ラグビーを見るのだ。

ラグビー大学対抗戦 筑波vs帝京 筑波が見せた帝京攻略のヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加

関東大学対抗戦A 第11節  筑波大学 24対29 帝京大学 14時00分KO   秩父宮ラグビー場 晴れ 芝やや良

ノーサイド。 帝京フィフティーンに笑顔はなかった。

昨年の対抗戦で唯一敗北した筑波大学との一戦。 巷では、帝京は筑波が苦手、そんなことも言われている。 今年はどんな試合になるだろうか。 背中がざわざわする試合を求めて秩父宮ラグビー場に集まったのは、ファンより記者の方だったかもしれない。 記者席を埋めた記者の数が多かったかもしれない。

試合が動いたのは、イエローカード。 前半27分、筑波のアタック。 帝京フルバック尾﨑が故意の反則(ノックオン)でシンビン。 そこから得た5mラインアウトを、筑波がモールで押し込み先制トライ。 筑波の先制点よりも、前半25分以上、帝京が得点できなかったことに、まず驚いた。 というのも、今期の筑波は、決して好調とは言えない。 ここまで、3勝3敗。 明治、早稲田に40点以上失点してきたチームなのだ。 しかし、帝京は、なかなかアタックが上手く機能しない。

前半34分、やっと帝京が得点する。 ここまで、帝京はフォワード対決に、こだわった試合運びだった。 このときも、そうだった。 5mラインアウトからモールを組むも、筑波フォワードの守備を押し切れない。 崩れた後も、ピック&ゴー勝負でフォワードが押そうとするも、跳ね返された。 困った帝京を救ったのは、スタンドオフ松田。 松田は逆サイドを見ると、キックパス。 矢富のトライにつなげた。 このときの松田のキックパスのボールの回転が素晴らしい。 ボールが変則に転ばないよう、横回転のキックを蹴った。 これで、受け手が補給しやすくなり、トライにつながった。

いつもなら、このまま帝京ペースになるのだが、そうならないのが、筑波戦だ。 前半38分、筑波ボールのラインアウト。 完璧なサインプレーを見事に決める。 ラインアウトのタッチライン5m側と15m側でパスを交換。 これで、帝京守備が、真っ二つに分断されてしまう。 筑波はその中間を、スルスルとボールキャリーしていく。 見事なサインプレーで、トライを取った。

このまま前半終了かと思われた40分。 竹山がボールキャリー。 もう少しでトライというところで、筑波守備のタックルでノックオン。 筑波ボールのスクラム。 しかし、帝京フォワードが押す。 押して、押して、金がトライ。 このスクラムは、去年までの強いスクラムを彷彿とさせた。 特に、帝京はミスをした後のスクラムで押し勝って、ミスを挽回することが、去年までは多かった。 今年は、それが、ほとんど見られなかったが、ここで、押してきた。

結局、前半は12-14、帝京リード。 2トライは同じだが、キックをすべて決めた帝京がリード。 このキックの精度が、この試合を左右した。

後半。 後半3分、筑波陣内で得たペナルティ。 タッチからラインアウトだろうと誰もが思ったら、帝京松田はペナルティゴールを選択。 王者らしからぬ弱気な選択に、スタンドがどよめく。 こういう弱気が、その後の守勢につながり、終盤に劣勢を招くことは、ラグビーでは、よくある。 このペナルティゴール選択は、試合の最大のキーポイントになると、試合中の多くの観客が思ったことだろう。 それも悪い方に。 もちろん、松田は成功させて3点加点。 12-17とリードを拡げる。

すると、後半7分。 筑波の攻撃。 守備の裏を狙われたキックを冷静にキャッチしてマーク。 アタック終了に一息つきたい筑波選手が足を止めた直後、帝京はタップキックで再開。 そのまま左に展開すると、筑波陣内の広大なスペースへ松田がキック。 竹山が独走して中央にトライ。 一瞬の隙といえば、それまでだが、こういう抜け目なさこそが、ラグビーIQの高さと言える。 相手がつらいときに、休憩しない。 すぐにアタックを再開できる。 見事なトライ。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大学ラグビー観戦記
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

「筑波大学×帝京大学戦」を見て【ラヴラグブログ】

2016年度・私的生観戦したアマチュア野球ベストゲームTOP10(6~10位)【北のお部屋】

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会準決勝 対早大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

春日丘、シード校選出【グラウンドから愛を込めて】

【第59回平成国際大記録会】(10000m)試合結果【駅伝狂の詩】

硬式庭球部・全日本学生室内テニス選手権大会シングルス準々決勝【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

第93回箱根駅伝の戦い方~上武大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会準々決勝 対東亜大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconrugby_justice

ラグビー観戦記。JAPAN、トップリーグ、大学生の試合について書きます。選手経験もなく指導者経験もありませんので、技術的には独学です。ときどき専門用語を間違える場合があります。ラグビー場に、できる限り、毎週末通っています。ラグビーの土台とも言うべき何かを書きたいです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:443935

(04月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ラグビー大学対抗戦 筑波vs帝京 筑波が見せた帝京攻略のヒント
  2. 大学ラグビー選手権3回戦 流通経済vs慶應義塾 改めてノーサイドを思う
  3. ラグビー大学選手権、筑波大学と中央大学が設定した異なる目的に感動する
  4. 秋晴れの秩父宮ラグビー場で、明治大学と帝京大学の全勝対決に期待する
  5. ラグビー大学選手権、準決勝の見どころを想像してみる
  6. ラグビーワールドカップ JAPANが南アフリカに勝った覚書
  7. パナソニックワイルドナイツの出場辞退、秩父宮ラグビー場を失う日本ラグビーのこと
  8. 帝京大学とトップリーグを比較してみる
  9. エディーJAPAN最終戦、アメリカ戦後の五郎丸が語った新しいラグビーの憲法、更に、JAPANフォワード陣への賛辞
  10. ラグビー関東大学対抗戦A 明治大学vs慶應義塾大学 大逆転

月別アーカイブ

2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss