(元)地方サポは何を思う

【J特】浦和 0-0 仙台

このエントリーをはてなブックマークに追加

両チームが固く入ったゲームは固いまま推移し、その打開策をお互いが探っているうちに
そのまま最後まで時間が流れてしまった。
今日のゲームからは、そんな印象を受けた。

仙台は攻守においてよく組織されていたし、最後まで集中を切らさなかった。
特に守りに関しては意識が高く、人にもスペースにも最後まで対応し、
浦和に最後まで気持ちよくサッカーをさせる瞬間を与えなかった。
中でも印象的だったのは2トップ。
例えば、彼らは浦和のゴールキックの時は浦和の最終ラインに割って入る形で位置取る。
たぶん、そうすることで浦和GK加藤に長いボールを蹴らせようとしていたのだと思う。
今シーズンの浦和は、後方から丁寧に組み立てていくサッカーを指向している。
それをやらせないことで、浦和のリズムを崩そうとしていたのではないか。
また、浦和は攻めにかかる時に「4-1-5」のような形を取ろうとするのは
割と有名な話だと思うけど、ポイントになるのはこの「1」の部分。
仙台の2トップは浦和がパスをつなぎ始めると、この「1」にあたる小島へのパスコースを切ってきた。
そうすることで浦和のパスの流れを外、外に追いやり、ボールを奪いやすくする狙いだ。
とにかく仙台は浦和を機能させないような戦い方をしてきたし、
浦和としてはその方法にまんまとハマってしまったことになる。

反面、攻撃に関しては仙台側も手詰まり感を感じていたようにも見えた。
この試合では梁の所がちょこちょこ空いていたので、
基本的にはそこからゲームをつくろうとしていたのだと思う。
もしくは右サイドの太田・菅井コンビ。
しかし浦和の「5-2」の守備ブロックは堅牢で、ほとんど仙台に隙を与えなかった。
でも、仙台としては現在首位で、しかも場所は大アウェーの埼スタ。
途中からは、
「点が取れるならそれはそれでよし、取れなくても引き分けでOK」
という考えになったと思われる。
特に後半はボールキープの時間を長く取っていたけど、あれには
浦和を焦らして誘い出すという意味合いもあっただろうし、裏を返せば
浦和に綻びが見当たらなかったからこそああせざるを得なかったという意味合いもある。
いずれにせよ、浦和に今日の膠着状態を打破するだけの力は、
個人の面でもチーム力の面でも持ち合わせていなかった。
少なくとも、現時点では。

試合前に、僕は原口と小島に注目すると宣言していた。
僕はG大阪戦の備忘録で、原口の1トップは少しずつ形になっていると書いたのだけど、
今日の試合を観る限りではまだまだ足りないものも多いと感じた。
今日の原口は1トップの位置で再三ボールを要求していたのだけど、
その大半はオフサイドの位置だった。
これでは味方はボールを出せないし、言わば10人対9人で試合をしているようなものだ。
仙台のディフェンスラインも巧みだったけど、原口にはこのようなライン上の駆け引き、
もしくは1トップなりのボールを引き出す動きというものも身に付けてほしいと思う。
小島に関しても前述の通り、仙台のやり方に消される時間が多かった。
でも、彼はその中でもヒントとなるプレーを見せてくれている。
前半の40分くらいだったか、小島が上手く仙台の守備をずらしてボールを受け、
自分で持ちあがるというシーンがあった。
ボールの受け方も良かったのだけど、その後に前を向いて上がることで、
相手ブロックを構成する選手が自分に引き出され、必然他の味方なりスペースなりが空く。
現にこのシーンから左サイドに展開、惜しいクロスが入った。
他にも永田が持ち上がるシーンもあったけど、特に引いた相手を崩すには、
こういう意外性のある動きというか、さらに攻め手をかけることによって
相手に混乱を生じさせることができるはずだ。


今日の試合がどちらのゲームかと聞かれれば、僕は仙台のゲームだったと答える。
仙台は浦和の良さを消しにかかり、まんまとそのミッションを完遂した。
サッカーが相手があるスポーツである以上、どんな試合でも
自分たちのやりたいことを貫けるなんてありえない。
また、仙台のように、良さを消すことに長けたチームもある。
そんな時、どうするか。
相手をどうこういうのは簡単だけど、それでは進歩がない。
引き出しを増やす、という表現があるが、これから先の厳しい夏場の戦いを勝ち抜くには
個人にもチームにも、そんなプラスアルファが必要になると思う。
その積み重ねの先にできるのが、いわゆる「強いチーム」だ。

(1800)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
観戦記(浦和)
タグ:
Jリーグ
仙台
浦和

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

レッズ、もうちょっとチャレンジを【地球は青い!】

【第15節】 vsFC東京~カウンターならシステム関係なし。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

【リアルタイムレビュー】2012J1第14節 川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス【J特】【蹴球分析帳】

【J特】G大阪 1-2 浦和 備忘録【(元)地方サポは何を思う】

コツコツ溜まる勝ち点【urawa fan】

結果を掴みとる力 ~G大阪対浦和レッズ~ 【赤のプライド】【赤のプライド】

対ガンバ 大雨の中の激闘【サッカーが好きだ!ブログ】

土砂降【ガンバ大阪vs浦和レッズ】【太平洋を越えて】

ブロガープロフィール

profile-iconryomakun

東京生まれ浦和育ち。 浦和を応援して17年目。
実家の最寄り駅より駒場スタジアムの方が近いという
サポがうらやむ環境で育ちながら、なぜか単身大阪で10年弱をすごす。
2010年6月、浦和に帰還。
埼スタ中心に各地のスタジアムに出没します。

mixi
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=1947603

twitter
http://twitter.com/ryomakun_east

  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:1503527

(01月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【J特】さいたまダービーについて思うこと
  2. 【J特】2ステージ制を考える
  3. 【J特】浦和 2-1 讃岐 天皇杯
  4. 【J特】浦和 2-1 鹿島
  5. 【J特】浦和 0-5 G大阪
  6. 【J特】浦和 2-2 FC東京
  7. 【J特】浦和 2-0 広島
  8. 【J特】浦和 3-1 鹿島
  9. 【J特】浦和 0-1 清水
  10. 【J特】浦和 2-1 磐田

月別アーカイブ

2013
09
07
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss