ラグビーを見るのだ。

ラグビー大学選手権 準々決勝 優勝候補2校が登場 東海大 帝京大

このエントリーをはてなブックマークに追加

第53回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 準々決勝   京都産業大学 12対71 東海大学 12時05分KO   帝京大学 55対19 大東文化大学 14時00分KO   秩父宮ラグビー場 晴れ 芝中央部分やや悪

優勝候補2校が試合を行った。

まず、東海大学。 バランスがいい。 フォワードに注目して見た。 京産大は花園で明治大に押し勝って、今日の対戦に挑んでいた。 京産大フォワードの士気は高かっただろう。 そのスクラムを東海が迎え撃つ。 結果は、思いのほか、はっきりと出た。 東海のスクラムが勝った。 事前のスカウティングによる対策の実践が見事だった。 京産大はヒットスピードの速いスクラムを、組ませてもらえなかった。 東海大は、チーム全体で、今日の試合のキーポイントを共有しているように見えた。 スクラムで勝った東海は、試合を完全にコントロールした。 バックスに自由に展開し、トライの山を築いた。 強い。 70点越え。 圧勝。

一方の帝京大。 こちらは、昨年の準決勝で対戦した大東文化との一戦。 正直言うと、苦戦するのではないか。 そんな風に思っていた。 勝つには勝つが、失点も多いのではないか、と予想していた。 結果は、19失点。 これを多いと捉えるか、抑えたと考えるかは、監督と選手、ファンでは、異なることだろう。 正直なところ、帝京大はミスが目立った。 ラインアウトから4トライを奪ったのだが、ロスト回数も多い。 整った状態とは言い難い。 それでも55得点を挙げてくるところは、さすがである。

しかし、東海大と帝京大、順番に観戦した目には、やや前者が優位に見えた。 ミスの少なさと、バランスの良さ。 この二点で東海大がリードしていた。 一方、激しさという部分では帝京大が勝っているように見えた。 いずれにせよ、主観そのものの視点であるから、見方は人それぞれだろう。

正月の準決勝の対戦カードは次のようになった。

12:20KO 同志社大vs東海大 14:10KO 帝京大vs天理大



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大学ラグビー観戦記
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ボウリングの未来!寺下智香 堂々の2位!姫路麗が3度目V!スカイA生中継の全日本ボウリング!山田幸欠場も寺下との若手2強はビッグ3を猛追!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

バレーボール部・天皇杯全日本バレーボール選手権大会ファイナルラウンド 対岡崎建設OwlsVBC【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

スカパー!Jリーグ中継完全撤退&来季DAZN視聴に関する不安【でぷスポ13号館】

ラグビー部・全国大学ラグビーフットボール選手権大会3回戦対同志社大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

青学包囲網とサンキュー大作戦【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

第93回箱根駅伝区間エントリー予想~中央学院・帝京~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第93回箱根駅伝区間エントリー予想~日本体育・山梨学院~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

馬術部・関東学生馬術男子・女子競技大会【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconrugby_justice

ラグビー観戦記。JAPAN、トップリーグ、大学生の試合について書きます。選手経験もなく指導者経験もありませんので、技術的には独学です。ときどき専門用語を間違える場合があります。ラグビー場に、できる限り、毎週末通っています。ラグビーの土台とも言うべき何かを書きたいです。
  • 昨日のページビュー:26
  • 累計のページビュー:449956

(09月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ラグビー大学対抗戦 筑波vs帝京 筑波が見せた帝京攻略のヒント
  2. 大学ラグビー選手権3回戦 流通経済vs慶應義塾 改めてノーサイドを思う
  3. ラグビー大学選手権、筑波大学と中央大学が設定した異なる目的に感動する
  4. 秋晴れの秩父宮ラグビー場で、明治大学と帝京大学の全勝対決に期待する
  5. ラグビー大学選手権、準決勝の見どころを想像してみる
  6. ラグビーワールドカップ JAPANが南アフリカに勝った覚書
  7. パナソニックワイルドナイツの出場辞退、秩父宮ラグビー場を失う日本ラグビーのこと
  8. 帝京大学とトップリーグを比較してみる
  9. エディーJAPAN最終戦、アメリカ戦後の五郎丸が語った新しいラグビーの憲法、更に、JAPANフォワード陣への賛辞
  10. ラグビー関東大学対抗戦A 明治大学vs慶應義塾大学 大逆転

月別アーカイブ

2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss