ラヴラグブログ

「ブルズ×サンウルブズ戦」を見て

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日は、スーパーラグビー2017第4節

「ブルズ×サンウルブズ」

の試合を見た感想を書こうと思います。  今回の試合もまた、惜しかった試合になるのでしょう。手が届きそうで、届かなかったという試合になるのでしょう。否、そうなのかな。やっぱり、両チームに力の差はありますよね。確実に力の差はあります。ブルズの方が強いのは明らかです。でも、弱気側でも試合に勝つことはできます。さらには、後半は一人多い状態でほとんどの時間を過ごしたはずなのですが・・・。  この試合で最も目立ったのは、「ミス」だと思います。イージーで、ため息の漏れてしまうようなミスが多かったと思います。

「もったいない」

という声が漏れてしまうようなミスが多かったと思います。これについては、様々な原因があるのだと思います。毎試合、違った選手が試合に出ています。そこでのコミュニケーションの問題とか。アウェイでの試合が続いているんで、移動を含めた疲れの問題とか。フィフティフィフティのプレーを選ばなければいけないような状況だったりとか。いろいろと原因はあるのでしょうが・・・。  さて、この試合で何となく感じたのは、サンウルブズのタックルが少し高かったのではないかということです。確かに、特定の選手は低いタックルを繰り返しています。しかし、そのタックルよりも高いタックルの方が目立ったような気がします。きっと、スーパーラグビーのコンタクトに慣れつつあるのではないでしょうか。トップリーグのレベルが上がり、スーパーラグビーとの差が詰まりつつあり、今シーズンからサンウルブズに加入した選手たちがこのレベルのコンタクトに慣れつつあるからではないでしょうか。きっと、それはそれでいいことなんだと思います。しかし、僕は思うんです

「激しくて見栄えがいいタックルが、全て良きものではない。」

どんなに激しいコンタクトに慣れたって、どんなにトップリーグと世界のレベルの差が詰まったって、日本人選手が明らかにフィジカルで勝るようになるとは考えにくいんです。さらに、コンタクトに勝る選手たちだって低いタックルを使いつつありますからね。

低いタックルで相手をグラウンドに倒してしまって、 そこから起き上がるスピードで勝負をする。

日本のチームであれば、ここが生命線ではないのかと思います。ま、ポジション等の関係で、明らかに体格で勝っているというのであれば高いタックルやボールに対するタックルも有効だとは思います。ゴール前でトライラインを背負ったとき等、特定の条件がある場合であればまた違うのかもしれませんが。  ブルズは、ハイパントと、ドライビングモールと、FWの縦への突破、これにこだわってくれたら組みやすいと思っていました。しかし、このなかの

「縦の突破の破壊力」は、

想像以上だったのではないでしょうか。縦の走って来るのであれば、その進行方向に体を入れることはそんなに難しくはないとおもっったんです。しかし、スペースに対して縦に真っすぐ走られたのでは、タックルするのはなかなか難しいですね。フィジカルの差を利用してコンタクトの局面で差し込んで、そこからオフロードパスを使いながらスペースを突破されてしまったのでは、なかなか難しいですね。もしかしたら、横に走らせたら止めるのは楽だったのかもしれません。それが、ブルズの得意な形ではないということであれば。やっぱり、自分たちの形のラグビーをされてしまっては、サンウルブズがそこを崩すのは難しいのかもしれません。  今のサンウルブズは、できない理由を探すのではなく、できる可能性を探っているように見えます。例えば、自陣深い地域だから無条件でキックを蹴ることはしないとか。キックをする前には一度ボールを動かしてからキックをしようとか。いろいろと可能性を広げるために足掻いているように見えます。きっと、今は我慢の時期です。今までも同じようなことをブログに書きましたが、生みの苦しみの時期なんです。とはいえ、フィフティフィフティのプレーを選ばなければいけないのは厳しいですね。サンウルブズが勝利に近付くためのキーワードは、

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
rugby
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:「ブルズ×サンウルブズ戦」を見て

> ラグビーファン歴30数年さん
 コメントありがとうございます!
 分かりやすい・・・本当ですか?すごく嬉しいです。重ねて、ありがとうございます!!
 DFの密集サイドの2人目についてですが、僕は気付くことができませんでした。接点で差し込まれたときにいないのは、ボールに吸い寄せられるということと、いるべきポジションまで移動することができないということが原因かと推測できます。
 戸惑っているように見えるのは・・・DFシステムを理解できていないからでしょうか。どこのチームも必ずBD周辺には選手を配置するので、そのようなことはないかと思いますが。。
 勝利までの道のりは遠いですね。ファンも規律正しく待つことに・・・しますか??

「ブルズ×サンウルブズ戦」を見て

いつも分かりやすい記事を、ありがとうございます。
タックルの高さは、私もすごく気になりました。低けりゃいいってもんじゃないんでしょうが、低くあらねばいけないところで高いタックルが目につきました。
あと、どうしても規律が守れませんね。つまらない反則が多い。身体能力が高くても、反則をしてしまう(感情を抑えられない)選手は使ってはいけないと思いました。
最も気になっているのは、ディフェンス時の密集サイドの2人目(ポストって言うのかな?)です。
着くのが遅いし、立ち位置がハッキリせず、いつもとまどっているように感じます。
開幕戦から、ずっと、そこを抜かれているので、相手チームに狙われているんだと思います。でも、未だ改善出来ない。ディフェンスのそこの部分を改善するだけで、すごく良くなる気がしています。

こんな記事も読みたい

愛知県ラグビースクール6年生卒業記念大会@トヨタヴェルブリッツCUP【グラウンドから愛を込めて】

卒業に寄せて【Sports Writing Report】

【スーパーラグビー「サンウルブズVSブルズ」戦を見て】【横浜港北ラグビー観戦部】

ブロガープロフィール

profile-iconrugby-rugby

初めまして。
ラグビーを通じて、思ったことや感じたことを素直に自由に書き記していこうと思います。
あまりに自由奔放すぎて、不快な思いをする人もいるかもしれません。
何はともあれ、よろしくお願いいたします。




実は、知る人ぞ知る「ラグビー馬鹿日記」の続編です。。
ご意見、ご指摘等がありましたら、以下のアドレスまでメールいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

rugby_bakanikki@yahoo.co.jp
  • 昨日のページビュー:1720
  • 累計のページビュー:917851

(04月24日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「筑波大学×帝京大学戦」を見て
  2. 「南アフリカ代表×日本代表戦」を見て
  3. 「早稲田大学×帝京大学戦」を見て
  4. 「早稲田大学×同志社大学戦」を見て
  5. 「第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会」準々決勝を見て
  6. 「第96回全国高等学校ラグビーフットボール大会3回戦」を見て
  7. 「第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会3回戦」を見て
  8. 「明治大学×筑波大学戦」を見て
  9. 「御所実業高等学校×東福岡高等学校」を見て
  10. 「第53回全国大学ラグビーフットボール選手権大会準決勝」を見て

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss