蹴球オタクの古今東西

サッカー日本代表オーストラリア戦、俺・レキップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー日本代表オーストラリア戦、俺・レキップ

GK 西川周作 6・5点 手渡すようなフィードが、日本にポゼッションと落ち着きをもたらした。

DF 槙野智章 7点 SBとしては破格の対人の強さ。オーバーラップも効果的。評者は彼をレギュラー有力に推す。

森重真人 6点 基本的には安定していた。ビルドアップも◎。

吉田麻也 6点 やはり、大柄な相手には力を発揮する。

酒井高徳 6・5点 小林悠と二人で右サイドに蓋をした。

MF 山口蛍 7点 彼の守備力が、結果的にチームの攻撃のパラメーターを挙げている。ミドルキックは秀逸。

長谷部誠 6点 安定感と正確性を取り戻した。

原口元気 7点 落ちついてGKとの一対一を制した。PKを与えたのは彼のせいだけではない

香川真司 6・5点 何度もドリブルを繰り出し、足をかけられ、いい位置でFKをもらった。ブラジル代表におけるネイマールの役割。

小林悠 6・5点 守備力と運動量で右サイドを制圧した。

本田圭佑 6・5点 どのポジションでも一定の結果を残す能力は貴重。アシストはさすが。ワントップへの適性も改めて示した。課題はプレスする終盤の運動量。

浅野拓磨 6点 ロングボール一本で相手に脅威を与える俊足はさすが。

丸山祐市 6点 クローざーとして役目を果たした。

清武弘嗣 6 安定したパス捌きぶり。またスタメンを取り戻したい。

戦評 最強のライバル相手に、今回の最終予選最高のパフォーマンス。特にセンターバック二人は、中東より、オーストラリアのような欧米に近い相手の方が相性が良いのかもしれない。ハリルが、あえてアジアでは苦戦する、強豪に勝つ縦に速いサッカーをしていたから、あのオーストラリアにここまでいい試合ができたのでは、とまで思ってしまった。見直したぞ、ハリルジャパン!(完全に掌返し)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー日本代表
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

サッカー版“イノベーションのジレンマ”!?【運動科楽からスポーツ再考!!】

ベストパフォーマンスだった代表、しかし・・・【毎日フットボール】

監督解任論と日本文化(マスコミ・マスメディアとファン・サポーターの成長を考える)【亀ののこのこ走り(主にサッカーについて)】

ブロガープロフィール

profile-iconryo-chan-12

平成生まれながら、オールドサッカーファンです。もちろん、今のサッカーも!
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:72105

(11月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ハリルジャパン、メンバー発表!②柴崎岳はボランチ?トップ下?
  2. ハリルジャパン、メンバー発表!原口元気の可能性
  3. 79年~80年生まれベストイレブン!②世代の実績・傾向 小野(遠藤?)世代は「ボランチだらけ&ガンバだらけジャパン」!
  4. いざオーストラリア&サウジ戦!日本代表にインサイドハーフ導入を!!
  5. 79~80年生まれベストイレブン!①チーム結成!黄金世代のスタメンは・・・・・・
  6. 釜本邦茂のプレースタイル
  7. Jリーグ総括からクラブ・ワールドカップまで~①鹿島・満男イズムによる圧巻の勝負強さ~
  8. 黄金世代とプラチナ世代①79~80年ベストイレブン
  9. 柴崎岳のいないフジゼロックス・スーパーカップ
  10. サッカー日本代表イラク戦、俺・レキップ

月別アーカイブ

2017
11
08
03
02
01
2016
12
10
08
06
2015
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss