ラヴラグブログ

「サンウルブズ×チーターズ戦」を見て

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日は、スーパーラグビー2017第14節

「サンウルブズ×チーターズ」

の試合を見た感想を書こうと思います。  ストレートに書くと・・・やっぱり、力の差はありますよね。チーターズとというよりは、スーパーラグビーの各チームと。点差以上に力の差を感じます。スコアの流れ的には競った感もあるかもしれません。でも、実はそんなことはなく、明らかに力の差はあります。点差以上の力の差は確実にあります。結果を残さないと、スーパーラグビーにサンウルブズが存在し続けることは難しいのではないかと最近は思います。  では、試合を見ていて感じたことです。  タックルに工夫があると思いました。できるだけ、正面衝突のしないタックルをしていたのではないかと思いました。斜めからのタックルですね。一度走らせておいて、後から入るタックルです。あの入り方だと、吹っ飛ばされることはないかと思います。さらには、ボディダメージも少ないかと。その代わり、少し差し込まれるんですよね。少しずつ、後退させられる可能性があります。しかしながら、ジャッカルに入りやすいから、攻撃のテンポは落とすことはできるかもしれません。ま、全てが思うとおりに進んだらの話ですが。  そのタックルが機能したからか、前半は2トライを失っただけでした。ホント、よく我慢していましたね。もっと言うと、2本目のトライは余計でしたね。前半は1トライだけで終わりたかったと思います。そうだったとしても、勝利にまでは届かなかったかもしれませんが。  とはいえ、最終的にはたくさんのトライを失いました。その多くが、外側を攻略されたものが原因だったかと思います。飛び出した外側の選手の背中をパスやランで切られての失トライが多かったかと思います。僕は、このシステムが悪いとは思いません。外側の選手が前に出て、外側から内側に追い込むようなシステムが悪いとは思いません。しかし、もっと内側の選手との連携が必要なのではないかと思いました。ボールキャリアーの対面がしっかりとプレッシャーを掛けて、判断する時間と余裕を奪ってから外側の選手が飛び出さないといけないと思います。そこを奪っておかないと、しっかりと判断をされてこの試合のようにラインブレイクを許してしまうと思います。どんなシステムを採用しようとも、選手同士の連携がないとDFが機能するというのは難しいかと思います。  同様に、キックを採用する戦術についても悪くはないと思います。もっと言うと、キック自体も悪くないと思います。キックの落とす位置だったり、キックに関するスキルに関しては悪くないと思います。しかし、ちょっと無防備でしたね。具体的に言うと、チェイスにもう少し整備が必要でした。ここが詰まっていないから、純粋に相手にボールをプレゼントしてしまうような状況になっていたかと思います。もしそうであれば、キックをしない戦術を採用するべきだという方もいらっしゃるかもしれません。確かに、それもまたアリだと思います。しかし、自陣深くで戦わなければいけないリスクを考えると、トライラインに近い状況が失点の可能性が高いことを考えると、キックを使うこともまた悪くはないかと思います。いずれにせよ、どちらを採用するにしても細部まで詰め切ることが大事だと思います。  チーターズは、シンプルに南アフリカのチームらしい戦い方だったと思います。スクラムとドライビングモールでプレッシャーを掛けてきました。塊のプレーでじわじわとプレッシャーを掛けてきました。そして、個々の縦のプレーで突破をしてきました。自分たちの優位性をしっかりと生かしての試合運びだったと思います。劇的にシンプルですが、最もリターンのある戦い方だったと思います。  最後に、サンウルブズは雑でしたね。ここぞというときに、サンウルブズは雑だったように見えました。DFで我慢をして、やっと手に入れたチャンスのとき、そこでプレーが雑になってしまう。もったいないですね。もしかしたら、慌てていたのかもしれません。速く攻めないといけないという気持ちの焦りがあったのかもしれません。速く攻めないとスペースは閉じられてしまって、チャンスがチャンスではなくなってしまったのかもしれません。しかし、ちょっと雑でした。この局面で落ち着いて素早く切り返すことができたのであれば、もっとチャンスは広がったかと思います。  何はともあれ、結果です。明らかに成長はしていると思います。サンウルブズというチームとしても、それぞれの選手としても。しかし、結果が出ないとチームの存続が危ぶまれるのではないかと思っています。その成長を得る場が、結果を得ないことでなくなってしまう可能性はゼロではないと思うんです。確かに、負けたくて負ける選手はいないと思います。しかしながら、試合を終えた選手の顔を画面越しに見ていると、どこか敗戦を受け入れてしまっていると思うんです。10000%悔しそうには見えないんですよね。ま、プロだからそういう感情は見えないところで出しているのかもしれませんが・・・。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
rugby
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「サンウルブズ×チーターズ戦」を見て

始めまして。
サンウルブズ、やはり、チームとしての練習時間が短いのが響いてるのもあるでしょうね。
でも、エディさんの言葉ですが「よく戦ったことを褒める」日本人選手たちのメンタリティがハイレベルな試合にはマイナスとなっていますね。スクラムで勝とうがタックルが良かろうが、ラグビーは結局は得点の多い方が勝ちです。ミスがなければと言うコメントも多く観ますが、ミスがないチームはありません。そのミスをいかにカバーできるか、そして相手のミスにいかに付け込めるか、それが得点に大きく関わってきますね。
今年の6Nationsのフランス×ウェールズ戦の最後、フランスは逆転をかけて攻め続けましたが一つも反則を犯しませんでしたが、そういう時にあのような精神力を発揮できるようにならなければ日本人選手たちのレベルの向上は見込めません。
サンウルブズは日本代表の強化と位置付けている以上、日本代表選手たちの向上を目指さなければなりません。そういう意味では今の戦い方はいいものになるかもしれませんが、この経験をいいものにできるか否かは彼らがこれをどう繋げていくかにかかっています。残念ながら、日本人選手たちにその光は見えません。

「サンウルブズ×チーターズ戦」を見て

一人一人のスキルは間違いなく成長はしている。しかし簡単に勝てる相手は1つもないんだよね。
まだまだ今、新しい選手を次々に使っている状態、今はファンは我慢の時だと思います。
田中やこうたろうが入ったからと、簡単に勝てません。今は学んでる時です。選手はワールドカップの時のような地獄の時を過ごして地獄のようなハードワークして勝てたのです。身体があんなに小さくて、選手も交代してる中で結果は難しい、スーパーラグビーの存続は難しいかもしれません。存続して欲しいですが・・・。ファンだから悔しい気持ちは分かりますが、我慢して応援するしかない、来なきゃ良かったはあなたの勝手です。私らはずっとこの選手達を応援してます。協会の怠慢ですよ。選手を今更強化なんて・・・。何年もかけて強い国の文化が出来た訳で1年で強くなれるはずがないスポーツですよ。何も知らないで文句ばかり言う人は来なくていい。どういう状態でもファンです。

「サンウルブズ×チーターズ戦」を見て

予定があったのですが、当日無理やり時間を作って当日券を買って観戦しました。シャークス戦をテレビで観てすごく心配になったので、大枚をはたいて、選手の息遣いや表情が分かる最前列の席で。
タックルやキック、パスに関するご意見、最前列で観ていた私も全く同じ印象でした。さすがの視点ですね。
キック自体の質は良かったです。でも、誰も走ってない。
軽くて雑なプレーが凄く多かった。あれはオフロードパスとは言わない。初心者が苦し紛れにボールを離しているのと同レベルです。
加えて、密集サイドのファーストタックラーになっているのが田中選手というケースがやたら多い。ワイクス以外のFWが全然走れてないから。
世界トップレベルのフィットネスは、もう過去のもの。ホームなのに、相手より先にスタミナ切れ。
ラグビー場で、来なきゃよかったと思ったのははじめてです。
とてもとても悲しいです。

こんな記事も読みたい

名古屋市中学校総体、御田中が優勝【グラウンドから愛を込めて】

首都大学東京ラグビー部2017-12【Dream Rider  西山淳哉】

「ブルーズ×チーフス戦」を見て【ラヴラグブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconrugby-rugby

初めまして。
ラグビーを通じて、思ったことや感じたことを素直に自由に書き記していこうと思います。
あまりに自由奔放すぎて、不快な思いをする人もいるかもしれません。
何はともあれ、よろしくお願いいたします。




実は、知る人ぞ知る「ラグビー馬鹿日記」の続編です。。
ご意見、ご指摘等がありましたら、以下のアドレスまでメールいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

rugby_bakanikki@yahoo.co.jp
  • 昨日のページビュー:56
  • 累計のページビュー:955629

(11月09日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「筑波大学×帝京大学戦」を見て
  2. 「南アフリカ代表×日本代表戦」を見て
  3. 「早稲田大学×帝京大学戦」を見て
  4. 「早稲田大学×同志社大学戦」を見て
  5. 「第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会」準々決勝を見て
  6. 「第96回全国高等学校ラグビーフットボール大会3回戦」を見て
  7. 「第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会3回戦」を見て
  8. 「明治大学×筑波大学戦」を見て
  9. 「御所実業高等学校×東福岡高等学校」を見て
  10. 「第53回全国大学ラグビーフットボール選手権大会準決勝」を見て

月別アーカイブ

2017
10
08
07
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss