ベイスターズが勝ったら更新するブログ

濱口好投、筒香2発で連敗ストップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

同一カード3連敗は避けたいところ、 先発濱口の頑張りに打線が応えて大勝。 まぁ、昨日やられた福留がお休みだったということも 正直あったかもしれませんが、とにかく大事な勝利をつかみました。

約1ヶ月ぶりの登板となる濱口は、 以前と変わらず力のあるストレートに チェンジアップなどの変化球もよく切れていて安心感がありました。 6回を投げて四球も1つだけで奪三振8。見事7勝目となりました。

打線は2回、早々に逆転できたのが大きかったですが、 正直、倉本のライナーを中谷が照明が目に入ったのか、 そらしてしまって逆転打になったのがラッキーでした。 昨日、福留のファインプレーを見せつけられていただけに、 なおさらそう思うのかもしれません。 たたみかけるように初球からしっかり続いた桑原はお見事。 4回も桑原が岩崎から高めのストレートを強振して フェンス直撃、俊介が大ファインプレーでつかんだかに見えましたが ボールがこぼれてこれもある意味運のある三塁打。 柴田がしぶとく流し打ちでタイムリーを放つと、 筒香が外角球をレフトスタンドに放り込んで5点差。 筒香は6回にもメンデスから 打った瞬間のバックスクリーン直撃2ランを 放って今季初の1試合2ホーマー。 昨日の悔しさを晴らしてくれる素晴らしい2本でした。

点差のついた7回には三上が久しぶりの登板。 先頭の梅野にヒットは許しましたが、 その後は無難に抑えて無失点。 特段、いつもと変わらない様子でしたので、 この調子でもう何試合か抑えてもらって、 早く8回に帰ってきてもらえればと思います。 平田、三嶋はしっかりやってほしいところですが、 今日は2人とも内容が振るいませんでした。 平田は先頭の大山にいきなりストレートの四球。 ロジャースが高めに詰まって併殺だったのでよかったですが、 じっくり見られていたらどうかしら、という気がしました。 そして三嶋は下位に入るところで 連打に四球で満塁のピンチを招いてしまい、西岡の内野安打で1失点。 こんなところでタイガースファンを盛り上がらせてはいけません。 上本が1死満塁で初球から打ってインフィールドフライだったので 助かりましたが、これも待球作戦をとられたらわかりませんでした。 火曜日が飯塚の先発になりそうなので、入れ替えでしょうか。

ともあれなんとか同一カード3タテは回避できました。 これで8月は5勝5敗1分けの5割。 来週はまずホームでドラゴンズ3連戦。 そして東京ドームでジャイアンツ3連戦。 まずはウィーランド、今永が投げるであろう ドラゴンズ戦でしっかり勝ち越しておきたいですね。 筒香が、いよいよ本調子に思われますので、 火曜日も勝利につながる一本を期待したいと思います。

8/13 横浜 横浜7勝10敗 神 010 000 001 2 デ 030 302 00X 8 神 ●松田(1勝2敗)→藤川→岩崎→メンデス→石崎 デ ○濱口(7勝4敗)→三上→平田→三嶋 本塁打 筒香18号、19号



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【2000安打遊戯】阿部慎之助「巨人のたったひとつの共通言語」【プロ野球死亡遊戯】

* カープのファンよ、ありがとう。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

岡田1失点で勝利【橋を明日に伸ばせ ~テレビでカープ観戦録~】

期待より不安が勝る今日の濱口と高城(出場しないかもですが)【いろいろ所持雑感】

敗戦の要因は色々あるが、待たれる代打の切り札。【1998の感動をもう一度】

口惜しい敗戦。まだ遠いあと一歩。【ベイスターズファンの慟哭】

【号外】惜敗でしたが、今季初の現地観戦でしたのでつれづれなるままに・・【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

1-0で勝てる広島、勝ちを逃す横浜【素人目線のベイスターズ考察】

ブロガープロフィール

profile-iconrxi04141

近藤監督のスーパーカートリオに魅せられてホエールズファンになってから30年あまり。
2016年はCS出場って、こんなにワクワクすると実感できたシーズンでした。
今年こそは、悲願の優勝を!静岡県から応援しています。
  • 昨日のページビュー:5300
  • 累計のページビュー:3028256

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【号外】後半戦開幕前に今年も選手別寸評などを。
  2. トレードに思う
  3. 2015年シーズンの分析と補強ポイント(野手編)
  4. ブランコ、ソト加入で来季への戦力分析
  5. 【号外】10連敗で交流戦を終え、リーグ戦再開に向けて考える。
  6. 今年も即戦力志向のドラフト
  7. 2015年シーズンへの展望
  8. 2015年シーズンの分析と補強ポイント(投手編)
  9. 2013年は期待してよさそう?
  10. 今季の分析と補強ポイント(投手陣)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss