ラヴラグブログ

「チーフス×サンウルブズ戦」を見て

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日は、スーパーラグビー2017第10節

「チーフス×サンウルブズ」

の試合を見た感想を書こうと思います。  スコア的には手が届きそうだったんのですが・・・あのPGが2本入っていたらという試合だったのですが・・・そうなのでしょうか。本来であれば、そう思うべきなのでしょう。しかし、心からそうは思うことはできませんでした。やっぱり、僕って天邪鬼なんですかね。  この試合は、雨の中での試合でした。雨って、一般的には両チームの力の差を埋めてくれるはずです。強きものと弱きものの力の差を埋めることを助けてくれるはずです。その影響が強く表れた試合だったのではないかとと思います。あー、やっぱり天邪鬼です。  ポジティブな点としては、まずはスクラムですよね。一本だけ強烈にやられましたが、ほぼ安定していたのかなと。否、勝っていた方が多かったのかもしれません。チーフスのスクラムは、決して弱くないと思います。そんな相手に対して、あの出来ですからね。僕はチーフスの試合を全て見ている訳ではないんですが、もしかしたら主力を温存していたのでしょうか、そういえば、サンウルブズの試合を見ているとこんな言葉をよく聞きます。

「この選手は、今シーズン初登場ですね!」

サンウルブズと対戦をするチームは、試合にあまり出ていない選手にプレーをさせて経験を積ませる傾向があるのかもしれませんね。とはいえ、

「サンウルブズのスクラムが、チーフスのスクラムを度々押し込んだ。」

これは事実だと思います。  チーフスは、ゴール前まで侵入したときにはFWでのパワープレーを多用していたように見えました。力づくでのトライを狙っていたというか、力でねじ伏せようとしていたというか。あのATであれば、サンウルブズは守りやすかったんじゃないですかね。それで崩して、それで仕留めようとしてくれたら。近場を力で崩して、近場で力で仕留めようとしてくれたら。きっと、組みやすかったと思います。FWが近場で崩して、BKで仕留められると守り切るのは難しいですね。例えば、前半の2本目のトライのように。否、あれはチーフスを褒めるべきなんですよね。見事にパスのタイミングとランの角度で奪ったトライでした。きっと、同じことを体現できたら、誰でもトライをすることができると思います。あのタイミングとあの角度を習得できたら、誰でもトライをすることができます。そして、あれが理想だと思います。特定の選手の特定の能力に頼らないプレーでトライを取ることが、きっと理想だと思います。  これら以外に、試合を見ていて気になったことは

マッケンジー選手のスピード PGのブーイング

ですね。  マッケンジー選手って、あんなに速かったんですね。驚きました。周りの選手が止まっているように見えました。ほかのチームとの試合を見るときは、そんなに思わないんですけどね。めちゃめちゃ驚きでした。ブーイングについては、ハッキリ言ってラグビー精神に反すると思います。NBAのフリースローのときとは違います。スポーツが違います。これに付随しますが、自分の贔屓する側ではないチームがノックオンしたときに喜ぶのもどうかと思います。相手のミスを喜ぶっての、何か気持ちよくないですよね。こういうラグビーの良さは、いつまでも失って欲しくないものです。  以下は、最近のスーパーラグビーを見ていて思ったことです。  ATに関しては、ボールキャリアーは地面に倒れてからの方が重要ですね。コンタクトをするとき、タックルをまともに受けないようにズラしてスペースに入り込むことはもちろんです。タックラーの体幹を外して、肘より外側に走り込むことは当然です。それでも、タックルは受けます。そして、地面に倒されます。問題は、そこからです。そこでどれだけ動くことができるかが鍵だと思います。素直に寝て、素直にロングリリースをするというのは、ジャッカルしてくれと言っているようなものですね。  DFについては、そのジャッカルする選手についてです。ここ数試合は、ジャッカルする選手について緩くなっているような気がします。もっと言うと、以前に戻ったと表現をした方が正しいのかもしれません。最近は、地面に手を付いてからジャッカルに入るとペナライズされていました。地面に手を付いたことで、倒れているとみなされたからです。しかし、ここ何節かはそのプレーが許されているように見えます。僕としては、その方がラグビーは面白いのではないかと思います。ターンオーバーが起きなければ、ラグビーは面白くありません。さらには、ジャッカルこそ小さき選手の生きる道です。だから、そのペナライズを緩くすることは小さい選手をゲームに参加させることを助けると思うんです。これは、あまりに拡大解釈になってしまうのかな・・・。  何はともあれ、サンウルブズの成長を感じた試合でした。そして、その鍵はATでした。DFに的を絞らせないATだからこそ、ATが継続できると思います。ATに工夫があるからこそ、DFに混乱を与えることができているのだと思います。次戦も楽しみです!!そして、サンウルブズの試合以外もたくさん見たいと思います!!

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
rugby
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:「チーフス×サンウルブズ戦」を見て

> angelmatさん
 ご教示ありがとうございます。11人は普段とは違うメンバーだったんですね。すると・・・結果を喜んでもいいのだろうか。。
 とはいえ、確実に進歩はしていますよね!手応えはありますよね!次戦は・・・Must Winだ!!

Re:「チーフス×サンウルブズ戦」を見て

> ラグビーファン歴30数年さん
 ですよね!周りの選手が止まっているかのように見えましたから。オールブラックスって・・・ホント、どんだけレベルが高いんでしょうね。
 そうなんですよね。感情抑制力って、大事ですよね。僕は「人間力」と普段は表現します。ラグビー選手としての前に、人としての部分です。そこがしっかりしていないと、選手としても飛躍しないのかなと思います。
 僕も「確実な成長」を実感しています!次戦も楽しみです!!

「チーフス×サンウルブズ戦」を見て

まずチーフスの選手,FW2名,クルーダン,ダミアン以外は2軍でした.
チーフスは長年のファンですので試合は見ていますので・・.

もちろん今回はサンウルを家族共々応援しました.

試合は,それでも,まずまずの戦いと言うべきかもしれません.
もう少し頑張ってね,と応援しましたが,それほどの不満は残りませんでした.

ワイクス,ブリッツ,布巻,田中,カーペンター,松島は頑張っていたと思います.
後が頑張ってくれていたら・・・.

イエローカード,良くないです.
しかし,あの場面では,あれは仕方ないです.
replay で何度も見返しましたが,特に非難するまではないと思います.

それよりも,やはり危惧した通り,田村は駄目だったですね.
判断遅い,パスは・・,キックは最悪.
クリップスも進歩しましたが,あの消極性はネックです.
SO あれではとてもNZへの対抗は難しいです.

だが,確実に進歩しています,あと少し選手を補強できれば勝てます.
ティアティアとJJに何とかFW1列を何とかして貰いたい,
今年は複数勝利を!

「チーフス×サンウルブズ戦」を見て

ダミアン・マッケンジーのスピードとキレは本当に凄いですね!
あれでも、なかなかオールブラックスに入れないんだから・・・どんだけレベルが!?
ところで、”天邪鬼”ではないと思いますよ。
点差以上の大きな差を感じさせる試合でした。そんな中で、確実な成長も実感できる試合でした。
ただ・・・最後のイエローとレッドのプレーは全くダメですね。
ラグビーも高いレベルになると、身体能力や技術以上に「感情抑制力」のようなものが重要になってくると思います。
以前にも書きましたが、感情を抑えられない選手は、どんなに能力が高くても代表レベルの試合で使ってはいけないと思います。
まずは、しばらく滝にでも打たれてきてほしいです。

こんな記事も読みたい

「日本代表×韓国代表戦」を見て【ラヴラグブログ】

にしやん松戸ラグビー教室2017-17【Dream Rider  西山淳哉】

松戸ジュニアラグビー練習会2017-12【Dream Rider  西山淳哉】

ブロガープロフィール

profile-iconrugby-rugby

初めまして。
ラグビーを通じて、思ったことや感じたことを素直に自由に書き記していこうと思います。
あまりに自由奔放すぎて、不快な思いをする人もいるかもしれません。
何はともあれ、よろしくお願いいたします。




実は、知る人ぞ知る「ラグビー馬鹿日記」の続編です。。
ご意見、ご指摘等がありましたら、以下のアドレスまでメールいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

rugby_bakanikki@yahoo.co.jp
  • 昨日のページビュー:46
  • 累計のページビュー:944636

(06月21日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「筑波大学×帝京大学戦」を見て
  2. 「南アフリカ代表×日本代表戦」を見て
  3. 「早稲田大学×帝京大学戦」を見て
  4. 「早稲田大学×同志社大学戦」を見て
  5. 「第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会」準々決勝を見て
  6. 「第96回全国高等学校ラグビーフットボール大会3回戦」を見て
  7. 「第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会3回戦」を見て
  8. 「明治大学×筑波大学戦」を見て
  9. 「御所実業高等学校×東福岡高等学校」を見て
  10. 「第53回全国大学ラグビーフットボール選手権大会準決勝」を見て

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss