坂本 圭 スペイン式サッカーメソッドを体感する!

スぺインサッカーコード:コーチングスクール(レベル3)で学んだこと〜授業の終了と卒論の始まり!!!〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

スペインサッカーコーチングコース(レベル3)の授業の終了!と卒論の始まり!

Juego Colectivo(集団プレー)の課題を先生であるセサルにメールで提出し、先にメールで提出済みのPreparación Física(フィジカル・トレーニング)とタクティカの課題が合格していれば、コーチングコースの授業の全てが終わります。昨年の9月に始まり、本当に内容の濃い、ハードな9ヶ月間でした。

と同時に6月14日までに提出することになっているProyecto grado(卒論)の提出を今年は諦め、来年の提出に向けて頑張ろうと思います。卒論がなぜ、そんなに大変なのかと言いますと、最低50ページ以上、フォント、フォントの大きさ、書き方、言語(カタルーニャ語かスペイン語か英語)が全て決まっており、完璧な言語で書くことが合格ラインだからです。スペイン人でも、卒論は来年に回す人もいるほどです。この卒論を書くという作業は本を一冊書くようなものだと先生も言ってましたので、大変な作業になります。私自身、卒論のテーマは決まっており、少しですが、書き始めていました。これをコーチングコースの授業と並行して行うことはできませんでした。目標としては、8月中くらいまでに卒論を書き上げ、残りの期間は卒論の修正に努めようと思っています。

今シーズンを振り返るとレベル3を受講したことで、本当に実践的で深いサッカーの本質を知る学びが数多くありました。実習では2B(スペイン3部)に所属するCF Badalona(バダロナ)のトップチームでスカウティングを担当しました。CFバダロナに今シーズンはスカウティング担当者が不在であったので、監督、コーチ陣に喜ばれました。スカウティングの仕事は、主に次に対戦する相手チームの試合を相手チームのスタジアムに行き試合を録画し、分析して、動画を編集し、それを10分程度のPWPにまとめて、監督に提出するパターンと、ビデオを撮らずに、スタジアムに行って、例えば、相手のディフェンスだけを分析するということをやりました。その他に、CFバダロナトップチームの試合を録画し、それを分析することも行いましたが、主な仕事としては、相手チームの分析を1シーズン通して行いました。 2Bとはいえ、このグループにはFC Barcelona BやValencia B, VillarrealB, EspanyolB, Mallorca B, Levante Bなどのスペイン1部リーグに所属している、していたクラブのBチームがひしめき合う、本当に競争が激しいリーグでありました。特に分析をしていて興味深かったのが、やはり、FCバルセロナB、次にValencia Bが本当に勉強になりました。FC Barcelona Bのプレーの前進のレパートリーの豊富さは目をみはるものがありました。

コーチングコースの方はレベル3ということもありますが、先生方の本気の授業を体験することができました。レベル1や2でも、当然、本気でやっていると思いますが、レベル3にきてやっと、先生自身が考えるサッカーの本質について語ってくれたように感じます。これが俺が話したかったことなんだと言うような感じです。

生徒の方もレベル3になると、レベルの違いが出てきます。レベル1、2までは頑張って勉強して、用語などを暗記することでテストで良い点数が取れると思います。レベル3になるとテストはほとんどありません。その代わり、試合の分析やPWPを使ったプレゼンテーションが中心となるので、サッカーというスポーツを本当の意味で理解していないと実力に大きな差が出てきます。レベル3になると個人のサッカー観が形作られて行くのを感じました。それはサッカーの原則を知った上での、自身のサッカーのオリジナリティです。これは不思議な体験でした。コーチングコースで学んだことの上に自身のオリジナルなサッカー観が出来上がります。このオリジナルなサッカー観は、実戦で使えるもの、使えないものも多々あると思いますが、このような自身の考えに基づいたものを実践して行くことでスペインサッカーは発展してきたのではないかと考えます。タクティカの課題は自身の「プレーモデル」を作りました。これも自身のオリジナルなサッカー感を表現するのに最適な場所でした。「プレーモデル」は一つではなく、バリエーションを持つことが大事だということも学びました。相手チームの実力、攻撃、守備の方法、攻守の切り替え、グランド状況など様々な要素を自チームの「プレーモデル」と照らし合わせ、週末の試合はこの「プレーモデル」でやるというようにすることが大切です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2-70 コーナーキックの事情 なでしこリーグ 浦和L 0-1 I神戸【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

広州が七連勝の勢いで鹿島アントラーズのホームへ【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

【采配ミス】非公式MDP134【撲滅運動スタート!!】【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

第62回石巻ライノスラグビースクール【Dream Rider  西山淳哉】

にしやん松戸ラグビー教室2017-20【Dream Rider  西山淳哉】

松戸ジュニアラグビー練習会2017-15【Dream Rider  西山淳哉】

身体活動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(12)【運動科楽からスポーツ再考!!】

脳に電極をつけてスポーツしようと思います?【Armar know Jack Bigwild】

ブロガープロフィール

profile-iconryoman

高校保健体育科教諭として、13年間サッカー部の顧問をつとめる。2012年3月末に退職し、その年の4月よりスペインのバルセロナで、サッカー指導者としての勉強を始めた。スペインサッカーコーチングコース・レベル2 取得。 現在、スペインサッカーコーチングコース・レベル3の卒業論文を作成中。



2016-2017:CF Badalona(2部B)のトップチームにてスカウティングを担当。

著書:「美しいフットボールは生き残る」
  • 昨日のページビュー:197
  • 累計のページビュー:243380

(09月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. スペインサッカー・コード⑧ イニエスタの真実
  2. スペインサッカーコード:バイエルン・ミュンヘンのSalida de balón分析①:対アトレティコ・マドリードCL準決勝〜第1戦(前半)
  3. スペインサッカーコード⑥ スペインでサッカー選手が育つ理由
  4. バルサのカンテラから外国人選手は育っているか!?①
  5. スペインサッカーコード:バイエルン・ミュンヘンのSalida de balón分析②:対アトレティコ・マドリードCL準決勝〜第1戦(後半)
  6. スペインサッカーコード 〜スペインサッカー史上最もスピードのある選手は!?〜
  7. スペインサッカー・コード⑤ グアルディオラの熱弁
  8. スペインサッカーコード 「スポーツ」を「体育」として行うことの限界!?
  9. スペインサッカー・コード④ メッシ
  10. スペインサッカーコード⑮ サッカーのコード進行を覚えよう!

月別アーカイブ

2017
08
07
05
02
01
2016
12
11
10
08
06
05
03
02
01
2015
11
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
06
02
01
2013
02
2012
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss