淳哉】

スぺインサッカーコード:オフェンス・ドリル① ~パラレロからの崩し〜【坂本 圭 スペイン式サッカーメソッドを体感する!】

ブロガープロフィール

profile-iconryoman

高校保健体育科教諭として、13年間サッカー部の顧問をつとめる。2012年3月末に退職し、その年の4月よりスペインのバルセロナで、サッカー指導者としての勉強を始めた。スペインサッカーコーチングコース・レベル2 取得。 現在、スペインサッカーコーチングコース・レベル3の卒業論文を作成中。



2016-2017:CF Badalona(2部B)のトップチームにてスカウティングを担当。

著書:「美しいフットボールは生き残る」
  • 昨日のページビュー:54
  • 累計のページビュー:244323

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. スペインサッカー・コード⑧ イニエスタの真実
  2. スペインサッカーコード:バイエルン・ミュンヘンのSalida de balón分析①:対アトレティコ・マドリードCL準決勝〜第1戦(前半)
  3. スペインサッカーコード⑥ スペインでサッカー選手が育つ理由
  4. バルサのカンテラから外国人選手は育っているか!?①
  5. スペインサッカーコード:バイエルン・ミュンヘンのSalida de balón分析②:対アトレティコ・マドリードCL準決勝〜第1戦(後半)
  6. スペインサッカーコード 〜スペインサッカー史上最もスピードのある選手は!?〜
  7. スペインサッカー・コード⑤ グアルディオラの熱弁
  8. スペインサッカーコード 「スポーツ」を「体育」として行うことの限界!?
  9. スペインサッカー・コード④ メッシ
  10. スペインサッカーコード⑮ サッカーのコード進行を覚えよう!

月別アーカイブ

2017
08
07
05
02
01
2016
12
11
10
08
06
05
03
02
01
2015
11
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
06
02
01
2013
02
2012
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss