ラグビーを見るのだ。

ラグビー関東大学ジュニア選手権決勝 帝京vs東海 

このエントリーをはてなブックマークに追加

第38回関東大学ジュニア選手権大会カテゴリー1決勝  帝京大学 35対7 東海大学 11時30分KO   秩父宮ラグビー場 晴れ 芝良

ラグビーには、ジュニア選手権という大会がある。 トップチームの選手の大会ではなく、Bチームの選手を中心にした大会である。 そういうと、観戦の期待値が下がってしまう方もいるかもしれない。 しかし、他校ならいざ知らず、決勝は帝京と東海という、大学ラグビーを牽引する二強の対決だ。 熱い試合を期待して、秩父宮ラグビー場へ向かった。

晴れ。 絶好の観戦日和。 まず、メンバー表を見る。 1年生から4年生まで、全学年の選手が揃っている。 この中から、年末年始の大学選手権に出場してくる選手も出てくるかもしれない。 はたまた、来年度のトップチーム昇格を目指している下級生もいるだろう。 一人ひとりの選手は、それぞれ、向上心を持って、ジュニア選手権に挑んでいるはずだ。 となれば、見るべきプレーは、個々の選手の奮闘となる。 偶然かもしれないが、帝京大・岩出監督も、いつものメインスタンド最上席から試合を見るのではなく、メインスタンド中央、前から三列目で試合を見守っていた。 岩出監督も、選手個人にフォーカスを当てて、試合を見たのかもしれない。

試合の中から、気になったプレーを列記したい。

まず、帝京大学。

<前半> 立ち上がり、ハンドリングエラーが目立つ。 17分、フルバック元田のトライ。  ブレイクダウンから順目アタック。  矢澤のキック成功。 23分、元田が東海守備のギャップを突破する。  試合を通じて元田のボールキャリーは光った。 30分、ブレイクダウンでターンオーバー。 34分、フォワードのゴリゴリから金嶺志がトライ。  矢澤のキック成功。 38分、自陣ラインアウトからモール、およそ20mドライブ。

<後半> 5分、ブレイクダウンでターンオーバー。 7分、蹴り合いの中、元田がノックオン。  風の影響もなく逆行でもないキック処理だったが…。 25分、フォワードのゴリゴリからトライ。  中村キック成功。 39分、敵陣5mラインアウト、モールで大西がトライ。  中村キック成功。 43分、スクラムから、吉田が45mをぶっちぎってトライ。  圧巻のランで中央を走り切る。  中村のキック成功。

続いて、東海大。

<前半> まず、守備の意識が高い。 タックルが正確で、低い。 守備全体が、そろって前に出ていた。 10分、帝京ラインアウトでフォワードのゴリゴリアタックに対し、東海フォワードも負けじと守備。  最後は、粘り勝ちした東海守備により、帝京ノックオン。  タックルのバインド意識が高い。 28分、フォワードのゴリゴリ、しかし、攻めきれず。

<後半> 7分、ブレイクダウンでターンオーバー。 11分、5mラインアウトからフォワードのゴリゴリ、村松のトライ。  青木のキック成功。 20分から、選手交代も相まって、ディシプリンが、やや乱れる。 28分、眞野が故意の反則でシンビン、10人へ。 30分頃、ディシプリンの乱れが収まる。

セットプレーに関して。

スクラムは、ほぼ互角だった。 前半5回、後半7回、合計12回組んだスクラムのうち、明らかに優劣が付いたのは、3回。 後半8分、帝京ボール、帝京のコラプシング。 後半34分、東海ボール、東海押す。  立ち上がった状態のまま、10mほど、東海が押した。 後半41分、帝京ボール、東海コラプシング。  これが吉田のトライにつながった。

また、ラインアウトでも優劣付け難いほど肉薄していた。 192㎝金、192㎝ロバーツと、両校190㎝オーバーの選手を上手く活用していた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大学ラグビー観戦記
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

パスサッカーという‘一神教’は日本サッカーをダメにする【スポーツ えっせい】

ハンドボール部・全日本学生ハンドボール選手権大会準決勝 対明大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

にしやん松戸ラグビー教室2016-57【Dream Rider  西山淳哉】

第93回箱根駅伝の戦い方~大東文化大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【九州男子バスケットボール部】全日本選手権大会第2戦【東海スポーツ】

マウスピース【グラウンドから愛を込めて】

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦 対早大2回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

第93回箱根駅伝の戦い方~帝京大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-iconrugby_justice

ラグビー観戦記。JAPAN、トップリーグ、大学生の試合について書きます。選手経験もなく指導者経験もありませんので、技術的には独学です。ときどき専門用語を間違える場合があります。ラグビー場に、できる限り、毎週末通っています。ラグビーの土台とも言うべき何かを書きたいです。
  • 昨日のページビュー:45
  • 累計のページビュー:447397

(07月04日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ラグビー大学対抗戦 筑波vs帝京 筑波が見せた帝京攻略のヒント
  2. 大学ラグビー選手権3回戦 流通経済vs慶應義塾 改めてノーサイドを思う
  3. ラグビー大学選手権、筑波大学と中央大学が設定した異なる目的に感動する
  4. 秋晴れの秩父宮ラグビー場で、明治大学と帝京大学の全勝対決に期待する
  5. ラグビー大学選手権、準決勝の見どころを想像してみる
  6. ラグビーワールドカップ JAPANが南アフリカに勝った覚書
  7. パナソニックワイルドナイツの出場辞退、秩父宮ラグビー場を失う日本ラグビーのこと
  8. 帝京大学とトップリーグを比較してみる
  9. エディーJAPAN最終戦、アメリカ戦後の五郎丸が語った新しいラグビーの憲法、更に、JAPANフォワード陣への賛辞
  10. ラグビー関東大学対抗戦A 明治大学vs慶應義塾大学 大逆転

月別アーカイブ

2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss