坂本 圭 スペイン式サッカーメソッドを体感する!

スぺインサッカーコード:コーチングスクール(レベル3)で学んだこと③〜Metodología(メソッド論) 3〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、試合を分析するときにはDAFO(SWOT)分析を使うこと、どのように試合を分析するかを書きました。

D(Debilidad:弱み):内的要因(自チームの弱いところ) A(Amenaza:脅威):外的要因(相手チームの強いところ) F(Fortaleza:強み):内的要因(自チームの強いところ) O(Oportunidad:好機、チャンス):外的要因(相手チームの弱いところ)

4つのモーメント:「組織的攻撃、組織的守備、守備から攻撃への切り替え、攻撃から守備への切り替え」を分析する

モーメント:組織的攻撃、組織的守備 プレーの状況: 例(攻撃)プレーの前進 (守備)ファイナルゾーンの守備   1. どこのゾーンからプレッシャーをかけているのか(例:グランドを横に分割して、自陣からzone 1, zone 2 zone 3 zone 4)   2. マークの種類(マンツーマン、ミックス、コンビネーション)    ※ミックスディフェンスとは、自身のゾーンに入ってきた相手選手をプレーが途切れるまで、マークします。    ※コンビネーションディフェンスとは、例えば、ゾーンディフェンスとマンツーマンの併用等です。   3. 攻撃の構造(フォーメーション例:4−3−3、4−4−2)   4. 守備の構造(フォーメーション例:4−1−4−1、4−5−1)

モーメント:守備から攻撃への切り替え、攻撃から守備への切り替え プレーの状況:例 (攻撃)カウンターアタック  (守備)プレッシング   1. どこのゾーンでボールを失ったか/取り戻したか(例:zone 1, zone 2 zone 3 zone 4)。   2. どこのレーンでボールを失ったか/取り戻したか(例:グランドを縦に分割して、センター、左サイド、右サイド)   3. スペース      ・どこのラインでボールを失ったか/取り戻したか。例:MFライン      ・MFラインのどのポジションの選手がボールを失ったか/取り戻したか(例:ピボーテとMFインテリオールの間)。   4. プレッシャーがあるか、ないか(例:ピボーテがボール保持者にプレッシャーをかけ、ボールを取り戻そうとしている)   5. オフェンシブ・ポジション(Disposición Ofensiva)。守備時にOFラインの選手が攻撃への準備をするためのポジションを取る。   6. 攻撃時のフォーメーション:例 4−3−3

3つの状況【チーム(11人)、グループ(5人以上)、個人(4人以下)】の行動(アクション)を分析する

3つの状況の行動を分析し、「どの局面で、その瞬間、どのような行動(アクション)を「チームとして、グループとして、個人として」行っているのか、または行うべきかを明確にしていきます。

チームの状況(集団プレー、11対11、完全な組織):

  • 行動(アクション):例 プレッシング
  • 局面(どの局面でその行動が行われているのか):例 攻撃から守備への切り替えの場面
  • 指示(スローガン):

例:ライン間を狭くする(例:FWラインとMFラインの間を狭くする)。

ボールをグランドのセンターで失った場合は、相手をタッチライン側に追い込むようにプレッシャーをかける。

ボールを失ったゾーンの密度を濃くする(ボールを失ったゾーンに人数をかける)

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

中村祐人のアシストで和富大埔が1-0の勝利【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

胸に突き刺さった言葉【走れ!!ソニー仙台FC】

2016年ファジアーノ岡山NEXT総括【蹴鞠談議2】

タイリーグの魅力【プロサッカーセレクション】

にしやん松戸ラグビー教室2016-58【Dream Rider  西山淳哉】

松戸ジュニアラグビー練習会2016-38【Dream Rider  西山淳哉】

運動≒健康を実感した瞬間【日本のスポーツを元気に!!!】

スぺインサッカーコード:コーチングスクール(レベル3)で学んだこと②〜Metodología(メソッド論) 3〜【坂本 圭 スペイン式サッカーメソッドを体感する!】

ブロガープロフィール

profile-iconryoman

高校保健体育科教諭として、13年間サッカー部の顧問をつとめる。2012年3月末に退職し、その年の4月よりスペインのバルセロナで、サッカー指導者としての勉強を始めた。スペインサッカーコーチングコース・レベル2 取得。 現在、スペインサッカーコーチングコース・レベル3の卒業論文を作成中。



2016-2017:CF Badalona(2部B)のトップチームにてスカウティングを担当。

著書:「美しいフットボールは生き残る」
  • 昨日のページビュー:27
  • 累計のページビュー:247958

(11月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. スペインサッカー・コード⑧ イニエスタの真実
  2. スペインサッカーコード:バイエルン・ミュンヘンのSalida de balón分析①:対アトレティコ・マドリードCL準決勝〜第1戦(前半)
  3. スペインサッカーコード⑥ スペインでサッカー選手が育つ理由
  4. バルサのカンテラから外国人選手は育っているか!?①
  5. スペインサッカーコード:バイエルン・ミュンヘンのSalida de balón分析②:対アトレティコ・マドリードCL準決勝〜第1戦(後半)
  6. スペインサッカーコード 〜スペインサッカー史上最もスピードのある選手は!?〜
  7. スペインサッカー・コード⑤ グアルディオラの熱弁
  8. スペインサッカーコード 「スポーツ」を「体育」として行うことの限界!?
  9. スペインサッカー・コード④ メッシ
  10. スペインサッカーコード⑮ サッカーのコード進行を覚えよう!

月別アーカイブ

2017
08
07
05
02
01
2016
12
11
10
08
06
05
03
02
01
2015
11
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
06
02
01
2013
02
2012
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss